how-to-start-side-business-for-illustrators

イラストレーターで副業をする方法!登録したいおすすめのサイト14選


イラストレーターで副業をするには、どのような方法で始めるのがいいでしょうか。

仕事を見つけるためにマッチングサイトに登録したり、インターネットでイラストを売るために、イラスト販売サイトを利用する方法があります。

ほかにも、オリジナルグッズを売る方法や、自前のネットショップでイラストを売る方法もあります。そこで、イラストレーターが副業をするときに、知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、イラストレーターで副業する方法や、登録したい14のサイトをご紹介します。

 

1. マッチングサイト

matching-website

イラストの仕事を発注する企業や個人とマッチングするサービスを利用します。顔を合わせることなく、インターネット上で仕事のやり取りができます。

始め方としては、2つのパターンがあります。

  •  イラストレーターがプロフィール実績などを登録をし、発注者が仕事を依頼する
  •  発注者が依頼内容や報酬、条件をサイトに掲載し、イラストレーターがコンペをする

マッチングサイトを利用するメリットとデメリットをまとめました。

◆ メリット

  •  匿名なので本業に支障がでない
  •  手軽に始められる

◆ デメリット

  •  発注者と連絡がとれなくなる場合がある
  •  システム利用料が高い(20%近く)

おすすめのサイトを3つご紹介します。

 

1.1 SKIMA

skima

個人のイラストレーターが、イラスト似顔絵などを販売できるサイトです。商品を出品すると
購入を申請されるので、購入者とメッセージのやり取りをしながら、制作、納品をします。

◆ 基本情報

  •  販売できる商品: SNSのアイコン、ゲーム&TRPGイラスト、表紙や挿絵、漫画、似顔絵
  •  出品料: 無料
  •  手数料: 10~20%

SKIMA

【参考記事】 ・ SKIMAの使い勝手と評判!使い方や手数料、支払い方法を紹介!

 

1.2 ココナラ

coconala

自分のスキル得意を販売できるサイトで、イラスト似顔絵漫画を販売できます。

販売する実績数や評価などに応じて、ランクアップする制度があり、ランクが上がると、単価を上げやすくなります。

◆ 基本情報

  •  販売できる商品: アイコン、似顔絵、漫画、キャラクター、LINEスタンプ、ウェルカムボード
  •  出品料:無料
  •  手数料:10~25%

ココナラ

【参考記事】 ・ ココナラの使い勝手を評価!手数料や使い方、評判を徹底紹介【2019年】

 

1.3 ランサーズ

lancers

日本最大級のクラウドソーシングです。依頼の価格の単価が高めな場合が多く、依頼価格は3万円~5万円の案件が多くあります。

◆ 基本情報

  • 販売できる商品: ロゴ、オリジナルキャラクター、LINEスタンプ、チラシ、名刺
  • 出品料: 無料
  • 手数料: 10~25%

ランサーズ

【参考記事】 ・ クラウドワークスとランサーズを比較!どっちがおすすめか【2019年】

 

2. イラストの販売サイト

website-for-selling-illustrations

パンフレットやチラシ、ホームページなどに利用するイラストを登録・販売できます。作品がダウンロードされるごとに報酬が入ります。検索されやすいようにタグのつけ方が重要となります。

イラストの販売サイトのメリット・デメリットをまとめました。

◆ メリット

  •  匿名なので本業に支障がでない
  •  自分のペースで始められる

◆ デメリット

  •  イラストを販売したときの報酬が安い
  •  イラストが全く売れない場合もある

おすすめのサイトを3つご紹介します。

 

2.1 イラストAC

illustac

80万人以上の方が利用するイラストの素材サイトです。イラストの発表の場として活用する方や、
投稿したイラストから、イラスト作成の仕事を受けることもあります。

◆ 基本情報

  •  出品料:無料
  •  イラストダウンロード毎に3.56円

イラストAC

 

2.2 ピクスタ

pixta

30万人以上のクリエイターが利用しており、4,000万点以上の素材が販売されています。人物やビジネス、生物やモノ、風景、素材のイラストを販売できます。

◆ 基本情報

  •  出品料:無料
  •  コミッション率:22~42%

ピクスタ

【参考記事】 ・ PIXTA(ピクスタ)の使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.3 shutterstock

shutterstock

米国発の素材サイトで、ベクター画像イラストなどを販売できます。著作権はそのままで、非独占的なライセンスで、世界中に素材を販売できます。

◆ 基本情報

  •  出品料:無料
  •  コミッション率:最大30%

shutterstock

【参考記事】 ・ Shutterstockの使い勝手と評判!便利な点と不便な点、料金を解説!

