personal-color-certifications-min

パーソナルカラーの資格8選!種類・費用・仕事・難易度


パーソナルカラーに関する資格がいろいろとありますが、どのような種類があるのでしょうか。

配色から色彩学、色の心理的効果や、似合う色の見つけ方が学べる資格や、ファッションやメイクアップ、インテリアなどの仕事に生かせる実践的な知識を学べる資格があります。

さらに、独学で学べる資格や、通信講座で取得できる資格もあります。そこで、パーソナルカラーを学ぶ前に知っておきたい有利な資格、その勉強法をまとめました。

本記事は、パーソナルカラーに関する資格の種類と、難易度、費用、取得方法をご紹介します。

 

パーソナルカラーの資格の種類・選び方

personal-color-certification

パーソナルカラーの資格を選ぶにあたって、チェックしたいポイントは5つあります。

  • どのような内容を学ぶか。(配色色彩学、似合う色の見つけ方、ファッション概論)
  • どのような方法で学ぶか。(通学、通信講座独学
  • どの程度の難易度か。(合格のボーダーライン、合格率)
  • どのくらいの費用が発生するか。
  • 資格を取得した後に、どのような仕事につけるか。(アパレル関係、講師業)

上記ポイントを踏まえて、おすすめの資格を一覧でご紹介します。

  1.  パーソナルカラー実務検定協会
  2.  色彩活用パーソナルカラー検定
  3.  パーソナルカラリスト検定
  4.  パーソナルスタイルアドバイザー
  5.  パーソナルカラーアナリスト
  6.  パーソナルカラープランナー
  7.  カラーコーディネーター
  8.  色彩技能パーソナルカラー検定

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. パーソナルカラー実務検定協会

personal-color-jitsumu-min

パーソナルカラー実務検定協会が運営する資格です。

仕事に活かせる知識を得るべく、一人ひとりに似合う色を診断し、色に対する理論だった提案ができるような知識が問われます。資格は、3級、2級、1級と3種類あります。

  • 3級: 色に関する基礎知識が問われる
  • 2級: パーソナルカラーを自分の生活に活かせるレベル
  • 1級: パーソナルカラーのプロフェッショナル向け

3級はエントリーをすると、自宅で、すぐに受験できます。2級と1級は、全国のテストセンターで受験が必要です。

パーソナルカラー実務検定協会 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

  • 3級: ファッションやコスメにおける色の知識
  • 2級: パーソナルカラー4タイプの人の特徴、配色、色の見分け方、色彩の心理的効果
  • 1級: パーソナルカラー診断コスメカラーの見分け方、色の錯覚、配色技法

◆ 資格取得後の仕事

パーソナルカラーアナリスト、美容師、アパレル販売スタッフ、パーソナルスタイリスト

◆ 料金(税込)

  • 3級: 1,100円
  • 2級 : 7,700円
  • 1級: 13,200円

◆ 難易度

  • 3級: 正答率80%
  • 2級: 正答率80%
  • 1級: 正答率90%

◆ 出題形式

CBT試験(コンピューターを設置している全国のテスト)※ 3級は自宅で可

◆ 受験場所

全国の受験会場 ※ 3級は自宅で可

◆ 運営団体

パーソナルカラー実務検定協会

◆ 資格の取得方法

なお、口コミを調べたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

2. 色彩活用パーソナルカラー検定

shikisai-katsuyou-min

一般社団法人日本カラーコーディネーター協会が運営する資格です。パーソナルカラーをビジネスに活用することを目指せます。3級から1級の3つの資格があります。

  • 3級:色を使いこなして、似合う色で、自分をブランディングできる
  • 2級:似合う色でブランディングをするために、アドバイスや提案ができる
  • 1級:色で新しいビジネスモデルを作るスキルが身についている

色彩活用パーソナルカラー検定 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

  • 3級: パーソナルカラーの概要、似合う色の見つけ方、自己表現の方法
  • 2級: 似合う色の判断基準となる色素の捉え方、TPO別のコーディネートの方法
  • 1級: パーソナルカラーの実践と色彩学、パーソナルカラーのコンサルティングの方法論

◆ 資格取得後のキャリア

非公開

◆ 料金(税込)

