comparison-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジを比較!機能、手数料、使い方で比べる【2024年】


スマレジとエアレジを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

売上を分析する機能や、2つ以上の店舗を管理する機能、電子マネーへの対応、サポート体制に違いがあります。さらに、料金体系が異なるため、間違った選択をすると余計な出費が発生します。

そこで、スマレジかエアレジを選ぶ前に知っておきたい点をまとめました。

本記事は、スマレジとエアレジを比較し、その違いをご紹介します。

 

1.  スマレジとエアレジを比較する11のポイント

comparison-between-smaregi-and-airregi-min

スマレジとエアレジを比較したところ、次の11の違いがありました。

  1.  POSレジの使いやすさ
  2.  月額料金
  3.  周辺機器の料金
  4.  分析機能の充実度
  5.  電子マネーへの対応
  6.  QRコード決済への対応
  7.  複数店舗対応
  8.  他システムとの連携
  9.  サポートの充実度
  10.  手数料
  11.  サービスの稼働率
  12.  免税対応

それぞれを詳細にご紹介します。

本コンテンツは500mailsが独自に制作しています。事業主側からサービスの取材依頼や広告を出稿(PR)いただくこともありますが、コンテンツ内容や評価の決定に一切関与していません。

 

1.1 POSレジの使いやすさ

【結論】

  •  スマレジ: 〇(操作で迷うことはなく、使いやすい)
  •  エアレジ: 〇(操作で迷うことはなく、使いやすい)

【比較内容】

スマレジはタブレットあるいはスマホで操作ができ、簡単に販売の操作ができます。たとえば、お会計をするときは、販売する商品を選び、「預り金入力」をタップします。

smaregi-add-product-min

預り金を入力し、チェックアウトをタップします。

smaregi-add-money-min

お釣りが表示されたら、お釣りを出し、取引が完了します。

smaregi-display-change-min

一方、エアレジの場合は、ホーム画面の注文入力・会計をタップします。

airregi-start1-min (1)

商品を選びます。

airregi-menu-choose-min

合計金額を確認し、金額をタップします。

airregi-menu2-min

注文の一覧を確認し、「支払いへ進む」をタップします。

airregi-menu3-min

預り金を入力すると、自動的におつりが表示されます。

airregi-cash-receive-min

会計が終了すると「お会計を完了しました」と表示されます。

airregi-regi-complete-min

 

1.2 月額料金

【結論】

  •  スマレジ: 無料と4つの有料プラン(月額5,500円~15,400円)
  •  エアレジ: 無料

【比較内容】

スマレジは、無料プランと4つの有料プランがあります。レジ以外の予実管理、損益管理や複数店舗を管理したい場合には、有料プランにする必要があります。

プラン名 スタンダード プレミアム プレミアムプラス フードビジネス リテールビジネス
月額料金(税込) 0円 5,500円 8,800円 12,100円 15,400円
レジ
予実・損益管理  
複数店舗管理  
電話サポート    

スマレジの料金プランを確認する

一方、エアレジは全ての機能を無料で利用できます。

エアレジの料金プランを確認する 

 

1.3 周辺機器

【結論】

  •  スマレジ: 機器は6万円前後。
  •  エアレジ: 機器は5~11万円前後。

【比較内容】

スマレジは、ドロワーやプリンター、カスタマーディスプレイなどをネットで購入できます。POSレジとレシートプリンターのセットの場合、値段は6万円前後です。

smaregi-devices-min

スマレジの周辺機器を見る

一方、エアレジも周辺機器をポンパレモールで購入できます。5万円~11万円で購入できます。

airregi-devices-min

エアレジの周辺機器を見る (周辺機器をクリックします。)

なお、スマレジもエアレジもiPhone、iPadに対応していますが、Androidには対応していません。

・ スマレジFAQ Androidには使えないのですか
・ エアレジ Android対応アプリ提供終了のお知らせ

 

1.4 分析機能の充実度

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)
  •  エアレジ: △ (日別、商品別の分析)

【比較内容】

スマレジは、売上の分析機能が充実しており、日別月別商品部門別店舗端末別に詳細な分析ができます。

◆ 日別の分析

smareji-analysis

◆ 月別の分析

smareji-analysis-monthly

◆ 商品別の分析

smareji-analysis-by-product

スマレジの分析機能を確認する 

一方、エアレジは日別月別の分析と商品別の売上分析ができます。

◆ 日別

airegi-analysis-by-date

◆ 商品別の分析

airegi-analysis-by-product

エアレジの分析機能を確認する (機能をクリックします)

◆ 分析機能の比較

カテゴリー 分析項目 スマレジ エアレジ
時間軸 日別
  月別 〇(※1)
  時間帯別
  曜日別 ×
商品軸 商品別
  部門別 ×
  ブランド・カラー別 ×
取引軸 販売員別 ×
  端末別 ×
  店舗別 ×
  客層別 ×
  取引タグ別 ×

