address-rental-services-for-online-shop-owners-min

ネットショップの住所貸しサービス8選の比較(料金表付き)


ネットショップの住所貸しサービスを比較した場合に、どのような違いがあるのでしょうか。

ネットショップ運営者に特化して、住所を貸し出してくれるサービス、商品の返送があった場合に、商品の受け取り・転送をしてくれるサービス、電話の転送をしてくれるサービスがあります。

そこで、ネットショップの運営者が、住所貸しサービスを選ぶ前に、知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、ネットショップの住所貸しサービス8選を比較し、その違いを紹介します。

 

ネットショップの住所貸しサービス8選

address-rental-services-for-online-shop-owners

ネットショップの住所貸しサービスを選ぶにあたり、次の5つのポイントを検討したいところです。

  •  ネットショップの運営者(個人)向けに、住所を貸してくれるか。
  •  荷物の返送があった場合に、対応してくれるか。
  •  電話の転送をしてくれるか。
  •  登記に対応しているか。
  •  料金はいくらか。

上記ポイントを踏まえて、おすすめのサービスをご紹介します。

  1.  NAWABARI
  2.  和文化推進協会
  3.  DMM バーチャルオフィス
  4.  レゾナンス
  5.  GMOオフィスサポート
  6.  Karigo
  7.  ワンストップビジネスセンター
  8.  ナレッジソサエティ

それぞれを詳細に説明します。

 

1. NAWABARI

nawabari-min

月額980円から、実店舗として存在するレンタルスペース住所(東京都渋谷区、目黒区)を利用できます。名刺やチラシ、商品のラベル、ホームページ、特定商取引に基づく表記に使えます。

本人限定の受取書類等を使って、本人確認をされた方のみが利用できるサービスのため、ネットショップの買い手の方も安心感を与えられます。なお、支払方法は、PayPalのみとなります。

NAWABARI

◆ 料金プラン

プラン 1か月プラン 1年プラン
月額料金 1,628円 1,078円
初期費用 0円 0円
使用サイト 無制限 無制限
電話用件転送サービス
レンタルアドレス(*1)
郵便物受け取り・転送サービス

◆ オプションサービス

  •  登記: 月額3,300円 (目黒区) 月額 3,850円(渋谷区)
  •  電話転送(03番号発着): 月額2,728円
  •  電話代行: 月額3,480円 
  •  インターネットFAX: 月額 3,278円
※ 補足情報1

お申込みをするときに、備考欄に下記のキャンペーンコードを記入すると、初月無料となります。 「wlgcy5」 ※年払いプランのみ  

 

※ 補足情報2

オプションサービスの料金については、無料でネットショップを作れるBASEを利用することで、割引で利用できます。 

◆ BASE

base-top-new-min

BASEは無料でネットショップを作れるツールです。140万ショップの利用者がいます。クレジットカード決済が導入でき、予約販売やメルマガ、クーポンなどの機能を持ちます。

BASE

そして、BASEから申し込みをすることで、NAWABARIのオプションサービスを月額500円引きで利用できます。

base-nawabari-min

  • 電話転送: 2,480円→1,980円
  • 電話代行: 3,480円→2,980円
  • インターネットFAX: 2,980円→2,480円

BASEのNAWABARI利用Appsを見る

 

2. 和文化推進協会

wabunka-min

作家やクリエイター、職人を支援する和文化推進協会が提供するサービスで、「京都朱雀スタジオ」の住所と電話番号を利用できます。

創作活動につなげることを目的に、協会に加入することで、住所電話番号を利用できます。

wabunka-details-min (1)

◆ 料金プラン

  • 月額: 500円 
  • 電話転送・代行サービス: 無料
  • 郵便局の転送・受取サービス: 1転送あたり500円 + 実費(郵送代・配送代)
  • 法人登記: ◯(別途費用が発生)

和文化推進協会

 

3. DMM バーチャルオフィス

dmm-min

月々2,530円で、銀座、渋谷、梅田の住所に法人登記できるバーチャルオフィスです。個人事業主や副業、ネットショップの運営者向けのサービスとなっています。

郵送物がバーチャルオフィスに届くと、会員画面に郵送物到着通知が届きます。また、荷物を登録した当日の18時頃に自動的にメールで通知されます。

なお、郵送物の転送や、固定電話の発行もされます。

◆ 料金プラン

  • 月額費用: 2,530円~(税込) 
  • なお、オプションとして、3つの転送方法がある。
    • 即時転送:届いたお荷物を即時に転送(440円/回)
    • 日時指定転送:届いた荷物を指定の日時で配送(440円/回)
    • 配送先変更依頼:該当商品のみ、指定の場所へ配送(440円/回)

