how-to-write-step-mail

ステップメールの作り方と書き方

Pocket

ステップメールとは、あらかじめ用意した複数のメールを、決められた順番で、決められたタイミングに送ることができるシステムです。

メールを順番を決めて送れるため、読者の心理状態にあわせてメールを送れます。では、ステップメールはどのようにして、作ればいいのでしょうか。

本記事では、ステップメールの作り方と書き方をご紹介します。

 

1. ステップメールの概要 (メールマガジンとの違い)

comparison-of-stepmail

ステップメールは、事前に設定したメールを、1通目から順番に自動で送ることができるシステムです。ステップメールとメルマガの違いは、たとえば10通分のメールの原稿があり、順番に配置していくとします。

一般的にメルマガは、あらかじめ10通のメールを書き溜めていたとしても、送信する場合は同時に一斉に送る必要があります。そのため、たとえば第4号から読み始めた読者は、第3号までのメルマガを読むことができません。

しかし、ステップメールは登録した後に、必ず第1号のメールが届き、それ以降も順番に読めます。
つまり、すべての読者に対して漏れなく、第1号からメールを送ることができ
ます

そこで発行者は、第1号に問題を提起する記事を書き、第2号でその解決法を紹介し、第3号で商品の情報を発信できるなど、ストーリーを作ってメールを送ることができます。

この順番に従って送られるメールを「シナリオ」と呼ぶこともあります。読者にどんな順番で何を伝えるかを構想し、その構想に基づいたシナリオの組み立てがステップメール成功の秘訣です。

では、どんなふうに組み立て、送ったらいいのか、その作り方&書き方をご紹介します。

 

 2. ステップメールの書き方

concept

ステップメールは、毎回シナリオ通りに配信されますが、その書き方や送り方についてご紹介します。次の4つのポイントを守って作ってみてください。

  1.  シナリオ全体のメールの本数は10回がベスト
  2.  まず、1話完結型でメールを書いてみる
  3.  1通目で「この人のメルマガを読みたい」と思わせる
  4.  10話完結型のメールは目次を作る

それぞれを詳細にご紹介します。

2.1 シナリオ全体のメールの本数は10回がベスト

リピータ作りには「3回安定、10回固定の法則」という法則があります。

「  お客様が3回来店してくれると、お客様はそのお店に安定的に来るようになります。そして、
 お客様が10回来店してくれれば、そのお客様は固定客になる」 という法則です。

この考え方を応用して、ステップメールの回数を10回にします。

 

2.2 まず、1話完結型でメールを書いてみる

ステップメールの書き方として、2種類の作り方があります。

  •  1話完結型で、1つのテーマを1話で作り、10個分用意する方法
  •  10話完結型で、10個のメールで物語形式で書く方法

初心者にお勧めの方法は、「1話完結型」です。話の流れが連続する物語形式よりも、楽に書くことができます。1通ごとに結論をつけて完結できるため、他のメールとストーリーに関連性があるかなどのチェックをする必要がありません。

そこで、まずは1話完結型で書いてみることをお勧めします。

 

2.3 1通目で「この人のメルマガを読みたい」と思わせる

ステップメールのポイントは「1通目のメール」です。メルマガに登録した瞬間が、最も読みたい気持ちが高まっているときだからです。そして、第一印象が良ければ、その後も読んでもらえます。

1通目のメールで最低限書いておきたい内容は次の通りです。

  •  簡潔な自己紹介
  •  メルマガを読んで得られるメリット


 ◆ 簡潔な自己紹介                  

自己紹介をして、自分の活動内容や想い、経歴や具体的な実績を伝えます。

 ◆ メルマガを読んで得られるもの            

このメルマガを通じて、どんなことを学べるのかをご紹介します。これまでの経験をもとに、どういう想いで、何を伝えていくのかを伝えます。この部分に共感をしていただければ、読者は2通目以降も読んでいただけると思います。

 

2.4. 10話完結型のメールは目次を作る

1話完結型ではなく、10話完結型の物語形式でメルマガを作る場合には、まず目次を作ります。
目次を作るにあたって、次のような手順でシナリオを分析します。

  1.  10話を通じて読者にしてもらいたいことを考えます。(ゴールを決めます)
  2.  今の読者の状態を分析します。(読者はどんな人で、何を知りたがっているのか分析します)
  3.  どんな順番に、何を伝えるかを考えます。そのときに読者の想定される反応を考えます。
  4.  3を通じて、1が実現できるかを考えます。

次のような体裁でメモ書きをして、10話分の目次を作ってみましょう。

◆ 10話のシナリオ (ラフ案)

