reputation-of-winserver-info

ウィンサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点をご紹介


ウィンサーバーは、Windows Server 専門のホスティングサービスですが、その使いやすさや評判はどうでしょうか。

共用サーバーVPSWindowsデスクトップサービス、専用サーバーと幅広いサービスが利用できます。開通までの時間も短く、電話対応によるサポートもあり、安心感があります。

一方、LinuxOSは利用できない点と、お試し版はないため、操作性などを確認できない点は注意が必要です。そこで、ウィンサーバーを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、ウィンサーバーの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. ウィンサーバーの便利な点

advantage-of-winserver

ウィンサーバーの便利な点は5点あります。

  1.  WindowのVPSを利用できる
  2.  Windowsの共用サーバーが利用できる
  3.  外出先からWindows環境を利用できる
  4.  Windows OSを幅広く選べる
  5.  電話によるサポートがある

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 VPS

vps-of-winserver

ウィンサーバーは、WindowsのVPSWindowsデスクトップサービスを利用できます。

◆ VPS

Windows Server 2019、2016、2012 R2 をゲストOSとして利用でき、MicrosoftのHyper-Vを利用できます。

プラン名 HDD19-1G HDD19-2G HDD19-4G HDD19-8G HDD19-16G
月額費用 1,674円 3,132円 5,454円 8,640円 17,064円
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
CPU 4コア 5コア 6コア 8コア 10コア
HDD 70GB 200GB 500GB 800GB 1TB

ウィンサーバーのVPSの料金表

◆ Windowsデスクトップサービス

PCだけでなく、スマホやタブレットからもWindowsデスクトップ環境を利用できます。24時間稼働しているので、MT4などのFXの自動トレード取引にも利用できます。

プラン名 WD-FX+プラン WD-OFFICE+プラン
月額費用 1,944円 4,860円
メモリ 1GB 2GB
CPU 3コア 4コア
HDD 100GB 200GB

ウィンサーバーのWindowsデスクトップサービスの料金表

 

1.2 共用サーバー

rental-server-of-winserver

ウィンサーバーは、Windowsサーバー共用サーバーとして利用できます。

Windowsサーバーで、ASP.NETPHPを使いたい場合や、Pythonで開発したWEBアプリなどを公開したい場合に、共用サーバーであれば安く利用できます。

月額972円から利用でき、手ごろな価格帯でWindowsサーバーを利用できるのは助かります。

◆ 共用サーバーの料金プラン

プラン スターター エキスパート プロ
月額費用 972円~ 2,700円~ 4,104円~
初期費用 2,160円 2,160円 4,320円
Web容量 10GB 20GB 200GB

ウィンサーバーの共用サーバーの料金表

※ 上記は、Windows Server 2019の場合です。他のOSの場合は、別料金となります。

 

1.3 リモートデスクトップ

remote-desktop-of-winserver

ウィンサーバーは、リモートデスクトップを利用することで、外出先からでもWindows環境を利用できます。例えば、通常のパソコンから利用する場合は、次のような手順となります。

(手順1) リモートデスクトップ接続を起動し、指定されたIPアドレスを入力します。

remote-desktop-access-console

(手順2) ユーザー名とパスワードを入力します。

remote-desktop-access-console-login

(手順3) リモートデスクトップ画面が表示された場合には、「はい」をクリックします。

remote-desktop-access-authentification

(手順4) リモートデスクトップ画面が表示されます。

remote-desktop-access-console-monitor

(手順5) サーバーマネージャー画面も表示されます。

remote-desktop-access-console-monitor-server-manager

また、iPhoneからでも接続でき、Windows環境を操作できます。

(手順1)マイクロソフト社が提供しているMicrosoft Remote Desktop を利用します。

iphone-start

(手順2) デスクトップを選びます。

iphone-desktop-select

(手順3) PC名にIPアドレスを入力し、保存します。パスワードを入力します。

iphone-password

(手順4) サーバーマネージャー画面も表示され、iPhone上からも操作できます。

remote-desktop-access-console-monitor-server-manager

 

1.4 OS

operating-system-of-winserver

ウィンサーバーは、Windows Server のOSを幅広く選べます。他のVPSと比べても選択できるOSが多いです。

  • Windows Server2012、2016、2019

◆ VPSにおけるWindows OSの対応状況

サービス名 Windows Server2019 Windows Server2016 Windows Server2012
ConoHa VPS  
ABLENET VPS  
お名前.com デスクトップクラウド    
ウィンサーバーVPS

【参考記事】 ・ Windowsを利用できるVPSの徹底比較!料金表付き【2019年】

 

1.5 電話サポート

tel-support-of-winserver

Windows VPSを利用しているなかで、設定方法がわからない場合や、エラーが出てしまった場合などに、電話でやり取りができると助かります。

ウィンサーバーは、電話によるサポートを無料で受けられます。マイクロソフトのホスティングパートナーであり、Windowsに関する知見が担保されており、安心感があります。

 

2. ウィンサーバーの不便な点

disadvantage-of-winserver

前章では、ウィンサーバーの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、不便な点をご紹介します。

  1.  お試し版は提供していない
  2.  Windows以外のOSには対応していない

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 お試し版

trial-version-of-winserver

ウィンサーバーを利用する前に、できれば画面の操作性や使い勝手などを確認したいところです。
ただ、ウィンサーバーは試用版が用意されていません。

 

2.2 Windows以外のOS

linux-os-of-winserver

名前の通り、ウィンサーバーはWindows Serverに特化したサービスですので、LinuxOSなどには
対応していません。

そのため、CentOSやUbuntu、Debian、FreeBSDなどを利用したい場合には、他のVPSの検討が
必要となります。

 

まとめ

本記事は、ウィンサーバーの使い勝手と評判をご紹介しました。

おさらいをすると、ウィンサーバーのメリットは5点ありました。

  1.  WindowのVPSを利用できる
  2.  Windowsの共用サーバーが利用できる
  3.  外出先からWindows環境を利用できる
  4.  Windows OSを幅広く選べる
  5.  電話によるサポートがある

一方、デメリットは2点ありました。

  1.  お試し版は提供していない
  2.  Windows以外のOSには対応していない

そのため、お試し版を利用しなくても問題のない方の場合は、おすすめできます。なお、他のVPSに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ Windowsを利用できるVPSの徹底比較!料金表付き【2019年】
       ・ ABLENETのVPSの使い勝手と評判!便利な点や不便な点を解説!【料金表】
       ・ カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底比較!
       ・ さくらのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底評価【2019年】
       ・ GMOのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ お名前.comのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2019年】
       ・ ConoHaのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ WebARENAのVPSの使い勝手と評判!便利な点や不便な点を徹底解説!
       ・ ServersMan@VPSの使い勝手と評判!利用できるOS、プラン【2019年】
       ・ FX運用に欠かせない!MT4を利用できるVPSを比較!おすすめ7選を紹介!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です