reputation-of-lsv

リトルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

Pocket

リトルサーバーは人気のレンタルサーバーですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額150円で20GBのディスク容量を利用できます。最安のプランでも3個のデータベースを作れ、無制限にドメインを登録できます。さらに、自動でデータをバックアップしてくれます。

一方で、電話によるサポートがない点WordPressのインストールが難しい点は注意が必要です。そこで、リトルサーバーを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、リトルサーバーの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. リトルサーバーの便利な点

advantage-of-lsv

リトルサーバーの便利な点は、4つあります。

  1.  格安で利用できる
  2.  自動でデータをバックアップできる
  3.  複数のデータベースを作成できる
  4.  独自ドメインを登録できる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  料金

advantage-of-lsv-is-reasonable-fee

リトルサーバーは、月額150円から利用できます。さらに、4つの料金プランがあります。

プラン ミニ リトル ビッグ ヘビー
月額料金 150円 250円~ 430円~ 3,980円~
容量 20GB 60GB 120GB 500GB
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限

他の格安のレンタルサーバーと比べても魅力的です。
ご参考までに2つのレンタルサーバーの料金プランをご紹介します。

◆ さくらのレンタルサーバーの料金プラン

プラン ライト スタンダード プレミアム ビジネス
月額料金 129円 515円 1,543円 2,571円
容量 10GB 100GB 200GB 300GB
マルチドメイン 20個 20個 30個 40個

◆ バリューサーバーの料金プラン

プラン まるっと エコ スタンダード ビジネス
月額 133円 167円 334円 1,667円
ディスク容量 25GB 50GB 100GB 400GB
マルチドメイン 3個 25個 無制限 無制限

【参考記事】 ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
       ・ バリューサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

1.2  自動バックアップ

advantage-of-lsv-is-auto-backup-service

リトルサーバーは、どの料金プランでも7日分のデータを自動でバックアップしてくれます。さらに、データを復旧する場合にも無料で対応してくれるのが助かります。

他のレンタルサーバーのなかには、自動でバックアップしないサーバーもありますし、バックアップを取得してもデータを復旧するのに有料となる場合が多いです。

【参考記事】 ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

1.3 データベース

advantage-of-lsv-is-to-make-multi-database

WordPressやMovableTypeなどのソフトをインストールする場合には、データベースを作る必要があります。また、検証環境などを作成する場合には、2つ以上のデータベースが作れるレンタルサーバーがオススメです。

リトルサーバーは、ミニプランでも3個、リトルプランで10個のデータベースを作れます。

プラン ミニ リトル ビッグ ヘビー
作成できるデータベース数 3個 10個 50個 無制限

 

1.4  独自ドメイン

advantage-of-lsv-is-to-adapt-multi-domains

ホームページやブログなど、複数のWebサイトをレンタルサーバーで運営したい場合には、独自ドメインを複数登録できる必要があります。

リトルサーバーは、全てのプランで無制限に独自ドメインを登録できます。

他のレンタルサーバーと比べても、月額150円で無制限に独自ドメインを登録できるサーバーは多くなく魅力的です。

 

2. リトルサーバーの不便な点

disadvantage-of-lsv

前章では、リトルサーバーの便利な点をご紹介しました。次に、評判と異なり、リトルサーバーの不便な点をご紹介します。

  1.  WordPressのインストールが煩雑である
  2.  電話のサポートはない

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 WordPress

disadvantage-of-lsv-is-difficult-to-install-wordpress

WordPressをインストールするときには、簡単インストール機能が用意されています。しかし、他のレンタルサーバーと比べた場合、やや設定作業が難しいです。

特に、WordPressをインストールする前に、データベースを作成する必要があります。さらに、リトルサーバーはデータベースの作成・運用に関してサポートをしていません。

そのため、データベースの作成などに自信のない方は、他のレンタルサーバーの検討をするのも一案です。

 

2.2 電話のサポート

disadvantage-of-lsv-lacks-tel-support

レンタルサーバーを利用しているなかで、サーバーにアクセスできなくなった場合や、設定作業で不明点があった場合に、電話でオペレーターと話しながら解決ができると便利です。

しかし、リトルサーバーは電話によるサポートはなく、メールでの対応となります。また、「可能な限り2営業日以内にお返事を差し上げるよう心がけますが、内容によっては時間が掛かる場合がある」とホームページ上で記載されています。

リトルサーバー(公式サイト)で詳細を確認する

そのため、すぐに対応してほしい場合や電話によるサポートが望ましい場合には、他のレンタルサーバーも検討したいところです。

 

まとめ

本記事は、リトルサーバーの使い勝手と評価をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ WADAXの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ スターサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
      ・ カゴヤサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ ラクサバの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ バリューサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ wpXレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
      ・ wpXクラウドの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です