 

3. コンテスト

contest-for-illustration

イラストレーターの団体や業界誌、ギャラリーなどが主催となって、「絵本」「装画」といったテーマで募集されています。コンテストに受賞をすることで、仕事を得られる道が開けます。

コンテストに応募するメリット・デメリットをまとめました。

◆ メリット

  •  入賞することで、展覧会グループ展を開催できる場合もある
  •  知名度を高める可能性がある

◆ デメリット

  •  短期的に収入が増えるとは限らない

おすすめのサイトを3つご紹介します。

 

3.1 ザチョイス

choise

イラストレーション誌「イラストレーション」が主催する誌上コンペです。毎号異なる審査員が、応募作品の中から入賞作品を選びます。年6回の全入選作品から年度賞を選びます。

プロ、アマに関わらず、応募できます。

ザチョイス

 

3.2 ペーターズギャラリーコンペ

paters

イラストレーターのペーター佐藤氏にちなんで、人物を題材にしたイラストレーションでコンペを開催しています。年1回、毎年6月に応募を受け付けています。

ペーターズギャラリーコンペ

 

3.3 ピンポイント絵本コンペ

pinpoint

絵本作家の育成を目的に始まった絵本コンペです。オリジナル、未発表の絵本作品を募集しており、プロ・アマを問わずに応募できます。

ピンポイント絵本コンペ

 

4. オリジナルグッズ

website-for-selling-original-goods

自分の作品を使って、オリジナルグッズを作り、販売できます。在庫がなくても始められるサービスがあります。マスキングテープポストカードTシャツやスマホケース、マグカップ、エコバックなどを売れます。

オリジナルグッズを販売するメリット・デメリットをまとめました。

◆ メリット

  •  イラストだけでなく、モノになる楽しみがあります

◆ デメリット

  •  他の商品に埋没する可能性があります

おすすめのサイトを3つご紹介します。

 

4.1 SUZURI

suzuri

自分で作ったイラストをアップロードすることで、オリジナルのTシャツトートバッグ、マグカップなどを作れます。注文を受けてから作るので、在庫を気にする必要もなく、また好きな価格で販売できます。

SUZURI

 

4.2 UTme!

utme

ユニクロのTシャツやスウェット、トートバッグなどに自分のイラストを使って販売できます。
デザイン費は、1枚につき出品者が設定した300円~1500円で報酬をもらえます。

UTme!

 

4.3 ClubT

clubt

無料でオリジナルグッズを販売できます。TシャツやiPhoneケース、スマホの手帳型のレザーケースや、USBメモリ、モバイルバッテリー、タンブラー、マグカップ、エプロンなどを売れます。

なお、報酬は自由に設定できます。

ClubT

 

5. ネットショップ

online-shop

イラストや絵を独自のネットショップで売ります。自前のネットショップを持つため、デザインにもこだわれます。

また、初期費用や月額費用が無料なため、低リスクで始められます。さらに、イラストや絵を売るときの販売手数料が低く、利益が出やすくなります。

◆ メリット

  •  独自のデザインでネットショップを作れます
  •  手数料が安いです

◆ デメリット

  •  自力で集客する必要があります

おすすめのサイトを2つご紹介します。

 

5.1 STORES.jp

stores-top-1

無料で作れるネットショップ作成ツールです。毎月1万店舗増えています。無料で使えるデザインテンプレートが24種類もあり、HTMLの知識がなくても、おしゃれなネットショップを作れます。

登録できるアイテム数に上限がないため、いくらでも商品を掲載できます。

◆ 基本情報

  •  初期費用: 無料
  •  月額費用: 無料
  •  手数料: 3.6%~5%

STORES.jp

 

5.2 BASE

base

無料で作れるネットショップで80万人ちかい方が利用しています。11種類のテンプレートがあり
HTMLによる編集もできます。

カスタマイズしたい方にとっては、便利なネットショップ作成ツールです。ダウンロード販売にも対応しており、デジタルコンテンツも販売できます。

◆ 基本情報

  •  初期費用: 無料
  •  月額費用: 無料
  •  手数料: 6.6%+40円

BASE

 

まとめ

本記事は、イラストレーターで副業する方法や、登録したいサイトをご紹介しました。

おさらいをすると、副業する方法により、登録しておきたいサイトが変わります。

副業の方法 登録したいサイト
マッチングサイトで仕事を探す SKIMAココナラランサーズ
イラストの販売サイトを使う イラストACピクスタshutterstock
コンテストに応募する ザチョイスペーターズギャラリーピンポイント絵本コンペ
オリジナルグッズを売る SUZURIUTme!ClubT
ネットショップで売る STORES.jpBASE

なお、イラストや絵の売り方、イラストレーターの独立の仕方については、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ イラストや絵を販売できるサイト!おすすめの11のサイトをご紹介
       ・ フリーランスのイラストレーターが登録したいサイト!おすすめ20選
       ・ イラストを学べるスクールや講座!おすすめ7選を比較(料金表付き)

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です