greetings-business-partnership

業務提携の挨拶状 ~書き方と5つの文例~

Pocket

業務提携の挨拶状を書くときには、どのような内容を文面に盛り込めばいいのでしょうか。

業務提携の目的提携会社の強み今後の方針など、業務提携の概要を書きます。また、提携がお客様にどのようなメリットがあるのかを書きたいところです。

本記事では、業務提携の挨拶状の書き方と5つの文例をご紹介します。

【参考文献】 しっかりとした敬語表現マナーですぐに書けるビジネス文書の書き方
      阿部 紘久 (著, 監修) 2013年

 

業務提携の文例1

all-industry

拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび当社と〇〇株式会社は業務提携契約を締結いたしました
ので、下記のとおりお知らせいたします。
 〇〇分野において共同で新たなビジネスモデルを確立し、事業拡大を図る
所存です。
 何卒今後ともより一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
                              敬具
                 記
1. 業務提携の理由と内容
2. 提携先の概要
3. 今後の見通し
                              以上

 

業務提携の文例2

all-japan

拝啓 時下いよいよご清祥の段お慶び申し上げます。平素より格別のお引き立て
にあずかり、厚くお礼申し上げます。
 さて、弊社はこのたび、株式会社〇〇と業務提携を締結いたしましたので
お知らせいたします。
 同社が持つ〇〇の〇〇についての優れたノウハウを導入することで、〇〇の
サービスを皆様に提供させていただけるものと確信いたしております。
 今後は双方の特質を活かし、皆様のご期待にそえますよう、全力で努力いたす
所存ですので、よろしくご高承の上、お引き立てのほど、切にお願い申し上げます。
 略儀ながら、書中にてお知らせ申し上げます。
                                敬具

 

業務提携の文例3

business-matching

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。毎々格別のお引き立てに
あずかりありがたく御礼申し上げます。
 さて、弊社ではこのたび、〇〇として〇〇をすることで業界トップについている
〇〇と業務提携を結び、より〇〇な商品開発をすることとなりました。これにより
新商品は〇年末に完成の予定となり、いままでにない画期的な商品になるものと
確信いたしております。
 どうぞ、この新商品に大いにご期待をいただきますとともに、今後ともさらなる
ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 まずは、業務提携のごあいさつを申し上げます。
                                 敬具

 

業務提携の文例4

mail-example-for-exhibition-invitation

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。毎々格別のお引き立てに
あずかりありがたく御礼申し上げます。
 さて、このたび弊社は、独自の工法で〇〇を製造する鈴木機器と、業務提携を
結ぶことになりました。これにより、いままでにない画期的な〇〇を、お客様にご提供
できると確信いたしております。
 どうぞ、今後の商品にご期待をいただきますとともに、今後ともさらなるご愛顧を
賜りますようお願い申し上げます。
 まずは書中にて、業務提携のご挨拶を申し上げます。
                                 敬具

 

業務提携の文例5

how-to-manage-accounting-after-opening-a-business

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 このたび、弊社は 〇〇株式会社とプライベートブランドの商品開発や
共同購買による調達コスト削減を目的とし、資本・業務提携いたします。
 〇〇株式会社は「ママが安心できる幼児向けの食品開発」を目指し
運営してきました。弊社はこの資本・業務提携により、積極的に商品開発に
取り組み、新しいビジネスの創造を目標に両社の企業価値向上を目指して
いく所存でございます。
 つきましては、弊社はこの新体制のもとお客様満足度の向上にむけ
一層努力いたす所存でございます。
 略儀ながら、書中をもってご案内申し上げます。

 

業務提携の挨拶状の書き方

easy

業務提携の挨拶状を書くときには、3つのポイントを気を付けます。

  1.  提携会社の強み実績を伝えます。長口上では逆効果となるので簡潔を心がけます。
  2.  業務提携の目的、新たな決意を述べます。どんなメリットがあるのか、お客様や取引先の目線から伝えます。
  3.  提携内容や提携先の概要(会社概要や資本関係、人間関係など)は別記にします。

 

まとめ

本記事では、業務提携の挨拶状の書き方と文例を5つご紹介しました。なお、集客や販促に役立つ情報を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 営業リストを作成する方法!(テンプレート付き)
       ・ 顧客リストの集め方と活用術! エクセルテンプレートを大公開
       ・ 売れる販促企画のアイデア集

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です