camping-certifications-min (1)

キャンプの資格おすすめ6選の比較!種類・費用、仕事


キャンプに関する資格を比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

テントやタープの設営、キャンプ道具に関する知識が問われる資格もあれば、自然の中の遊びやアウトドアに関する知識が問われる資格もあります。

さらに、インストラクター向けに、キャンプの運営安全管理に関する知識が問われる資格もあります。そこで、キャンプに関する資格を取得する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、キャンプに関する資格おすすめ6選とその取得方法をご紹介します。

 

キャンプの資格おすすめ6選の選び方

camping-certifications

キャンプの資格を選ぶにあたって、チェックしたいポイントは5つあります。

  • 何を学びたいか。(テント・タープの設営、たき火、アウトドア、キャンプ場の運営)
  • どのような方法で学ぶか。(通学、オンライン)
  • どのように目的で取得したいか。(インストラクターとして活かしたい。仕事に活かしたい)
  • どのくらいの費用が発生するか。
  • どのくらいの期間で学びたいか。

上記ポイントを踏まえて、おすすめの資格を一覧でご紹介します。

  1.  キャンプインストラクター
  2.  公認オートキャンプ指導者(インストラクター)
  3.  キャンプエキスパート
  4.  ブッシュクラフトアドバイザー
  5.  ネイチャーゲームリーダー
  6.  森林インストラクター

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. キャンプインストラクター

camp-instractor-min

公益社団法人日本キャンプ協会が運営する資格です。3種類の資格があり、キャンプインストラクター、キャンプディレクター2級、キャンプディレクター1級とあります。

  • キャンプインストラクター: キャンプのプログラムの指導
  • キャンプディレクター2級: キャンプのプログラムの企画・運営・評価とマネジメント
  • キャンプディレクター1級: キャンプ全体のマネジメント(スタッフへの支援や指導)

資格を取得することで、公認キャンプ指導者が指導する事業で、キャンププログラム向けの傷害保険を利用できます。

キャンプインストラクター

◆ 問われる内容(学習内容)

(1)キャンプインストラクター

  • キャンプの理論(キャンプの特性、対象、指導、安全)
  • 実技(野外ゲーム・キャンプソング・登山・ハイキング・キャンプクラフト・星座観察・自然観察・野鳥観察・冒険プログラムなど)
  • キャンプの安全

(2)キャンプディレクター2級

  • キャンプとは、キャンプディレクターの役割とキャンプカウンセリング
  • プログラムの安全管理、プログラムのマネジメント(企画・運営・評価・改善)

(3)キャンプ ディレクター1級

  • キャンプと社会
  • キャンプの安全管理
  • キャンプのマネジメント
  • キャンプ指導者の研修と養成

◆ 資格取得後の仕事

インストラクター

◆ 料金(税込)

  • キャンプインストラクター: 15,300円
  • キャンプ ディレクター2級: 11,000円
  • キャンプディレクター1級: 8,800円

◆ 受験場所

東京、千葉、茨城、埼玉、岩手、宮城、兵庫、石川、滋賀、福井、鳥取、広島、福岡、大分、鹿児島、香川、高知

◆ 運営団体

公益社団法人日本キャンプ協会

◆ 資格の取得方法

 

2. 公認オートキャンプ指導者(インストラクター)

auto-camp-instructor-min

日本オート・キャンプ協会(JAC)が公認するキャンプの指導者向けの資格です。

年に一度開催される「公認オートキャンプ指導者養成講習会」に参加して、指導者資格認定試験に合格するとインストラクターとなれます。

公認オートキャンプ指導者(インストラクター)

◆ 問われる内容(学習内容)

  •  オートキャンプ概論(オートキャンプとは何か)
  •  オートキャンプ指導論(指導するために必要なもの)
  •  環境保全行動論(キャンプ場の周辺にある自然)
  •  オートキャンプ場概論 (オートキャンプ場の施設とは)
  •  RV論 (キャンピングカーとは)
  •  オートキャンプ生活技術論(キャンプ道具の使い方)
  •  安全管理論(安全にキャンプを楽しむための知識)
  •  コミュニケーションワーク(人と人結びつけるための技術)

◆ 資格取得後のキャリア

教室でのインストラクター

◆ 料金(税込)

受験・審査料 1,000円

◆ 受験会場

各地の会場

◆ 運営団体

日本オート・キャンプ協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べたところ、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

 

3. キャンプエキスパート

camp-expert-min (1)

日本能力開発推進機構が運営する資格です。

キャンプの計画や、テント・タープの設営の仕方、焚き火の方法、キャンプにおけるクッキング、アウトドアのアクティビティ、不測の事態の対処法などに関する知識が問われます。

