how-to-sell-handmade-products-for-beginners

ハンドメイド初心者の販売方法!おすすめの12のWebサイト・イベント・店舗


ハンドメイドの初心者にとって、どのような販売方法がおすすめでしょうか。

インターネットの販売サイトに出品する。自前のネットショップを作る。イベントに出店する、実店舗で委託販売するなどの販売方法があります。

それぞれの販売方法のメリット、デメリットは何でしょうか。また、初心者にとってベストな販売方法はどれでしょうか。

本記事は、ハンドメイドの初心者におすすめの12の販売方法を紹介します。

【参考文献】 ハンドメイドで夢をかなえる 本気で売るために実践すること100
       田中 正志  (著) 2016年

 

ハンドメイド初心者におすすめの販売方法

easy

ハンドメイドの初心者が作品を販売するには、大きく4つの方法があります。

  1.  販売サイト(minne、クリーマ、iichi、tetote)
  2.  ネットショップ(BASE、Stores.jp)
  3.  ハンドメイドイベント(デザインフェスタ、ヨコハマハンドメイドマルシェ)
  4.  実店舗(デザインフェスタギャラリー、ハンズギャラリーマーケット、つばめ工房)

それぞれの特徴と代表的なサービスをご紹介します。

 

1. 販売サイト

sns-600px

ハンドメイド作品に特化した販売サイトを利用します。

◆メリット

  •  かんたんに商品ページを作れる。
  •  無料で商品を出品できる。

◆デメリット

  •  多数の作品が掲載されているので、商品ページの作り方に工夫が必要である。
  •  商品を手に取らずに買うため、トラブルが起きやすい

◆ 代表的な販売サイト

minne

ハンドメイド作品の販売サイトです。手作りの雑貨やアクセサリーなどを販売できます。

  • 月額料金:0円
  • 販売手数料:10%

minne

それ以外のハンドメイド販売サイトは別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ミンネの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】
       ・ ハンドメイド販売サイトの比較【2018年版】

2. ネットショップ

pc-600px-min

ハンドメイド作品を自前のネットショップで販売します。自前のショップを持つことで、ブランディングできたり、顧客データを得られます。

◆メリット

  •  無料で作れるため、手軽に始められます。
  •  手数料などを安く抑えられます。

◆デメリット

  •  集客に時間がかかる。
  •  商品を手に取らずに買ってもらうため、トラブルが起きやすくなる。

◆ 代表的なネットショップ作成ツール

base

無料でネットショップを作れます。50万店舗の利用者がおり、ハンドメイド作家も多数使っています。おしゃれなホームページをかんたんに作れます。

  •  月額料金:0円
  •  販売・決済手数料:6.6%+40円

BASE

stores-top

無料でネットショップを作れるサービスです。700,000人の利用者がおり、手軽にネットショップを作れます。ハンドメイド作家の利用者も多いです。

stores-handmade

  •  月額料金: 0円(フリープラン)、月額1,980円(スタンダードプラン)
  •  販売・決済手数料:5%(スタンダードプランは3.6%)

STORES.jp

【参考記事】 ・ BASEの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】
       ・ STORESの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

 

3. ハンドメイドイベント

handmade-event

全国で開催されているハンドメイドイベントに参加して、ハンドメイド作品を販売します。お客さまと交流し、作品を手に取ってもらえるので、お客様の反応を直に把握できます。

◆メリット

 ・ お客様と交流できます
 ・ 作品を手に取ってもらえるので、トラブルが起きにくくなります

◆デメリット

 ・ イベント会場への移動や搬入などで時間とお金がかかります

◆ 代表的なハンドメイドイベント

デザインフェスタ

design-festa

MOTTAINAIてづくり市

mottainai

ヨコハマハンドメイドマルシェ

yokohama

&SCENE手創り市

andscene

 

4. 委託販売できる実店舗

furniture-shop

実店舗に作品を置かせてもらって販売を委託します。接客のプロが販売してくれますので、お客様も安心して作品を買ってくれます。また、委託先が有名なショップであれば、知名度も上がり、イメージアップにつながります。

◆メリット

 ・ 作品作りに専念できます
 ・ 接客のプロが販売をしてくれます

◆デメリット

 ・ 委託販売の手数料が発生します

◆ 代表的な委託販売できる実店舗

デザインフェスタギャラリー

designfestagallery

ハンズギャラリーマーケット

handgellery

つばめ工房

tsubame

 

まとめ

本記事は、ハンドメイドの初心者にオススメの4つの販売方法と、そのメリット・デメリット、具体的なサービス・イベントなどをご紹介しました。

出品の手間や初期費用などを考慮にいれると、販売サイトネットショップがおすすめです。とくに、クリーマminneBASESTORES.jpなどが大手であり、集客力もあります。

一方、お客様の反応をチェックしたい場合には、イベントへの出展などもおすすめです。なお、ハンドメイド作家として開業する方法、作品を販売する方法を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ハンドメイド作品を販売する5つのコツ!人気作家が守る5つの秘訣
       ・ ハンドメイド作家必見!ショップカードの作り方
       ・ ハンドメイド作家の開業!後悔しないために必要な11の知識
       ・ ハンドメイドサイトの作り方!上手に作品を売るための知識
       ・ ハンドメイド作品の販売方法!知らないと損をする5つの売り方
       ・ ハンドメイド作家の確定申告の条件と申告方法!6つのステップで申告

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です