  • 3級: 5,500円 
  • 2級: 8,800円
  • 1級: 16,500円

◆ 難易度

  • 3級: 満点の70%前後
  • 2級: 満点の70%前後
  • 1級: 満点の70%前後

◆ 出題形式

  • 3級: マークシート
  • 2級: マークシート、記述・配色
  • 1級: マークシート、記述・配色

◆ 受験会場

各会場

◆ 運営団体

一般社団法人日本カラーコーディネーター協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

3. パーソナルカラリスト検定

personal-colorist-kentei-min

一般社団法人日本カラリスト協会が運営する資格です。色彩の歴史や、色彩の理論CUS配色調和理論に関する知識が問われます。

パーソナルカラリスト検定 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

  • 3級: 日本の伝統色色のしくみ、CUS表色系と配色効果、パーソナルカラーの特徴
  • 2級: 染料と染色、混色、色の見え方、配色テクニック、アンダートーンの色相と色調
  • 1級: 実用的な色彩調和理論、CUS表色系17色調、知覚効果、色彩調和の応用

◆ 資格取得後のキャリア

非公開

◆ 料金(税込)

  •  3級: 7,700円
  •  2級: 7,700円
  •  1級: 17,600円

◆ 難易度

  •  3級: 合格率 75%程度
  •  2級: 合格率 70%程度
  •  1級: 合格率 50%程度

◆ 出題形式

  •  3級: マークシート4択
  •  2級: マークシート4択
  •  1級: マークシート4択 ならびに 配色実技+記述

◆ 受験場所

  •  会場の場合は、東京あるいは提携校
  •  WEBあるいは、在宅ペーパーで受検する場合は、自宅

◆ 運営団体

一般社団法人日本カラリスト協会

◆ 資格の取得方法

  •  通学: -
  •  通信講座・在宅: ユーキャン (カラーコーディネートと検索してください)

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

4. パーソナルスタイルアドバイザー

personal-style-advisor-min

国際カラーデザイン協会が運営する資格です。検定方式ではなく、規定の学習プログラムを履修すると認証してもらえます。

具体的には、パーソナルカラーレッスンカラーアナリスト講座パーソナルスタイルアドバイザー講座を受講した後に、国際カラーデザイン協会が主催する講習会を受講すると、認定されます。

パーソナルスタイルアドバイザー 

◆ 問われる内容(学習内容)

講座名 問われる内容(学習内容)の例
パーソナルカラーレッスン 色彩学、色の識別レッスン、自分のパーソナルカラーの診断、コラージュ作り
カラーアナリスト カラーの診断、配色、パーソナルカラー理論、スクラップブック
パーソナルスタイルアドバイザー ファッションアイテム、コーディネート法、スーツのスタイリング

◆ 資格取得後のキャリア

パーソナルカラーアナリスト、パーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント

◆ 料金(税込)

  •  パーソナルカラーレッスン: 15,000円(認証料)
  •  カラーアナリスト講座: 20,000円(認定料)
  •  パーソナルスタイルアドバイザー講座:30,000円(認定料)

◆ 難易度

◆ 出題形式

◆ 受験場所

認定校

◆ 運営団体

国際カラーデザイン協会

◆ 資格の取得方法

  •  通学:認定校(ヒューマンアカデミー 講座一覧 → クリエイティブ系 カラーを選びます)
  •  通信講座・在宅: -

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

https://twitter.com/_pc_mayumi/status/915089761609539584

 

5. パーソナルカラーアナリスト

personal-color-analyst-min

株式会社アイシービーが運営するICBIが認定する資格です。ICBIが提供する講座を受講すると、コース修了の証として、ICBIディプロマが授与されます。

パーソナルカラーアナリスト 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

  • パーソナルカラーの分類、診断時の4つの指針(色相・明度・彩度・清濁)
  • 色の表し方(表色形、マンセル、PCCS、明度・彩度のスケール、等色相面)、色名
  • 配色、色の心理的効果、ファッションのアイデア、シーズン別ファッションと美容
  • 色の視覚効果、混色の種類、色の伝え方、イベント・セミナー時の流れ・時間配分
  • 服装のマナー、色彩戦略、女性のビジネススーツ、ベストカラー診断方法
  • メンズのスーツ、トレンドと流行色、イベント・セミナー時の診断実践
  • ショッピング同行、接客におけるマナー、パーソナルカラー診断実技レッスン

◆ 資格取得後のキャリア

サロンの主宰、セミナー講師業

◆ 料金(税込)

講座費用 246,400円、スワッチセット 7,040円、公式テキスト 2,200円、入学金 33000円

◆ 難易度

◆ 出題形式

◆ 受験場所

銀座

◆ 運営団体

株式会社アイシービー

◆ 資格の取得方法

  • 通学: ICBI 
  • 通信講座・在宅: -

 

