best-software-for-white-tax-return

白色申告のソフトを比較!おすすめなソフトはどれか【2018年】

Pocket

白色申告をするにあたり、オススメの会計ソフトはどれでしょうか。

平成26年から、白色申告をする方も、収入や支出を記録することが義務付けられました。そのため、白色申告向けのソフトが多数発売されています。

同じ白色申告用のソフトですが、申告書類の作りやすさや、料金体系サポートの手厚さに違いがあります。その違いを理解してから最適なソフトを選びたいところです。

本記事は、代表的な白色申告のソフトを比較し、その違いをご紹介します。

【参考文献】 フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
       きたみ りゅうじ  (著) 2005年

 

1. 白色申告におすすめな会計ソフト

shinkoku

ご存じの方も多いかと思いますが、平成26年分(2014年1月~)からは白色申告者にも記帳が義務付けられました。(参考)帳簿の記帳のしかた – 国税庁ホームページ
そのため、白色申告でも、日頃から帳簿付けをして、収入と支出を記録(記帳)する必要があります。

白色申告者が、収入や支出を記録するときに、便利なソフトがあります。代表的なソフトは3種類あります。

  •  やよいの白色申告オンライン
  •  freee(フリー)
  •  MFクラウド確定申告

それぞれの特徴をご紹介します。

 

2. やよいの白色申告オンライン

yayoi-siroiroshinkoku

パソコンに、インストールする必要がなく、初心者でもかんたんに使える白色申告用の会計ソフトです。やよいシリーズは30年近い実績があり、会計ソフトとしての機能は非常に成熟しています。

やよいの白色申告オンラインを見る

◆ 機能 ・・・ 白色申告に必要な機能は十分あり

機能は、大きく4つに分類できます。

  •  収入・支出を入力し、集計する機能があります
  •  ネットバンクなどの金融機関から自動的に情報を取り込む機能があります
  •  損益のレポートを出力できます
  •  収支内訳書、確定申告書を作成する機能があります

◆ 使いやすさ ・・・ 使いやすい (仕訳入力に慣れていない初心者向き)

確定申告の初心者向けに作られています。仕訳入力に慣れていない初心者向けに科目の説明があったり、確定申告の書類を作成をしやすいように質問が豊富に用意されています。

画面をもとに、具体的にご紹介します。

こちらが、収入や支出を入力する画面です。取引日、科目、摘要、取引先、金額を入力します。

yayoi-shiroiroshinkoku-torihikinyuuryoku

勘定科目の説明も書いてありますので、悩まずに科目を選ぶことができます。

yayoi-shiroiroshinkoku-torihikinyuuryoku-detail

確定申告についても、質問に回答していくことで、収支内訳書・確定申告書類などを作成することができます。

< 収支内訳書作成用の画面 >

yayoi-kakuteisinkoku

yayoi-kakuteisinkoku-detail

< 確定申告書作成用の画面 >

yayoi-kakuteisinkoku-screen

yayoi-kakuteisinkoku-details

また、メニューが「ホーム」「かんたん取引入力」「スマート取引入力」「レポート・帳簿」「確定申告」と限られていて、シンプルな作りなので操作に悩むこともありません。

yayoi-kakuteishikoku-menu

◆ 価格 ・・・ 無料

初期費用も月額費用も「無料」です。ただし、サポートはありません
ベーシックプラン(1年間で4,320円)の場合には、電話・メール・チャット、仕訳相談、確定申告相談、経理業務相談を受けられます。

やよいの白色申告オンラインを見る

 

3. freee(フリー)

free-kakuteishinkoku-gamen

インターネット上で利用できる会計ソフトであるクラウド会計でシャアが最も大きいサービスです。弥生会計とは異なり、最初からクラウド会計に特化して製品の開発をしています。その分だけ、機能が先行しており、おすすめできます。

freee(フリー)確定申告ソフトを見る

◆ 機能 ・・・ 白色申告に必要な機能だけでなく、日々の経理業務で使える機能もあり

機能は、大きく5つに分類できます。

  •  収入・支出を入力し、集計する機能があります
  •  ネットバンキングなどから自動的に情報を取り込み、経理処理をする機能があります
  •  請求書、見積書、納品書、領収書を作成するとともに、帳簿に記録する機能があります
  •  損益のレポートを出力する機能があります
  •  質問に回答するだけで、確定申告書類を準備・作成できます

請求書や見積書、納品書、領収書などをシステムで管理したい方にはオススメの機能となります。
また、請求書を作成することで、自動的に売上データを作る機能などもあります。

請求書の機能について詳細を知りたい方には別記事でまとめています。ご覧ください

【参考記事】 ・ 請求書のクラウドサービスを比較! 機能、デザイン、価格比べ

◆ 使いやすさ ・・・ 使いやすい (仕訳入力に慣れていない初心者向き)

