how-to-use-selecttype-min

SelectTypeの使い方と評判!料金・決済手数料・機能の概要


SelectTypeは、予約フォームを作れるシステムですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

無料で予約フォームを作れるだけでなく、イベントの告知ページやアンケートフォームを作れます。さらに、メルマガを発行したり、Web上での決済にも対応しています。

一方で、4.6%決済手数料が発生する点と、電話によるサポートを受けられない点は注意が必要です。そこで、SelectTypeを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、SelectType(セレクトタイプ)の評判や口コミ、料金や使い方をご紹介します。

 

1. SelectTypeのメリット

advantage-of-selecttype

SelectType(セレクトタイプ)の便利な点、メリットは、6つあります。

  1.  予約画面を簡単に作れる
  2.  テンプレートが豊富にある
  3.  イベントの告知ページを作れる
  4.  アンケートフォームを作れる
  5.  メルマガを配信できる
  6.  無料で始められる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 予約画面

reservation-screen-of-selecttype

SelectType(セレクトタイプ)は簡単に予約画面を作れます。具体的な手順を紹介します。

(手順1) SelectTypeの画面から、「無料で始める」(赤枠)を選びます。

selecttype-start-min

SelectType

(手順2) メールアドレスと設定するパスワードを登録します。

selecttype-login-min

(手順3) 登録したメールアドレス宛てのURLをクリックすると、管理画面が表示されます。

selecttype-management-screen-min

(手順4) 左上の予約フォームから「新しく作成する」を選びます。

selecttype-management-reservation-page-make1-min

(手順5) 好みのテンプレートを選びます。

selecttype-management-reservation-page-make2-min

(手順6) テンプレートの内容を確認し、「このテンプレートで作成」を選びます。

selecttype-management-reservation-page-make3-min

(手順7) 作成された予約フォームの「設定」を選びます。

selecttype-management-reservation-page-make4-min

(手順8) 予約の受付タイプ繰り返しのルールを設定できます。

selecttype-management-reservation-page-make5-min

(手順9) 予約の申し込み可能件数や、予約フォームの表示を設定できます。

selecttype-management-reservation-page-make6-min

以上で、予約画面が作成できます。

なお、Twitterで口コミを確認してところ、実際に利用している方も、簡単に予約画面が作れるとのコメントをしている方がいました。

https://twitter.com/yokoyoko366/status/1355668703111593984

 

1.2 テンプレート

selecttype-template

SelectTypeは、教室イベント、サロンや病院などの予約フォームを簡単に作れるテンプレートがあります。4種類のテンプレートがあります。

◆ SelectTypeのテンプレート

  1.  教室・イベントタイプ: 時間割の様に、カレンダーで予約ができる
  2.  営業時間受付タイプ: 受付の開始終了時刻を設定し、その範囲で予約できる
  3.  宿泊施設タイプ: 宿泊の予約ができる
  4.  スタッフ指名タイプ: スタッフの指名ができる

例えば、教室・イベントタイプは、87種類のテンプレートがあります。教室・塾、セミナー、旅行、法律事務所の予約に使えます。

selecttype-template1-min-min

営業時間受付タイプは、美容院病院、飲食店、貸会議室などで利用できます。

selecttype-template2-min-min

次に、宿泊施設タイプは、ビジネスホテルや民泊、民宿などに利用できます。

selecttype-template3-min

最後に、スタッフ指名タイプは、整体師マッサージ、ネイルサロンなどに利用できます。

selecttype-template4-min-min

 

1.3 イベントの告知

event-notification

SelectTypeは、予約だけでなく、ホームページも作れます。例えば、イベントの告知などにも使えます。

(手順1) SelectTypeの管理画面から、「イベントを作成」を選びます。

selecttype-event-min (1)

(手順2) 好みのテンプレートを選びます。

selecttype-event-template-min

(手順3) 「このテンプレートで作成」を選びます。

selecttype-event-template-details-min

(手順4) イベント内容会場情報を入力します。

selecttype-event-template-details1-min

(手順5) スピーカー情報を入力します。

selecttype-event-template-details2-min

(手順6) タイムテーブル持ち物情報を入力します。

selecttype-event-template-details3-min

(手順7) 質問の受付や、申し込みの締め切り日定員などを入力します。

selecttype-event-template-details4-min (1)