エアレジの機能一覧を確認する (機能⇒機能一覧 を選びます)

※1:プレミアムプラン以上

 

1.5 電子マネーへの対応

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (スマレジPAYGATEで対応可能)
  •  エアレジ: 〇 (Airペイと連携することで対応可能)

【比較内容】

エアレジは、エアペイ(Airペイ)と連携をすることで、電子マネーでの決済を行えます。

iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台を用意することで、PASMOSUICAなどの交通系の電子マネーやiDQUICPayの決済に対応できます。

airpay-device

エアペイ(Airペイ)に対応している電子マネー

また、クレジットカード、QRコード決済、電子マネーに対応しています。

airpay-payment

なお、エアペイは、エアペイとカードリーダーはともに無料です。

一方、スマレジは、電子マネーでの決済を行う場合には、スマレジPAYGATEを導入することで利用できます。

smaregi-paygate-min

iD、WAON、nanaco、楽天Edy、QUICPay、SUICA、PASMO、Tolca、manaca、ICOCA、nimocaなどに対応しています。キャンペーン期間中につき、端末代は0円、決済手数料3.24%で導入できます。

スマレジPAYGATE

POSレジ機能ICカードリーダープリンターなどの機能が内蔵しています。

smaregi-paygate-device-min

お会計をするときは、メニューを選んだ後、決済手段を選んで、レジの計算、決済ができます。

smaregi-paygate-device-how-to-use-as-a-register-min

クレジットカード、QRコード決済、電子マネーに対応しています。

smareji-payment-method-min

【参考記事】 ・ AirPAYとSquareを比較!選ぶ前に知りたい6つの違い
       ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い

 

1.6 QRコード決済への対応

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (PayPay、LinePay、メルカリPay、WeChat Pay、Alipay、Au PAY、ゆうちょPayに対応)
  •  エアレジ: 〇 (PayPay、LinePay、d払い、WeChat Pay、Alipayに対応)

【比較内容】

スマレジは、マルチQRコード決済のStarPayと連携することで、PayPay(ペイペイ)、LinePay、メルカリPay、WeChat Pay、Alipay、Au PAY、ゆうちょPayに対応できます。

starpay-min

【出典: スマレジ StarPayとの連携

また前章で紹介したスマレジPAYGATEを導入することで、QRコード決済にも対応しています。

smaregi-paygate-qrcode-min

PayPay、d払い、楽天ペイ、AUペイ、メルカリペイ、ALIPAY、WeChatPayに対応しています

スマレジPAYGATE

一方、エアレジは、エアペイを利用することで、ペイペイ、LinePay、d払い、WeChat Pay、Alipayに対応できます。

 

1.7 複数店舗対応

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (複数店舗の情報を一元管理)
  •  エアレジ: △ (在庫管理や売上管理は店舗ごとに行う)

【比較内容】

スマレジは、複数店舗の売上合計や登録情報を簡単に確認できます。さらに、店舗間での在庫管理や、商品やスタッフの一元管理などが行えます。

smaregi-multiple-stores-min

一方、エアレジは在庫管理や売上管理は、店舗毎に行う必要があります。一元管理する機能は弱いため、各店舗の状況を確認するときは、ログアウトして再度別IDでログインする必要があります。

 

1.8 他システムとの連携

【結論】

  •  スマレジ: △ (一部システムに未対応)
  •  エアレジ: 〇 (幅広く対応)

【比較内容】

スマレジ、エアレジは、次のシステムと連携しています。

【凡例】〇:対応 △:一部プランで対応 ×:未対応

分類 ツール名 スマレジ エアレジ
会計ソフト freee △(*1)
  弥生会計 △(*1)
  MFクラウド会計 △(*1)
  FXシリーズ △(*1)
勤怠管理システム スマレジ・タイムカード △(*1) ×
飲食店向け ぴかいちナビ △(*1) ×
  FOODIT21 △(*1) ×
  TORETA △(*1) ×
決済サービス Airペイ ×
  モバイル決済forエアレジ ×
  POICHI forエアレジ ×
  Square
予約・空席管理 レストランボード

*1:プレミアムプラン以上で対応

スマレジの対応システム一覧を見る

エアレジの対応システムを確認する (機能⇒決済予約管理サービスとの連携を選びます)

 

1.9 サポート体制

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (メール、電話に対応。但し、電話はプレミアムプラン以上)
  •  エアレジ: 〇 (メール、チャット対応)

【比較内容】

スマレジは、メールあるいは電話によるサポートを受けられます。ただし、電話のサポートはプレミアムプラン以上です。

smareji-support-min

スマレジのサポート体制を確認する

また、スマレジの機能やサービス内容などをショールームで確認することができます。

smareji-showroom-min

スマレジのショールームあるいはオンラインでの相談の方法を確認する

一方、エアレジのサポートは、メールチャットとなります。なお、エアレジの導入時のみ、電話によるサポートを受けられます。

また、Airレジをその場で見て確かめられるサービスカウンターがあります。

aireji-support-min

エアレジのサービスカウンターの場所を確認する

◆ スマレジとエアレジのサポート状況

  スマレジ エアレジ
メール
チャット ×
電話 △ ※プレミアムプラス以上 △ (エアレジの導入時のみ)