キャンプエキスパート 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • 基礎概論(アウトドアの三大要素、キャンプビギナーの心得、キャンプで使う道具)
  • キャンプの計画(キャンプ場、キャンプの準備、キャンプの服装)
  • テントサイトの基本、タープの設営、テントの設営、ランタンの使い方
  • アウトドアクッキング、ツーバーナー、食材・調理・道具
  • キッチンの設営、ツーバーナーの使い方、ダッチオーブン料理、BBQ
  • コーヒーと朝食、ランチ、燻製とキャンプオーブン、パーティー&後片付け
  • キャンプで焚き火、自然の中の遊び、四季のキャンプ、焚き火
  • いざという時の対処法

◆ 資格取得後のキャリア

◆ 料金

5,600円(税込)

◆ 受験場所

在宅

◆ 運営団体

日本能力開発推進協会 (JADP)

◆ 資格の取得方法

 

4. ブッシュクラフトアドバイザー

bush-craft-school-min

一般社団法人危機管理リーダー教育協会が運営する資格です。ブッシュクラフトとは、ブッシュ(森での)+クラフト(技能)という意味で、「趣味として楽しむアウトドアサバイバル術」として使われています。

ブッシュクラフトアドバイザー講習を受講することで、「ブッシュクラフトアドバイザー」の修了証が(一般社団法人危機管理リーダー教育協会が運営する)Japan Bushcraft Schoolより発行されます。

ブッシュクラフトアドバイザー 

◆ 問われる内容(学習内容)

  •  生き延びる術(サバイバル)に関する基礎知識
  •  ナイフの基礎知識と使い方
  •  ロープワーク & タープシェルターの作り方
  •   体温の保持の方法
  •  飲み水の確保
  •   焚き火の仕方、焚き火調理法
  •  メンテナンス、痕の残らない片付け
  •   ベッド作り

◆ 資格取得後のキャリア

◆ 料金

39,000円(受講費、講習中の食材費、宿泊費、傷害保険費、教材費等、全て込み)

◆ 受験場所

北海道、長野、三重、福岡、茨城、兵庫、熊本

◆ 運営団体

一般社団法人危機管理リーダー教育協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

5. ネイチャーゲームリーダー

nihon-sharing-nature-min

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会が運営する資格です。

心とからだで自然とふれあうネイチャーゲームを学び、自然と人を結ぶ 「自然案内人」としての知識が問われます。なお、環境教育等促進法の人材認定等事業の登録事業(*1)となっています。

ネイチャーゲームリーダー

◆ 問われる内容(学習内容)

  •  ネイチャーゲームの目的
  •  自然案内人の心がまえ
  •  安全対策、自然への配慮
  •  ネイチャーゲーム指導員制度

◆ 資格取得後のキャリア

ネイチャーゲームの指導

◆ 料金(税込)

3日間講座の場合は35,000円~45,000円程度、2日間講座の場合は28,000円~35,000円程度

◆ 受験場所

日本全国

◆ 運営団体

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会

◆ 資格の取得方法

なお、資格取得講座の概要がYouTubeに掲載されていたので、ご紹介します。

*1: 環境省ホームページ 教育等促進法の人材認定等事業の登録事業

 

6. 森林インストラクター

forest-instractor-min

一般社団法人全国森林レクリエーション協会が運営する資格で、森林や林業に関する知識が問われます。

なお、環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律の第11条に基づき、「人材認定事業」として環境大臣並びに農林水産大臣の登録で実施されている検定試験です。(*1)

森林インストラクター

◆ 問われる内容(学習内容)

  • 森林の仕組み、植生の遷移、森林の動植物、森林の地質
  • 山村と農林業、森林の効用、森林の施業、木材及び特用林産物の利用
  • 森林レクリエーション、キャンピング、ネイチャークラフト
  • 安全の知識(気象を含む)、救急処置法、環境教育、自然保護、指導技術、企画の立て方

◆ 資格取得後のキャリア

◆ 料金

18,000円

◆ 受験場所

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、高知、福岡

◆ 運営団体

一般社団法人全国森林レクリエーション協会

◆ 資格の取得方法

なお、口コミを調べたところ、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

*1: 環境省ホームページ 教育等促進法の人材認定等事業の登録事業

 

まとめ

本記事は、キャンプに関する資格おすすめ6選と取得方法をご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめの資格が変わります。

求める内容 おすすめの資格 取得できる講座・団体
キャンプの運営方法安全管理を学びたい キャンプインストラクター 日本キャンプ協会
オートキャンプを学びたい 公認オートキャンプ指導者 日本オートキャンプ協会
キャンプの仕方を学びたい(初心者) キャンプエキスパート  キャリカレ 
サバイバル術を学びたい ブッシュクラフトアドバイザー Japan Bushcraft School 
森林について学びたい 森林インストラクター 全国森林レクリエーション協会 

なお、ピラティスに関する資格は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ピラティスの資格おすすめ8選の比較!種類・費用・オンライン・理学療法士

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。