comparison-of-accounting-agency

経理代行サービスの比較!中小企業におすすめの経理のアウトソーシング6選

Pocket

経理代行サービスを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

代行できるサービス内容や、スタッフのスキル、対応している会計ソフト、料金などに違いがあります。また、お試し利用できるサービスや個人事業主向けのサービスもあります。

そこで、経理代行サービスを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、中小企業の経理のアウトソーシングに向いている経理の代行サービスを比較し、その違いをご紹介します。

 

1. バーチャル経理アシスタント(メリービズ)

merry-biz

メリービズ株式会社が運営する中小企業向けの経理代行サービスです。 プロの在宅経理スタッフ700名以上を擁しています。プライバシーマークも取得しており、安心できます。

  •  月額費用: 5~30万円
  •  サービス内容: 記帳代行。給与計算代行。月次決算書。請求書発行。レシート入力。
  •  担当者のスキル: 簿記2級以上、経理経験3年以上
  •  対応ソフト: 弥生会計、MFクラウド、freee、Crew、ミロク情報、勘定奉行、財務応援
  •  導入実績: 500社
  •  個人事業主向け: 対応可能(出典:SANKEI BIZ
  •  お試し: あり

バーチャル経理アシスタント(メリービズ)

 

2. フジ子さん

fujiko

フジア株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。 経理人事翻訳Webサイトの管理などを代行してもらえます。

  •  月額費用:47,000円(月20時間) 69,000円(月30時間) 9万9000円(月50時間)
  •  サービス内容: 記帳、振込・支払、経費精算、秘書(資料作成、備品代行、出張手配、翻訳)、人事(給与計算、求人広告の出稿・管理、入社・退職の手続き)
  •  担当者のスキル: 税理士事務所 勤務5年(事例)、社長秘書職 勤務3年以上(事例)
  •  対応ソフト: 未公開
  •  導入実績: 未公開
  •  個人事業主向け: 対応可能(出典: フジ子さん規約
  •  お試し: あり

フジ子さん

 

3. Q-TAX経理代行サービス

q-tax

株式会社アックスコンサルティングが運営する経理代行サービスです。 経理代行記帳代行給与計算代行年末調整代行などを提供します。

  •  月額費用: 記帳代行 15,000円 (~100仕訳)24,000円(~200仕訳)33,000円(~300仕訳)、給与計算 1,000円/人、振込支払い代行 1,000円/件、請求書発行 1,000円/件
  •  サービス内容:経理代行、記帳代行、振込代行、年末調整代行、請求書作成、通帳入力
  •  担当者のスキル: 経理経験3年以上
  •  対応しているソフト: 未公開
  •  導入実績: 300社
  •  個人事業主向け: 未公開
  •  お試し: なし

Q-TAX経理代行サービス

 

4. NOC経理アウトソーシング

noc

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社が提供する経理アウトソーシングサービスです。 30年の経験と1,000社の実績があるサービスで、大企業のクライアントが多いです。

  •  月額費用: 未公開
  •  サービス内容: 経理のアウトソーシング(売上・売掛金、経費精算、決算業務)、財務コンサルティング(IPO、M&A)、業務コンサルティング(業務可視化、BPR)
  •  担当者のスキル: 未公開
  •  対応しているソフト: 未公開
  •  導入実績: 1,000社
  •  個人事業主向け: 未公開
  •  お試し: 未公開

NOC経理アウトソーシング

 

5. Smart経理

smart-keiri

M&Tコンサルティングが運営する経理業務代行サービスです。必要な書類をスキャンするだけで、それ以降は経理のプロが業務を代行してくれます。

  •  スタンダードプラン: 150,000円(請求、支払、給与計算、経費精算、会計入力)
  •  エキスパートプラン: 300,000円(請求、支払、給与計算、経費精算、会計入力、資金繰り、融資相談、資産管理)
  •  担当者のスキル: 全スタッフは簿記2級以上。社内の経理研修プログラムを受講済
  •  対応ソフト: freee
  •  導入実績: 未公開
  •  個人事業主向け: 対応している
  •  お試し: なし

スマート経理

 

6. 記帳・経理・給与計算代行センター 株式会社

keiridaikou

Rainbow Cloudが運営する中小企業向けの経理代行サービスです。 格安で記帳代行の入力サポートを受けられます。

  •  月額費用: 890円~(30仕訳)1,980円~(50仕訳)4,980円~(100仕訳)9,800円~(150仕訳) 14,800円~(200仕訳)19,800円~(300仕訳)、総勘定元帳5,250円~
  •  サービス内容: 記帳代行、給与計算、年末調整、振込支払、請求書発行
  •  担当者のスキル: 未公開
  •  対応ソフト: 未公開
  •  導入実績: 未公開
  •  個人事業主向け: 未公開
  •  お試し: 未公開

記帳・経理・給与計算代行センター

 

7. 経理のアウトソーシングの費用

reputation-of-skima

経理のアウトソーシングの費用は、記帳のみを代行するのか、経理業務全般を依頼するのか、給与計算や年末調整などまで依頼するかによって変わります。

◆ 経理のアウトソーシング費用の例

作業内容 明細 費用 参考
記帳代行 ~100仕訳 15,000円 Q-TAX
  ~200仕訳 24,000円 Q-TAX
  ~300仕訳 33,000円 Q-TAX
  総勘定元帳 5,250円 記帳・経理・給与計算代行センター
  月次減価償却 3,150円 記帳・経理・給与計算代行センター
  月次棚卸 3,150円 記帳・経理・給与計算代行センター
給与計算 給与計算 1,000円/人 Q-TAX
経理業務全般 月20時間 4.7万円 フジ子さん

 

8. 経理代行のメリット

reputation-of-wantedly

前章では、中小企業向けの経理代行サービスをご紹介しました。では、経理代行にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットは、2つあります。

  • コスト削減・・・経理業務に携わる作業を削減できる
            (例 売掛金管理に関わる社員を3名から1名で削減)
  • 業務品質の向上・・・専門家の利用に伴う、業務の品質を向上できる
            (例 これまで経営者家族で行っていた記帳作業をアウトソーシング)

【出典】 平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (P56)
【出典】 ビジネス支援サービスの活用 (P4)

 

9. 経理代行のデメリット

comparison-of-freelance-agency

前章では、経理代行のメリットをご紹介しました。一方、経理代行のデメリットは、3つあります。

  • 代行費用に見合う効果が得られるか、わからない
  • 事業者の選び方が難しい
  • 当該業務に携わっていた社員の取扱いに困る

【出典】 ビジネス支援サービスの活用 (P8)

 

まとめ

本記事は、経理代行サービスを比較し、その違いをご紹介しました。中小企業の経理のアウトソーシングに便利なサービスもあり、経理の代行だけでなく、人事や秘書、Webサイトの運用を代行するサービスもありました。

なお、経理に関する知識や、会計ソフト、給与計算ソフト、マイナンバー管理に関するソフトなどは別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 経理業務を効率化する!無料で試せる9つの方法!【2019年】
       ・ freeeの使い勝手と評判!使いやすい点・使いにくい点を徹底解説!
       ・ MFクラウド会計を初心者でも使える!便利な使い方を徹底解説【2019年】
       ・ freeeと弥生会計オンラインを比較!選ぶ前に知りたい3つの違い
       ・ 弥生会計とMFクラウド会計を比較!機能、料金、使いやすさを比べる!
       ・ クラウド給与計算ソフトの一覧と比較!料金表付き【2019年】
       ・ マイナンバー管理ソフトの比較!クラウドで保管する方法【2019年】

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です