tips-to-sell-handmade-product

ハンドメイド作品を販売する5つのコツ!人気作家が守る5つの秘訣

Pocket

ハンドメイド作品を販売するには、どのようなコツがあるのでしょうか。

検索を意識して作品名をつける。3つのタイプの写真を載せる。プロフィールは人柄がわかるように書く。ショップカードを作るなど、さまざまな方法があります。

そこで、作品を販売する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、ハンドメイド作品の販売を増やすコツを5つご紹介します。

【参考文献】 ハンドメイドで夢をかなえる 本気で売るために実践すること100
       田中 正志  (著) 2016年

 

ハンドメイド作品を販売するコツ

easy

ハンドメイド作品を販売するには、5つのコツがあります。

  1.  検索を意識して作品名をつける
  2.  商品の説明を、最初の数行に凝縮する
  3.  目を惹く写真を掲載する
  4.  プロフィールは人柄がわかるように書く
  5.  ショップカードやDMを作る

それぞれ詳細をご紹介します。

 

1. 作品名

product-name-for-searching

マーケットサイトは100万点以上の商品が出品されています。そのため、お客様は、ウェブサイトの「キーワード検索」を使って商品を探します。

そのため、作品名に検索されるキーワードを入れることで、見つけてもらいやすくなります。CreemaのTOPページには、注目のワードという欄があります。その言葉を盛り込むのも一つです。

creema-keyword

(出典:Creema TOPページ

とくに、季節イベントにあった言葉を入れることも大切です。たとえば、父の日であれば、「父の日ギフト」というキーワードを入れることでヒットしやすくなります。

 

2. 商品の説明

how-to-explain-handmade-product

ハンドメイド作品を販売するときに、重要なのは商品の説明文です。素材やサイズなど丁寧に書きたいところですが、スマートフォンユーザは最後まで読まないこともあります。

そのため、作品の特徴を端的にまとめて、最初の数行で説明を分かりやすく書きます。そのうえで、作品の詳細を細かく丁寧に書きます。たとえば、次の7点は書くようにします。

  1.  サイズ・素材
  2.  色味
  3.  質感
  4.  デザイン
  5.  送料
  6.  発送日
  7.  注意点

とくに、商品を手に取れないため、届いてイメージが違ったというクレームがこないように、デメリットを書くようにします。

 

3. 写真

take-picture-for-appealing

ハンドメイドマーケットには、たくさんの作品が出品されています。そのため、魅力的な写真を
掲載して、お客様に注目してもらう必要があります。

全体を写した写真と、アップした写真、身につけているときの写真を掲載するようにしましょう。とくに身につけて撮ると、サイズ感もわかりますし、コーディネートの参考にもなります。

また、初心者はまずは背景を白にして、シンプルに撮ることでうまく撮影できます。

なお、スマートフォンで写真を撮影するのもひとつです。初心者でも操作が簡単で、ピントを合わせることも簡単ですし、メリハリのある写真を撮れます。

なお、撮影した商品写真の明るさを変えたかったり、ゴミを消し去りたいときには、スマホ用の画像編集ソフトを利用するのも一つです。

◆ Adobe Photoshop Express

adobe-photoshop

写真のトリミング、角度の補正、ホワイトバランス、コラージュなどができます。ゴミを削除するには、ゴミの部分をタップするだけでできます。

Adobe Photoshop Express

 

4. プロフィール

8-rules-to-attract-customers-for-salons

作家のプロフィールは大事です。活動の記録を載せるだけでなく、作家の人柄や作風が伝わるように工夫をしましょう。たとえば、プロフィールの画像やクリエイター名などは作家の世界観や雰囲気が伝わりやすいため、ロゴ風にするのも一つです。

また活動内容がわかるように、ブログやInstagramなどのURLを載せることもひとつです。制作している風景やアトリエの様子などを載せることで、興味を持ってくれる方が増えていきます。作品を売る前に、作家としての自分をアピールしていくことも大事です。

また、プロフィール欄にイベントやキャンペーンのお知らせとして使うのも一つです。リアルイベントや個展の告知や新作情報の告知、セールやキャンペーン情報の案内などをすることで、ショップページに動きが出ます。

 

5. ショップカードやDM

how-to-make-shopcard

一度商品を購入してくれた方や、イベントに来て頂いたお客様の情報に再度買ってもらえるように工夫をすることも大切です。

そのためには、ショップカードを積極的に配って、名前を覚えてもらったり、DMを送って来店してもらえるようにします。とくに、イベントなどを行うときには、Webの告知だけではなく、DMを送ると効果的です。「DMをご希望の方には、送らさせて頂きます」という旨を記載して、お客様のリストを作っていきます。

なお、ショップカードの作り方や、DMの書き方や送り方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ハンドメイド作家必見!ショップカードの作り方 
       ・ ダイレクトメールの送り方!反響率を高める7つのコツ

 

まとめ

本記事は、ハンドメイド作品を販売するコツをご紹介しました。ハンドメイド作家に参考になる記事を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ハンドメイドのサイトを比較!販売サイトを選ぶのに必要な知識
       ・ ハンドメイド作家の開業!後悔しないために必要な11の知識
       ・ ハンドメイド作家の確定申告の条件と申告方法!6つのステップで申告
       ・ ハンドメイドサイトの作り方!上手に作品を売るための知識

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です