training-schools-to-learn-aws-min-768x420

AWSを学べるスクールおすすめ7選を比較!(無料あり)


AWSを学べるスクールを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

大別をすると、オンラインで学べるスクールと、教室で学べるタイプのスクールがあります。

そして、個人指導してくれるスクールもあれば、AWSの資格取得を支援してくれるスクール、無料で学べるスクールや、就業支援してくれるスクールもあり、多種多様です。

そこで、AWSを学べるスクールを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、AWSを学べるおすすめのスクール7選を比較し、その違いをご紹介します。

 

AWSを学べるスクールおすすめ7選

sales-automation-tools-600px-min

AWSを学べるプログラミングスクールを選べるにあたり、次の5つのポイントはチェックしたいところです。

  •  を対象としているか。(初心者向け、エンジニア向け)
  •  何を学べるか(インフラ、アプリ開発、資格対策)
  •  どうやって学べるか(通学、オンライン
  •  いくらかかるか
  •  どのようなサポートがあるか(個別指導、ビデオチャットなど)

上記ポイントを踏めて、おすすめのスクール7選とその違いをご紹介します。

  1.  レイズテック
  2.  Code × Code
  3.  Winスクール
  4.  Udemy
  5.  Geekjob
  6.  とらくら
  7.  AWschcool

それぞれについて、詳細に説明します。

 

1. レイズテック

raisetech-min

AWSをプログラミングだけでなく、インフラ技術を含めて学べるスクールです。コースは、Webアプリの開発から始まり、AWSの環境構築、インフラのコード化、自動化までを習得します。

オンラインのライブ授業で学習をし、講師への質問ができます。さらに、チャットやビデオ通話、補講などをして、理解を深めます。

◆ 学習内容

分類 学習内容
WEBアプリケーション開発 Ruby on Railsの開発環境の準備。簡単なサンプルプログラムの実装
  ・プログラミング基礎の学習と実践
  WEBアプリケーションの開発
AWS上での環境構築 VPC構築、セキュリティグループの設定、ネットワーク関連の基礎
  EC2、RDS、ELB、S3の環境構築、アプリケーションのデプロイ
  ・CloudWatchによる監視、IAMによるユーザー権限の設定
infrastructure as codeの実践 ・コード化作業、ServerSpecのテスト作成
  ・モジュールのインストールやアプリケーションのインストールの自動化
  ・Ansibleを使った構成管理
  ・コード化されたインフラ環境の自動構築の実行(CloudFormation, Ansible)

◆ 料金

  •  期間: 2ヶ月~4か月
  •  料金(税込): 288,000円~448,000円

◆ 基本情報

  •  受講方法: オンライン
  •  サポート: ビデオ通話、チャット、補講
  •  転職支援: 〇
  •  無料体験: 〇(2週間)

レイズテック

【参考記事】 ・ レイズテックの評判や口コミ!メリット・デメリット、料金を解説!

 

2. Code × Code

codecode-min

AWSの技術と、クラウドエンジニアの業務に必要な知識を学べるスクールです。また、AWSを扱うために必要なLinuxの基礎知識も学びます。

◆ AWSに関する学習内容

AWSに関する学習項目 学習内容
AWS基礎
  • AWS(Amazon Web Service)とは
  • EC2(Elastic Computing Cloud)によるサーバ構築
  • VPC(Virtual Private Cloud)によるNW構築
  • RDS(Relation Database Service)の連携
  • ストレージサービスの管理(S3、EBS)
  • ELB(Elastic Load Balancer)による冗長化
AWSの管理
  •  IAM(Identity and Access Management)とは
  • Amazon CLI とは
  • CloudWatchによるサービスの監視
  • その他のサービスについて

上記以外にも、Linux関連では、次のような内容を学習します。

  • Linux基礎
  • ネットワーク基礎
  • Linuxアーキテクチャ
  • サーバーの構築
  • シェルスクリプト
  • システムログの管理  

学習をするときには、オンライン上で学習を進めます。

codecode-study-screen-min

◆ 料金

  •  228,000円(税込)
  •  ※ Code×Codeのキャリアサポートを利用し、Code×Codeが紹介する企業への内定が決定した場合、お祝い金として 200,000円をキャッシュバックされる。

◆ 基本情報

  •  受講方法: オンライン
  •  サポート: チャットサポート
  •  転職支援: 〇
  •  無料体験: ×

Code × Code

 

3. Winスクール

winschool-min

AWSとGoogleのクラウドサービスを学べるスクールです。クラウドサービスの基本から、Amazon Web Services、Google Cloud Platformの基本を理解し、AIの技術やシステム構築を学びます。

通学制であり、講師による個人指導があるため、通学で学びたい方におすすめです。

◆ 学習内容

カリキュラム 学習内容
クラウドサービスの概要 クラウドサービスの概要、クラウドサービスのプロバイダ
Amazon Web Servicesの利用 AWSの概要EC2を利用した仮想マシンの作成、S3を利用したファイル管理
IAMを利用した権限管理、AWSをプログラムから利用する
DynamoDBを利用したデータ管理、Lambdaを利用したサーバレスアーキテクチャ、不要なサービスの削除
Google Cloud Platformの利用 GCPの概要、Compute Engineを利用した仮想マシンの作成
Cloud Storageを利用したファイル管理、IAMを利用した権限管理
GCPをプログラムから利用する、Datastoreを利用したデータ管理
Cloud Functionsを利用したサーバレスアーキテクチャ、プロジェクトの削除
AIサービスの利用 クラウドとAIサービス、Cloud Visionによる画像認識
Cloud Natural Languageによる文章解析、Cloud Translationによる翻訳
Cloud Text-to-Speechによる音声合成、Cloud Speech-to-Textによる音声認識

