how-to-make-questionnaire-for-seminar

セミナーのアンケート術 作り方とテンプレートをご紹介!

Pocket

セミナーを開催後、受講生からアンケートを取ることは重要です。

お客様の意見を頂くことで、次回以降のセミナー運営にも活用できますし
セミナーを終えた後の営業活動にも役立ちます。

本記事では、セミナーのアンケートの作り方ならびにテンプレートをご紹介します。

【参考文献】 講師・インストラクターハンドブック 
       中村 文子 (著),‎ ボブ・パイク (著) 2017年

 

 1. セミナーのゴール(目的)はなにか

letter-example-of-transfer

セミナーのアンケートを作るときには、セミナーのゴール(目的)を確認する必要があります。
よくあるゴールは次のようなものがあります。

  •  資料を請求してもらう
  •  無料お試しの申込を受付ける
  •  見積りの依頼を受付ける
  •  個別相談の申込みを受付ける
  •  問合せをもらう

たとえば、「個別相談の申込みを受付ける」を目的とする場合、アンケートにより「お客様の連絡先」や「現状の課題」を入手したいところです。

 

 2. セミナーのアンケートで質問したい項目

greetings-of-new-branch-opening

アンケートで質問したい項目は、5点あります。

  1.  一番印象に残った内容は何ですか。
  2.  参加する前と参加した後で、あなた自身に、どのような変化がありましたか。
  3.  セミナーを受講し、今後どのような行動をとられますか。
  4.  現状、課題と感じている点は何でしょうか。
  5.  今後、開催してほしいセミナーに、ご要望はありますか。

 

2.1 一番印象に残った内容

セミナーで伝えたかったことが、受講者に十分伝わったかを確認します。
そして、受講者がどのようなところに興味を持っているのかを把握します。

 

2.2 あなた自身への変化

セミナーは、受講者が自分(自社)のことを振り返る時間になります。
そして、セミナーを通じて、新たな行動を起こすきっかけを掴めればベストです。

そのため、受講者が参加する前と参加した後で、どのような変化があったかを問い直します。

 

2.3 セミナーを受講した後の行動

セミナー後に、次への行動へつなげるための質問です。

例えば、情報漏洩関係のセミナーであれば「今後、セキュリティー上の問題点を洗い出します」や
「IT担当と相談をし、先生にご連絡します」などのコメントを頂くことが多いのです。

この回答内容を受けて、後日、こちらからメールなどでその後の状況を確認します。

 

2.4 現状の課題

セミナーの内容以外で、受講者が現在課題と思っていることをヒアリングします。

セミナーの内容に満足している場合には、この設問にも答えてくれます。
そこから、様々な提案を行えます。

 

2.5 今後開催してほしいセミナー

受講者が望んでいるテーマは何かを聞き出すことで
次回のセミナーのネタを収集したり、業界ごとの関心事を把握できます。

そして、最後にアンケートの内容をお客様の声として利用することの許諾を頂きます。
「お客様の声として利用させていただいても宜しいですか」とアンケートに記入をしておくことで
お客様の了解をいただきます。

このようにセミナーのゴール(目的)に沿ったアンケートを行うことで、
次へのステップに向けた布石を打つことができます。

 

3. セミナーアンケートのテンプレート

factoring-company-comparison

前項で説明したセミナーのアンケートのテンプレートをご用意しました。
適宜、文面などを修正のうえご利用ください。

questionaiire

セミナーアンケートテンプレート

なお、インターネットを使って、アンケートを回答してもらう場合、メールフォームが便利です。

◆ フォームメーラー

form-mailer

無料でアンケートフォームやセミナーの申込みフォームを作れるツールです。利用ユーザー数も30万人と実績のあるツールです。スマホにも対応しています。

フォームメーラー

◆ Formrun

formrun

無料でアンケートのWebフォームが作れるサービスです。郵便番号を入れるだけで、住所が自動入力されるなど、使いやすいWebフォームが作れます。

formrun

上記以外のメールフォームについては、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ メールフォームの比較!機能、使いやすさ、料金で比べる!【2019年】

 

 まとめ

本記事では、セミナーのアンケートで質問したい項目、ならびにテンプレートをご紹介しました。
忘れてはいけないのが定期的なフォローです。

お客様にもタイミングがありますので、セミナー終了後、必ずしも業務をお願いできないこともあります。そういった場合には、こちらからメルマガダイレクトメールなどを送ったりして、忘れられないようにフォローをしていきます。

セミナーの集客や運営、メルマガやダイレクトメールに関する情報を別記事でまとめています。

【参考記事】  ・ セミナーの受講者に送る案内メール ~送り方と文例~
        ・ 反響率を高める!ダイレクトメールの送り方 7つのコツ
        ・ セミナー集客チラシ作り方 ~かんたんに作れる!便利な技~
        ・ セミナーに集客する方法!知らないと損をする5つのポイント
        ・ セミナーの集客方法!知らないと損をする集客術
        ・ メルマガ配信の始め方 無理せずコツコツ続ける方法を大公開
        ・ メルマガ配信システムの比較!【2019年】
        ・ ダイレクトメールのデザインに必要な6つの知識
        ・ ダイレクトメールの書き方!お客様の心をつかむ5つの方法

【参考書籍】 セミナー講師の教科書
      立石 剛  (著) 2016年

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です