仕訳入力に慣れていない初心者向けに科目の説明があったり、確定申告の書類を作成をしやすいように質問やガイダンスが豊富に用意されています。

画面をもとに、具体的にご紹介します。

こちらが、収入や支出を入力する画面です。取引日、勘定科目、金額、取引先を入力します。

freee-kakuteisinkoku-data-input

勘定科目についても、まず勘定科目の名前ではなく、「飲食費」「物品の購入等」のように日常使っている言葉からクリックすると、その右に該当する勘定科目の候補が表示されます。さらにそれぞれの勘定科目にかんたんな説明書きがあり、判断に悩むことは少ないです。

freee-kakuteisinkoku-data-input-details

また、特徴的な機能として、請求書などをオンライン上で作る機能もあります。

freee-kakuteisinkoku-invoice

確定申告についても、質問に回答することで確定申告書類が作成できます。

freee-kakuteisinkoku-input

どんな書類を用意したらいいか、その書類のどの項目を書けばいいのか、具体的に指示してくれるので、悩まずに準備が進められます。

freee-kakuteisinkoku-input-details

さらに、メニュー(下の図)も「取引」「レポート」「確定申告」「口座」「給与」「設定」と比較的少なく、操作に悩むことは少ないです。

freee-top

◆ 価格 ・・・ 月額980円(スターターの場合)

スタータープランの場合、月額980円で利用できます。データの保存と確定申告書類の作成が可能となります。なお、スタンダード版というプランがありますが、次のような要望がない限り必要ないです。

  •  消費税の申告をしたい
  •  月次推移のレポートを出したい
  •  請求書の合算・定期発行をしたい
  •  領収書の画像ファイルを月6枚以上保存したい

◆ サポート ・・・ チャットサポートとなります

freee(フリー)確定申告ソフトを見る

 

4. MFクラウド確定申告

mfcloud-kakuteisinkoku

お小遣いソフトで有名なマネーフォワードが提供するクラウド型の会計ソフトです。白色申告で使う以外の機能も多数あるため、経理業務になれている方には便利ですが、初心者には使いづらい可能性があります。

MFクラウド確定申告を見る

◆ 機能 ・・・ 白色申告に必要な機能だけでなく、日々の経理業務で使える機能もあり

機能は、大きく4つに分類できます。

  •  ネットバンキングなどから自動的に収入・支出データを作成できます
  •  手入力で収入・支出データを作成できます
  •  収益・費用・得意先・仕入れ先のレポートを出力します
  •  確定申告書類を作成できます

< MFクラウド確定申告のTOP画面 >

mfcloud-kakuteisinkoku-top

< MFクラウド会計の取引入力画面 >

勘定科目、金額、取引日を入力すれば記帳できます。

mfcloud-kakuteisinkoku-data-input

勘定科目を選ぶときに、勘定科目の説明がないため、どれを選べばいいか悩む場合があります。

mfcloud-kakuteisinkoku-data-input-details

確定申告書類を作成する機能も用意されています。

mfcloud-kakuteisinkoku-kakuteishinkoku

それぞれの項目をどう入力したらいいかなど、全体的に説明が不足しているため、確定申告の作業に慣れていないと戸惑う可能性があります。

mfcloud-kakuteisinkoku-data-input-details

また、大企業であれば使うかもしれませんが、白色申告者にとっては、機能やメニュー数が多く、操作に悩む可能性があります。

◆ 価格 ・・・ 月額0円(フリープランの場合) 月額800円(ベーシックプランの場合)

フリープランがありますが、次のような場合は、ベーシックプランのほうが無難です。

  •  月間の仕訳件数が15件を超える
  •  サポートは必要である(フリープランも登録から30日間はついています)

◆ サポート

チャットサポートとなります(フリープランの場合、導入後30日間)*1

*1: ベーシックプランの場合は、標準でチャットサポートはついています。

MFクラウド確定申告を見る

 

5. (おまけ) Excelの会計ソフト

会計ソフト以外にも、エクセルで利用できる会計ソフトがあります。通常のパソコンであればインストールされているExcelを使って、白色申告用の帳簿を付けることは可能です。

費用が発生しないというメリットがありますが、2点ほど注意点があります。

  •  すべての取引を手入力する必要があります
  •  算式を誤って消してしまったり、誤入力した場合に、正しく計算されません

そのため、システムになれている人、経理知識に自信のある方、取引件数が圧倒的に少ない方などにオススメです。

探し方ですが、GoogleやYahooなどで「白色申告 帳簿 エクセル テンプレート」などで検索をすれば、白色申告に適したExcelテンプレートを配布しているWebサイトをみつけることができます。

 

 

まとめ

本記事は、白色申告をする方におすすめの会計ソフトを紹介しました。基本的には、前半でご紹介した会計ソフトを利用するほうが無難です。無料で利用できる会計ソフトもありますし、お試しで使ってみて操作性を確認してみてください。

なお、確定申告の仕方や経理業務の手順などは別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 現金出納帳の書き方と記入方法(見本・テンプレート付き)
       ・ ハンドメイド作家の確定申告の条件と申告方法!6つのステップで申告
       ・ 領収書の書き方と見本をご紹介!知らないと恥ずかしい7つの知識

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です