DMM バーチャルオフィス

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

4. レゾナンス

resonance-min

月々1,650円で、渋谷、銀座、新宿、浜松町の住所に法人登記できるバーチャルオフィスです。自宅の住所を公表したくない方や、ネットショップの運営者向けのサービスとなっています。

郵送物がバーチャルオフィスに届くと、メールで連絡が入ります。そして、毎週末に1週間分をまとめて自宅に転送してくれます。

◆ 料金プラン

  • 月額費用: 1,650円~(税込) 
  • なお、即日に配送してもらいたい場合には、月額1,100円のオプションサービスがあります。

レゾナンス

※ 補足情報

レゾナンス申し込むときに、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0007 (※紹介コードは年間契約の場合のみ適用)

★紹介コード入力方法

お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力を入力してください。

aym-0007-min

 

5. GMOオフィスサポート

gmo-office-min

月々990円で、渋谷区の住所に法人登記できるバーチャルオフィスです。ネットショップの住所にも使え、郵送物を転送してくれます。

LINEで郵便物の到着を通知してくれるサービスや、グループ会社の「GMOあおぞらネット銀行」と提携して、口座開設の申込みをサポートしてくれるサービスがあります。

◆ 料金プラン

  • 住所貸しプラン(転送なし):月 990円
  • 月1転送プラン: 月 1,650円
  • 隔週転送プラン: 月 2,200円
  • 週1転送プラン: 月2,750円

GMOオフィスサポート

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

6. Karigo

karigo-min

日本全国50拠点バーチャルオフィスを展開している会社で、住所貸し荷物の受け取り代行をしてくれます。東京や大阪、名古屋、京都、札幌、仙台、岡山、福岡、那覇など、日本全国の拠点を利用できます。

ネットショップの住所貸しでは、ホワイトプランでも対応できます。法人登記開業届、DMの発送元住所、名刺やWebサイトでも利用できます。

◆ 料金プラン

プラン ホワイト ブルー オレンジ シルバー
月額料金 3,300円/5,500円(*1) 8,300円 10,400円 12,600円
初期費用 5,500円 7,300円 7,300円 7,300円
住所貸し出し
荷物転送
電話転送サービス × ×
電話代行 × ×

*1:ネットショップの場合には、屋号で利用するため、月額5,500円のプランとなります。

Karigo

 

7. ワンストップビジネスセンター

one-stop-min

全国32拠点で利用されているバーチャルオフィスです。ネットショップの住所にも使え、自宅住所を使わずに、副業としてビジネスを始める方にも使えます。

なお、1通当たり100グラム以内の郵便物は、毎週木曜日に郵便にて無料で転送してくれます。そして、1通当たり100グラムを超える郵便物も、転送してくれます。(別途、送料を負担)

さらに、法人の住所(個人事業者でも利用可能)の登記にも、使えます。

◆ 料金プラン

プラン エコノミー ビジネス プレミアム
月額料金 4,800円 8,900円 14,800円
初期費用 9,800円 9,800円 9,800円
住所貸し出し
荷物転送
電話転送サービス ×
FAX転送 ×
電話秘書対応 × ×

ワンストップビジネスセンター

 

8. ナレッジソサエティ

knowledge-society-min

月々4,950円で、千代田区の住所に法人登記できるバーチャルオフィスです。ネットショップの住所にも使え、郵送物を転送してくれます。

到着を通知してくれるサービスや、リアルタイムの転送、スポットごとの転送というサービスがあります。また、法人の登記にも、無料で対応してくれます。

◆ 料金プラン

  • 月額費用: 4,950円 ※ 荷物の転送の回数: 月1回
  • 荷物の転送に3つのプランがあり
    • リアルタイム転送: 月4,400円 (荷物を随時、転送する)
    • スポット転送: 月1,100円 (届いている荷物を即時に転送)
    • 到着通知: 月1,100円

ナレッジソサエティ

 

まとめ

本記事は、ネットショップの住所貸しサービスを比較し、その違いを紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめのサービスが変わります。

求める内容 おすすめのサービス
安く利用したい NAWABARI和文化推進協会GMOオフィスサポート
住所貸し荷物の転送サービスを利用したい NAWABARIDMM バーチャルオフィスGMOオフィスサポート
開業届など、登記でも住所を利用したい DMM バーチャルオフィスGMOオフィスサポートレゾナンス
電話の代行サービスを利用したい NAWABARI和文化推進協会DMM バーチャルオフィス

なお、ネットショップの運営に役立つ情報を別記事でまとめています。

【参考記事】・ インスタグラムで販売できるネットショップ開設ツール!おすすめ4選
      ・ ネットショップの比較!比較表付き!集客力、機能、手数料で比べる【2022年】
      ・ 転売におすすめの仕入れサイト12選!海外・中国輸入転売など

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です