6. パーソナルカラープランナー

personal-color-planner-min

一般社団法人日本技能開発協会が運営している資格です。

人の生まれ持った色と雰囲気から、似合う色を見つけて、診断するための知識が問われます。具体的には、色の基礎知識や色彩心理配色パーソナルカラー診断に関する知識が問われます。

パーソナルカラープランナー 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • パーソナルカラーの基礎知識、パーソナルカラーの歴史、パーソナルカラー診断のメリット
  • 色の基礎知識(カラーモデル、色の三属性、色の段階)
  • 色彩心理(色彩のイメージ、トーンのイメージ、色が与える感覚)
  • 配色(配色の比率、配色のポイント)
  • パーソナルカラー診断と方法

◆ 資格取得後のキャリア

ファッション、美容業界

◆ 料金

11,000円(税込)

◆ 難易度

70点以上

◆ 出題形式

択一式、記述式

◆ 受験場所

在宅

◆ 運営団体

日本技能開発協会(JSADA)

◆ 資格の取得方法

  • 通学: -
  • 通信講座・在宅: ラーキャリ (講座一覧 → パーソナルカラープランナーを選びます)

 

7. カラーコーディネーター

color-cordinator-min

東京商工会議所が運営する資格です。スタンダードクラスとアドバンスクラスがあります。

  • スタンダードクラス: 色彩に関する基礎的な知識が問われる
  • アドバンスクラス: ビジネスにおける色彩の活用事例などの知識が問われる

カラーコーディネーター

◆ 問われる内容(学習内容)

クラス 問われる内容(学習内容)の例
スタンダード
  • 生活と色の効用
  • 色を操る方法
  • 配色
  • 光のマジック
  • 背景色を使って色の見え方を変える
アドバンス
  • 色彩と照明
  • 表色系と測色方法
  • 色彩管理
  • 安全色彩
  • 色彩調査手法(色彩分析と心理評価)
  • ファッションカラーメイクアップ、インテリア製品、プロダクツの色彩的特徴

◆ 資格取得後のキャリア

ファッションデザインカラーコンサルタント、商品・パッケージデザイン・商品ディスプレイ、建築・内外装デザイン、広告デザイン、WEBデザイン

◆ 料金(税込)

  • スタンダードクラス: 5,500円
  • アドバンスクラス: 7,700円

◆ 難易度

  • スタンダードクラス: 70点以上
  • アドバンスクラス: 70点以上

◆ 出題形式

インターネット経由での試験

◆ 受験場所

自宅、あるいは会社 (2021年度~2023 年度に限り、CBT を実施)

◆ 運営団体

東京商工会議所

◆ 資格の取得方法

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

8. 色彩技能パーソナルカラー検定

shikisai-ginou-min

NPO法人日本パーソナルカラー協会が運営する資格です。モジュール1、2、3と3種類あります。

  • モジュール1: 色を見極める条件や色の属性、色のものさしや色彩の心理効果配色技法
  • モジュール2: 色を扱うプロとして知識を学び、専門知識を持たない方に、伝える
  • モジュール3: 人にドレープをあて、色による顔の見え方の変化を実技で習得する

色彩技能パーソナルカラー検定 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • モジュール1: 色の特性、パーソナルカラーの知識、指定条件の色と配色の特定
  • モジュール2: 色彩理論、色を見分ける技能と顔の見え方
  • モジュール3: 人にドレープをあて、色による顔の見え方の変化を実技で習得する

◆ 資格取得後のキャリア

未公開

◆ 料金(税込)

  • モジュール1: 7,700円
  • モジュール2: 8,800円
  • モジュール3: 12,100円

◆ 難易度

未公開

◆ 出題形式

未公開

◆ 受験場所

全国にある指定のCBTテストセンター

◆ 運営団体

NPO法人日本パーソナルカラー協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

まとめ

本記事は、パーソナルカラーに関する資格8選の種類と費用、その取得方法をご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめの取得方法が変わります。

 求める内容 おすすめの資格  取得方法 
独学で取得したい パーソナルカラー実務検定協会  公式テキスト  
通信講座で取得したい パーソナルカラープランナー ラーキャリ
通学で取得したい パーソナルカラーアナリスト  ICBI
試験を受けずに、取得したい  パーソナルスタイルアドバイザー ヒューマンアカデミー
幅広く知識を習得したい カラーコーディネーター  キャリカレ

なお、カラーセラピストに関する資格は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ カラーセラピストの資格おすすめ7選の比較!種類・難易度・仕事

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です