how-to-make-shop-card-for-handmade-goods-store-owners

ハンドメイド作家必見!ショップカード・名刺の作り方(見本付き)


ハンドメイド作品を作るようになりましたら、いつでもショップカードや名刺を携帯しておきたいものです。 いろいろな場所で配ることで、ショップのことを知ってもらうことができます。

本記事は、ハンドメイドのショップカード・名刺の作り方、見本をご紹介します。

【参考文献】 ハンドメイドで夢をかなえる 本気で売るために実践すること100
       田中 正志  (著) 2016年

 

1. ハンドメイドのショップカードを作るポイント

recommended-website-600px-min

ハンドメイドのショップカードを作るときのポイントは、3つあります。

  1.  おもて面とうら面に書く内容
  2.  フォントの選び方
  3.  ホームページやブログへの誘導の仕方

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  おもて面とうら面に書く内容

donate-min

ショップカードの第一の目的は、手に取ってもらうことです。

そこで、おもて面には、お客様の興味をひきつけるように、作品の写真をはっきりと見せます。
一方、裏面は、ショップに関する詳細な情報を載せて、読んでもらいます。

ショップカードや名刺にのせたい内容は次の8点です。

  1.  ショップ名や屋号
  2.  作家名
  3.  ホームページ・ブログのURL(QRコード)
  4.  作品の写真
  5.  作品のコンセプトやこだわり
  6.  活動内容(どこのお店で販売しているか、ネット販売はしているのか)
  7.  メールアドレス
  8.  FacebookやTwitterのアカウント

 

1.2 フォントの選び方

checkpoint

フォントはショップカード・名刺の雰囲気に大きな影響を与えます。次の2点を気を付けて、フォントを選んでください。

  1.  ショップのテイストに合わせたものを使います。
  2.  読みやすいフォントを選びます。

読みやすいフォントを選ぶときには、新聞や雑誌などで使われる汎用性の高いフォントが有効です。明朝体、ゴシック体、Serif、San Serifから選ぶのがお勧めです。

 

1.3 ホームページやブログへの誘導の仕方

laptop-600px-min

ショップカードから、ホームページやブログに誘導することも重要です。ホームページやブログを見てもらうためには、お客様にURLを手入力してもらうのは大変です。

そこで、ショップカードにはQRコードを載せましょう。

なお、QRコードを作るときには、「QRコード作成」と検索をすれば、いくつものサイトやアプリが表示されます。 かんたんに作れますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

2. ショップカードの作り方

personal-computer-600px-min

ハンドメイド作家が、ショップカードを作るときには、テンプレートを使うのが便利です。 ショップカードのデザインを無料で利用でき、見本としても参考になります。

3種類のテンプレートサイトがあります。

◆ ラクスル

shopcard-template

経産省のJ-Startup(*1)に選ばれたラクスルが提供するショップカード向けのテンプレートです。シンプルなバージョンやかわいいテイストなど、80件のテンプレートが無料で利用できます。

ショップカード・名刺のテンプレート (「名刺」をクリックします)

*1:出典 首相官邸HP シェアリングエコノミー促進に向けた 経済産業省の取組  P2

◆ ビスタプリント

vistaprint

小ロットでの印刷が得意なビスタプリントのテンプレートです。3,000種類以上のテンプレートがあります。

ビスタプリントのテンプレートを見る (「無料デザインを使いたい方」をクリックします)

◆ Whoo

whoowhoo-templage

世界中のデザイナーが作ったテンプレートが利用できるサイトです。ショップに特化したテンプレートもあり、こだわりのショップカードを作るときには便利です。

whoo

また、ショップカードを作るときにシンプルに作り上げるのも一つですが、 背面のデザインを可愛らしいテイストにしたい場合などには、イラストサイトを利用してみてもいいです。

illustac

イラストACというサイトがあり、無料でさまざまなテイストのイラストをダウンロードできます。「ショップカード」で検索するとお洒落なイラストが多数でてきます。無料で使えますので利用してみてください。

イラストAC

 

3. ショップカードの印刷方法

crowdsourcing-600px-min

最初のうちは、家庭のパソコンで印刷するのも一つかとは思います。 ただ、40枚~50枚以上を印刷するようでしたら、印刷通販会社を使った方が インク代や最後の仕上がりなどを考えると、やすく作れます。

印刷通販会社としては、代表的なサービスは、 ラクスルプリントネットが便利です。ぜひ試してみてください。

まとめ

本記事は、ハンドメイドのショップカード・名刺の作り方をご紹介しました。 ショップカードを作るときには、パッと目にはいって、おもわず手に取りたくなるような デザインにすることがお勧めです。 新しい素敵なショップカード作りに挑戦をしてみてください。

なお、ハンドメイドの方向けに販売や運営に役立つ情報を下記記事にまとめています。

【参考記事】 ・ ハンドメイド作品の販売方法!知らないと損をする5つの売り方
       ・ ハンドメイドのサイトを比較!販売サイトを選ぶのに必要な知識
       ・ ハンドメイド作家の開業!後悔しないために必要な11の知識
       ・ ハンドメイドサイトの作り方!上手に作品を売るための知識
       ・ 名刺のテンプレート5選!パワーポイントで簡単に作る方法!

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です