◆ 料金

  •  期間: 2か月
  •  料金: 受講料:127,600円(税込)入学金19,800円(税込)教材費4,400円(税込)

◆ 基本情報

  •  受講方法: 通学(日本全国)
  •  サポート: 個人指導
  •  転職支援: ×
  •  無料体験: 〇

Winスクール

 

4. Udemy

udemy-min

世界最大級のオンラインビデオ講座です。AWSで245件の講座があり、プログラム未経験者向けの講座や、無料でAWSの基本を学べる講座などがあります。

また、AWS認定資格のための講座もあり、手軽にAWSの概要を理解したい方に、おすすめのサービスです。

◆ 学習内容

受講講座 料金
AWS:はじめてのAmazon Web Services 無料
超初心者が最も簡単にAWSアーキテクチャ構築を学習する講座  2,440円
ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得 11,000円
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座 2,440円
超初心者がゼロからIT基礎知識とAWSの基礎力を獲得する講座  2,440円
AWSで作るWEBアプリケーション 実践講座 24,000円

◆ 料金

講座による(無料~24,000円)

◆ 基本情報

  •  受講方法: オンライン
  •  サポート: ×
  •  転職支援: ×
  •  無料体験: 〇(30日間返金保証)

Udemy (AWSで検索します)

 

5. Geekjob

geek-job-min

インフラエンジニアとして学習するなかで、AWSの技術も学べるスクールです。サーバやネットワーク、AWSやデータベースなど、幅広い領域を学べます。

特徴としては、就業支援までのサービスが付いており、さらに費用が無料で学べます。そのため、これからスキルアップをし、エンジニアとして働きたい方向けです。

◆ 学習内容

  •  サーバ構築(Linux)
  •  ネットワーク(Cisco機器操作)
  •  AWSの基礎知識
  •  データベース

◆ 料金

  •  期間: 最短1か月
  •  料金: 無料

◆ 基本情報

  •  受講方法: 通学(東京)・オンライン
  •  サポート: 通学指導・オンライン
  •  転職支援: 〇
  •  無料体験: 〇

Geekjob

 

6. とらくら

torakura-min

AWSに特化したオンラインスクールです。コースは2種類あり、インフラの環境構築コースと、WordPress環境構築コースがあります。

講師からマンツーマンでレッスンをうけられます。

◆ 学習内容

コース 学習内容の例
インフラ環境構築
  • AWSの構成、AWSの料金とライセンス
  • オンプレミスとAWS
  • アカウントとIAMの作成
  • VPCとSubnetとSecurityGroup
  • EC2の作成
  • IISの設定と公開
  • EC2の基本操作と復元
  • Route53の設定
  • VPN接続とADとDHCP、ファイルサーバの構築
  • S3とCLIの活用
  • ACMとELB
  • 運用に必要な各種設定、トラブルシューティング
WordPress環境構築
  • AWSの構成
  • AWSのコスト削減
  • アカウントとIAMの作成
  • VPCとSubnetとSecurityGroup
  • EC2の作成
  • LAMP環境の構築
  • WordPressのインストール準備
  • WordPressのインストール
  • EC2の基本操作と復元
  • Rute53の設定
  • S3静的ウェブホスティングとSSL
  • CloudFrontによる独自ドメインのSSL化
  • ACMとELB
  • 運用に必要な各種設定
  • トラブルシューティング
  • その他のAWSサービス

◆ 料金

  •  インフラ環境構築 224,400円 WordPress環境構築 198,000円 (税込)

◆ 基本情報

  •  受講方法: オンライン
  •  サポート: マンツーマン
  •  転職支援: ×
  •  無料体験: ×

とらくら

 

7. AWschcool

awschool-min

AWSの基礎から応用までを学べる少人数制のスクールです。メインの講師は、AWS認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナルを保有しています。

学習内容は、個別に相談できるため、オーダーメイドで設計できます。

◆ 学習内容

講座名 学習内容
入門 ・AWS概要紹介、活用のメリット/デメリット、主要機能
ハンズオン講座 ・WEB3階層の構築
資格取得支援(仮) ・AWSの資格取得支援
上級個別講座 ・オーダーメイドの学習内容

◆ 料金

  •  入門: 5,000円(税込)
  •  ハンズオン講座: 20,000円(税込)
  •  資格取得支援: 未公開
  •  上級個別講座: 未公開

◆ 基本情報

  •  受講方法: 通学
  •  サポート: 通学指導
  •  転職支援:×
  •  無料体験:×

AWschcool

 

まとめ

本記事は、AWSを学べるおすすめのスクールを比較し、その違いをご紹介しました。

おさらいをすると、学習スタイルや求める内容によって、おすすめの講座が変わります。

求める内容 おすすめのスクール
オンラインで学びたい レイズテックCode × CodeUdemy
通学で学びたい WinスクールGeekjobAWschcool
AWSを深く学びたい レイズテックAWschcool
インフラ技術など幅広く学びたい Code × CodeGeekjob
無料で学びたい UdemyGeekjob

なお、AWSに関する資格やスクールに関する情報は、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ AWS資格の取得方法!種類や概要、難易度、勉強方法(無料あり)
       ・レイズテックの評判や口コミ!メリット・デメリット、料金を解説!

500mailsのFacebookやTwitterでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。