・ メルマガのゴール(例):  読者は、〇〇を理解し、〇〇を購入したいと思っている
・ 今の読者の状態(例): 読者は、〇〇に興味があるが、〇〇に関する知識がない

No テーマ 伝える情報 読者の想定される反応
1話 自己紹介、メルマガの概要 自己紹介、メルマガのメリット ためになりそうなメルマガだ!次も楽しみ!
2話  問題提起 よくある悩み こういう悩みは確かにある。どうしたらいいのか? 
3話  解決策の提示 解決策  いい解決策だ。でも、デメリットはないのか? 
・・・      
 10話      

上のような表を、メモ書きでいいので書いてみて、それから目次を作ってみてください。そのうえで、実際のメルマガの内容を記事として書けば、ストーリー性のある記事を作ることができます。

 

 3. ステップメールの作り方

tool

では、早速ステップメールを作ってみましょう。4つのステップで作れます。

  1.  ステップメールを登録する
  2.  ステップメールの登録フォームを作成する
  3.  ステップメールを書く
  4.  登録フォームをホームページに貼り付ける

 

 3.1 ステップメールを登録する

ステップメールを配信するためには、ステップメール配信サービスを利用します。

 ※ 代表的な7つのステップメールを別記事で比較・紹介しています。
  【参考記事】 ・ ステップメールの比較・選び方【2017年度版】

なお、この記事では、お試し版のある「メール商人」というサービスをご紹介していきます。

mailshonin

メール商人とは、株式会社イー・エム・ズィーが提供するメール配信システムです。ステップメールとメルマガの両方の機能をもち、使いやすいため、初心者にオススメのサービスです。

料金は1か月3800円(税別)で、最初の30日間は無料でお試しできます。お試し版で、どんなことができるかチェックしてみてください。

メール商人

<手順1> メール商人にアクセスします。 (>> メール商人はこちら
<手順2> 「30日間無料」のバナーをクリックします。 (図の赤枠)

mailshonin

<手順3>  「いますぐお申込みボタン」を押します。

mailshonin2

<手順4> 個人情報などを入力し、無料お試しを申込みます。

mailshonin3

 

 3.2. ステップメールの登録フォームを作成する

ステップメールを始めるにあたって、まずステップメールの登録フォームを作ります。
次の手順で簡単に作れますので、作ってみてください。

<手順1> 管理画面にログインします。(メール商人からのご案内メールに従ってください。)

mailshonin4

手順2: 設定&登録の「新規登録フォーム追加」をクリックします。

mailshonin5

手順3: 読者に入力してもらう個人情報を選択します。
    ※ 最小限の登録内容にします。まずは2項目(メールアドレスと氏名)で十分かと思います。

mailshonin6

 

 3.3 ステップメールを書く

次にステップメールを書いていきます。
ステップメールはシナリオ通りに配信されますが、必ずしも毎回メールを読んでもらえるとは限りません。

そこで、各メールには毎回、前回の復習、そして次回予告をいれるようにしましょう。前回の復習を入れる
ことで理解度を高め、次回の予告を入れることで、次回への期待値を高めることができます。

手順1: 管理画面から、「メール配信」⇒「ステップメール」⇒「ステップメール新規作成」を選びます。

mailshonin7

手順2: メールを送るタイミングや、タイトルや本文を記入します。
    ※ ステップメール対象フォームは、3.2で作成したフォームを選択します。

mailshonin8

この設定を複数行うことで、ステップメールが作成されます。
例えば、10回分のステップメールの場合には、10回分の設定を行います。

 

 3.4 ステップメールの登録フォームをホームページに貼り付ける

最後に、登録フォームのURLを取得し、ホームページやブログに貼り付けましょう。

手順1: 管理画面⇒「設定&登録」⇒「登録フォーム一覧&コード生成」を選びます。
mailshonin-9

 

手順2: 登録フォームを「全選択」し、HTMLコードをコピーして、ホームページへ貼り付けましょう。

mailshonin-10

これで、ホームページから自然に読者が集まり、設定されたメールがステップ通りに送られます。

 まとめ

本記事では、ステップメールの書き方と作り方をご紹介させて頂きました。
当記事を参考にしながら、ステップメールを作ってみてください。

なお、代表的な7つのステップメールを別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ステップメールの比較・選び方【2017年度版】

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

ステップメールの作り方と書き方」への2件のフィードバック

    1. 松田 康 投稿作成者

      ありがとうございます。シナリオ(目次)作りの部分に、特に力をいれてみました。
      これからもよろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です