エアレジのサポート体制を確認する (画面下に掲載されています)

 

1.10 手数料

【結論】

  •  スマレジ: VISA、MasterCardは手数料3.24%だが、それ以外は月額2,000円が必要
  •  エアレジ: 月額費用は発生しない

【比較内容】

スマレジは、クレジットカード決済を行うときには、スマレジペイメント、楽天ペイ、ペイメントマイスター、STORES決済、Squareに対応しています。

スマレジペイメントは、VISA、MasterCardとそれ以外で手数料が異なり、JCB、American Express、Diners Club、Discoverは月額2,000円が発生します。

  VISA、MasterCard JCB、American Express、Diners Club、Discover
初期費用 無料 未公開
月額費用 無料 月額2,000円
手数料率 3.24% 各社による

スマレジの手数料を確認する

エアレジは、クレジットカード会社6社に対応しており、月額費用が発生しません。

  VISA、MasterCard、American Express JCB、Diners Club、Discover
初期費用 無料 無料
月額費用 無料 無料
手数料率 3.24% 3.74%

エアレジの手数料を確認する

 

1.11 サーバーの稼働率

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (サーバーの稼働率が高い)
  •  エアレジ: ー (サーバーの稼働率について公表していない)

【比較内容】

レジアプリを利用しているときに、サービス提供側のシステムで障害があると、レジが利用できないなど問題が生じます。

スマレジは、サーバーの稼働率を公開しています。2019年の5月以降では、9月に10分未満の停止はあったものの、そのほかの期間では正常に動作しています。

server-availability-min

【出典: スマレジ サーバーの稼働率の報告

一方、エアレジはサーバーの稼働率に関する公表情報はありません。

 

1.12 免税対応

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (インバウンド対策として、免税に対応できている)
  •  エアレジ: × (免税対応の機能は見当たらない)

【比較内容】

外国人旅行者に対して商品を販売したときに、消費税を免除できる制度があります。国土交通省の観光庁のホームページによると導入店舗は、2012年から約10倍に増えています。

kannkoucho-suii-min

【出典: 国土交通省 観光庁ホームページ

スマレジは、外国人向けの免税に対応した機能が用意されています。そのため、スムーズに作業ができます。

tax-free-min

スマレジ 免税対応機能

一方、エアレジには当該機能は見当たりませんでした。

 

2. スマレジとエアレジの比較表

スマレジとエアレジの違いを比較表にまとめました。

【凡例】〇:充実している △:機能はあるが、充実していない ×:機能がない

  スマレジ エアレジ
操作性 使いやすい 使いやすい
料金体系 無料、月額5,500円~15,400円 無料
周辺機器 STORE STOREで購入できる ポンパレモールで購入できる
分析機能の充実度
(日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)

(日別、商品別の分析)
複数店舗対応
(複数店舗の情報を一元管理)

(在庫・売上管理は店舗ごと)
電子マネーへの対応 〇 
(スマレジPAYGATEで対応)

(Airペイとの連携で対応可)
QRコード決済への対応
(8つのQRコード決済に対応)

(5つのQRコード決済に対応)
他システムとの連携
(一部システムに未対応)

(幅広く対応)
サポートの充実度
(メール、電話に対応。電話はプレミアムプラン)

(メール、チャット対応)
手数料
(JCB、American Express、Diners Club、Discoverは月額2,000円が発生します。)

(月額費用が無料)
稼働率
(サーバーの稼働率を公表)

(サーバーの稼働率を未公表)
免税対応 ×
ホームページ スマレジ エアレジ

なお、経済産業省のホームページでも、エアレジに関する分析資料が掲載されています。エアレジとスマレジの比較もありますので、興味がございましたらご覧ください。

【参考】 経済産業省のホームページ 平成29年度 ITを活用した商店街消費動向分析 (P8)

また、スマレジの概要をYoutubeで掲載されているので、ご紹介します。

 

3. レジの選びに悩んだ方は

前章でスマレジとエアレジの違いをご紹介しました。なお、レジ選びに悩まれた場合は、コンシェルジュサービスを使ってみるのも一つです。

◆ レジチョイス

regi-choice-min

無料でレジ選びの相談にのってくれます。レジメーカー数十社と提携しているので、客観的なアドバイスをもらえます。

なお、相談に乗ってもらう場合には、ご相談内容を入力し、業種や総店舗数などを入力ください。

regi-choice-details

レジチョイス

 

まとめ

本記事は、スマレジとエアレジを比べ、その違いをご紹介しました。なお、レジアプリに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ スマレジの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ エアレジとスクエアを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い
       ・ エアレジとユビレジを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い

500mailsのFacebookやX(旧ツイッター)では、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です