reputation-of-airpay

エアペイの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!【2019年】

Pocket

エアペイは人気のモバイル決済サービスですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

初期費用や月額費用が無料で、手軽に導入できます。また、クレジットカード電子マネーなど多様な決済方法に対応しています。さらに、振込回数が月6回と多く、支払いサイクルが短いです。

一方で、アンドロイド端末には対応していない点と、複数店舗で利用する場合には注意が必要です。そこで、エアペイを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、エアペイの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. エアペイの便利な点

merits-of-airpay

エアペイの便利な点は、5つあります。

  1.  初期費用、導入費用、振込手数料が無料
  2.  多様な決済方法に対応できる
  3.  サポートが充実している
  4.  支払いサイクルが短い
  5.  対応しているプリンターが豊富である

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 手数料

fee-of-airpay

決済サービスを導入する場合に、大別すると5種類の費用が発生します。なお、他の決済サービスである楽天ペイと比較をして、その違いをご紹介します。

◆ エアペイの導入費用とランニングコスト

    エアペイ (参考)楽天ペイ
初期費用 カードリーダー代 0円 18,800円
  ソフトの初期費用 0円 0円
月額費用 ソフトの月額費用 0円 0円
  決済手数料 3.24% 3.24%
  振込手数料 0円 0円(楽天銀行)210円(その他)

エアペイは、カードリーダーを含めた初期費用が発生しないばかりか、月額の運用コストも発生しません。低リスクで決済サービスを導入できます。

 

1.2 豊富な決済方法

payment-method-of-airpay

エアペイは、クレジットカード決済と交通系の電子マネー、ApplePayなど、豊富な決済方法に対応できます。

種類 決済方法 手数料
クレジットカード VISA、Mastercard、American Express 3.24%
  JCB、Diners Club、Discover 3.74%
交通系電子マネー Suica、PASMO、ICOCA、manaca、toICa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、Kitaca 3.24%
  iD、QUICPay 3.74%
QRアプリ Alipay、WeChat Pay、LINE Pay、d払い 3.24%

 

1.3 サポート

tel-support-of-airpay

アプリにログインできなくなったり、ネットワークエラーが表示して、利用できなくなる
などのトラブルが起きた場合に、迅速に対応してもらえると助かります。

エアペイは、電話によるサポートがあり、年中無休で対応してもらえます。9:30~23:00までと、深夜近くまで対応してくれるため、営業時間中にトラブルが起きても迅速に対応してもらえます。

 

1.4 支払いサイクル

cash-cycle-of-airpay

一般的には、月2回締めで15日後払いが多いですが、エアペイは、振込回数が月3~6回と多いため、支払いサイクルが短いため助かります。

金融機関 振込回数
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行 月6回
それ以外 月3回

 

1.5 プリンター

how-to-reduce-opening-expenses-for-a-restaurant

エアペイは対応しているプリンターが豊富にあります。

分類 製品名 大きさ 重量
モバイルレシートプリンター セイコーインスツル MP-B20 79(W)×110(D)×44(H)mm 180g
  セイコーインスツル DPU-S245 83(W)×130(D)×45(H)mm 280g
  スター精密 SM-S210i 80(W)×114(D)×44(H)mm 217g
  エプソン TM-P60Ⅱ 103(W)×159(D)×65(H)mm 613g
レシートプリンター(据置) セイコーインスツル RP-D10 129(W)×129(D)×129(H)mm 0.85kg
  スター精密 TSP654ⅡBi 142(W)×203.5(D)×132(H)mm 1.6kg
  エプソン TM202B 140(W)×199(D)×148(H)mm 1.7kg

 

2. エアペイの不便な点

demerits-of-airpay

前章では、エアペイの便利な点をご紹介しました。次に、評判と異なり、エアペイの不便な点をご紹介します。2点あります。

  1.  アンドロイド端末には未対応である
  2.  複数店舗で契約する場合は、個別に契約が必要である

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 アンドロイド

available-devices-of-airpay

エアペイのアプリを利用するためには、iPad、iPhoneが必要となります。
そのため、Apple製品を持っていない場合には、別途、iPhone、iPadを購入する必要があります。

種類 利用可能な端末 OS
iPad iPad第4世代 ~ iOS10.x
  iPad第5世代、第6世代 ~ iOS12.x
  iPad Air、iPad Air2 ~ iOS12.x
  iPad mini2、iPad mini3、iPad mini4 ~ iOS12.x
  iPad Pro第1世代、iPad Pro第2世代 ~ iOS12.x
iPhone iPhone 5、iPhone 5c ~ iOS10.x
  iPhone 5s、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 plus、iPhone 6s、iPhone 6s plus、iPhone 7、iPhone 7 plus、iPhone 8、iPhone 8 plus、iPhone X ~ iOS12.x
  iPhone XS、iPhone XS Max ~ iOS12.x

 

2.2 複数店舗

shops-of-airpay

エアペイは、複数店舗で契約する場合は、店舗分の契約が必要となります。
そして、契約を行うためには、4点を伝える必要があります。

  •  ご利用口座
  •  店舗名
  •  店舗住所
  •  取り扱い商品(業種)

そのため、上記4点の情報が異なる場合には、利用店舗分の申し込みと書類を提出する必要があります。

 

まとめ

本記事は、エアペイの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他の決済サービスについては、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2019年】
       ・ エアレジとスクエアを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い【2019年】
       ・ エアレジの使い勝手と評判!メリットとデメリットを徹底比較!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です