(手順8) 料金決済情報を入力します。

selecttype-event-template-details5-min (1)

以上で、イベントの告知ページが作れます。

 

1.4 アンケートフォーム

questionnaire

SelectTypeは、手軽にアンケートフォームを作れます。

(手順1) SelectTypeの管理画面から、「アンケートを作成」を選びます。

selecttype-suervey-make-min

(手順2) 好みのテンプレートを選びます。

selecttype-suervey-template-min

(手順3) 「このテンプレートで作成」を選びます。

selecttype-suervey-template-make1-min

(手順4) 開始のメッセージ質問内容を更新します。

selecttype-suervey-template-make2-min

(手順5) 追加で質問を作りたいときは、テキスト複数選択、画像選択などから選びます。

selecttype-suervey-template-make3-min

(手順6) 終了メッセージボタンの要否、リンク先などを登録します。

selecttype-suervey-template-make4-min (1)

以上で、アンケートフォームを作れます。

 

1.5 メルマガ

mail-magazine-delivery

SelectTypeは、メルマガを配信できます。

(手順1) SelectTypeの管理画面から、「新しく配信予約をする」を選びます。

selecttype-mail-magazine-min (1)

(手順2) 件名本文配信時間を設定します。

selecttype-mail-magazine-make-min

以上で、登録されている読者にメルマガを配信できます。

なお、メルマガの書き方については、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ メルマガを初心者が始める9つの手順!テーマ決め、送り方、読者の集め方

 

1.6 料金

fee

SelectTypeの料金プランは4つあります。

プラン フリー ベーシック プロフェッショナル プレミアム
月額費用(税込) 無料 1,650円 3,300円 11,000円
予約フォーム 10個 30個 50個 250個
予約受付期間 7日後 30日後 90日後 366日後

無料からお試しで使えるので、操作性などを確認してから、有料版を利用するか判断するのも一つです。

 

2. SelectTypeのデメリット

disadvantage-of-selecttype

前章では、SelectTypeの評判の良い点をご紹介しました。次に、SelectTypeのデメリットをご紹介します。

  1.  決済手数料が4.6%~かかる
  2.  電話によるサポートを受けられない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 決済手数料

payment-fee-of-selecttype

SelectTypeは、予約時点で決済をするためには、Stripeを利用する必要があります。また、決済をするときには、手数料が発生します。

◆ 料金プランごとの決済手数料

プラン フリー ベーシック プロフェッショナル プレミアム
月額費用 無料 1,500円 3,000円 10,000円
決済手数料 5.6% 4.9% 4.6% 4.6%

なお、利用できるクレジットカードは、VISA、MasterCard、AMEX、JCB、Diners、Discoverとなります。

 

2.2 電話

tel-support

SelectTypeは、電話によるサポートは受け付けていません。そのため、操作の不明点や、予約ができないなどの問題が生じた場合には、問い合わせフォームを利用する必要があります。

そのため、電話によるサポートを受け付けたい場合には、他の予約システムを利用する必要があります。

【参考記事】 ・ RESERVA(レゼルバ)の口コミと評判!使い方や料金・登録方法
       ・ STORES予約(旧、クービック)の口コミと評判!使い方や料金

 

まとめ

本記事は、SelectTypeの使い勝手と評判をご紹介しました。

おさらいをすると、SelectTypeのメリットは6点あります。

  1.  予約画面を簡単に作れる
  2.  テンプレートが豊富にある
  3.  イベントの告知ページを作れる
  4.  アンケートフォームを作れる
  5.  メルマガを配信できる
  6.  無料で始められる

一方、SelectTypeのデメリットは、2点あります。

  1.  決済手数料4.6%~かかる
  2.  電話によるサポートを受けられない

そのため、次のような方には、SelectTypeはおすすめです。

  •  ネット予約の仕組みを低コストで導入したい
  •  顧客にメルマガを送りたい
  •  アンケートフォームを作りたい

一方、次のような方には、SelectTypeはおすすめできません。

  •  電話によるサポートを受けたい

なお、他の予約システムについては、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 無料の施設予約システムおすすめ7選を比較(クラウド、オープンソース)
       ・ LINEを使った予約システムおすすめ7選を比較(無料あり)

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です