how-to-make-homepage-for-restaurant

メルマガの書き方 ~かんたんに書ける!8つの例~

Pocket

メルマガの担当者に抜擢されたときに「一体何を書けばいいのか」「どう書けばいいのか」頭を悩ますことはないでしょうか。

他の業務もこなしながら、メルマガの文章を書き続けるのは大変なことです。

本記事では、誰でもかんたんにメルマガを書けるための8つの例をご紹介します。

【参考文献】ネット集客での売上に直結する 見込み客リスト(メールアドレス)の集め方・使い方
      望月高清  (著) 2014年

 

 1. メルマガのコンテンツを、2~3つのコンテンツに分ける

長い文章を書くのは大変です。そして、読者も読むのが負担になります。
そこで、1つのメルマガを2~3つのコンテンツに分けて作る方法があります。

2~3つとコンテンツを分けることで、自然と1つ当たりの文章は短くなります。伝えたいことを短い文章にまとめることで、メリハリがでて、読者にとってわかりやすくなります。

また、参考となる文例を別記事にまとめています。ぜひご活用ください。

 2. コンテンツの1つを、季節毎に紹介する商品用とする

1年を通じて、各季節で売り出す商品のイベントやキャンペーンがあるかと思います。
これらの商品を売り出す前に、事前にメルマガの記事として用意しておきます。

イベントの1、2か月前にはメルマガの文章を作っておきます。
そうすることで、慌てずに準備を進めることができます。

1年を通じて行う季節の催しやキーワードが思いつかない場合には、
別記事にまとめました。ぜひご活用ください。

 

 3. メルマガの切れ目のいい回数で記念イベントを行う

10回、20回、・・・100回など、メルマガを送った切れ目のいい回数で、記念のイベントを開催します。たとえば、

「祝!メルマガ創刊50号記念!全商品50パーセントOFF!」
「メルマガ創刊100回記念! 100名様に記念プレゼント」といった具合に、メルマガの会員限定でお得な情報を提供します。

さらに事前にお得な情報をホームページやブログなどに告知することで、一気にメルマガの読者を増やすこともできます。

 

 4. 店長やスタッフの紹介をする

メルマガで、店長やスタッフの紹介をします。店長やスタッフの自己紹介や、最近うれしかったニュースなどを書きます。どんな思いで商品を作っているかを紹介することで、お店への愛着をもってもらうことができます。

さらにこの方法は、メルマガの記事の一部を他のスタッフにも割り振れますので、記事を作成する負担が軽くなります。

 

 5. お客様の声を紹介する

お客様から頂いた声などを紹介します。お客様から頂いた声に、お店からノウハウなどを加えることでより説得力が増します。

例えば、「プリンが美味しかったです」という感想に対して、「当店のプリンが美味しいのは
こだわりの卵を使って・・・」といったノウハウを補足することで、読者に伝わりやすくなります。

第三者の声であるお客様の声と、それを裏付けるノウハウを提供することで、より商品に対する信頼感を高めることができます。

 

 6. お客様からよくある質問を紹介する

お客様からのよくある問合せ内容を紹介し、回答します。お客様が問い合わせる内容は、他のお客様も聞いてみたい質問である場合が多いです。

お客様の疑問を解消することで、商品を購入しようという背中を押すきっかけにもなります。そこで、メルマガを通じて、よくある問合せ内容とその回答を伝えます。

 

 7. 店舗からのお知らせを伝える

1年を通じてお店からお客様への連絡事項はあります。年賀の挨拶、年末の挨拶、ゴールデンウィークやお盆時期の休業情報、臨時休業の挨拶などを告知します。

 

 8. メルマガのテンプレートや例文を利用する

メルマガのテンプレートや例文集を使います。
当ブログでも、メルマガのテンプレートや例文集をまとめた記事がありますので
ぜひ、参考にしてみてください。

【参考記事】

 まとめ

本記事ではメルマガを簡単に書くための8つの例をご紹介しました。
参考になれば幸いです。

なお、メルマガの書き方始め方システムの比較を下の記事にまとめています。
ぜひご覧ください。

メルマガ作りの参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です