advantages-and-disadvantages-of-goope

グーペの3つのメリットと4つのデメリット!

Pocket

グーペを利用すると、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

グーペは、飲食店、美容、スクール向けのテンプレートが豊富です。作成の手順はシンプルで、ホームページを初心者でも簡単に作れます。また、Web予約を受付ける機能もあります。

一方で、レイアウトを自由に変更できない点や、サブメニューを作れない点、電話によるサポートを受けられない点は注意が必要です。

本記事は、グーペの3つのメリットと4つのデメリットをご紹介します。

 

1. グーペの3つのメリット

advantage-of-goope

グーペはホームページ作成ツールとして人気です。3つのメリットがあります。

  1.  テンプレートが豊富である
  2.  作業手順がシンプルである
  3.  Web予約を受付けられる

それぞれを説明します。

 

1.1 テンプレート

templates

グーペは、テンプレートが54種類と豊富です。スマホ対応のテンプレートが34種類あります。

goope-template-smartphone

さらに、飲食店、美容、スクール、ビジネス向けと業種に特化したテンプレートが豊富です。

◆ 飲食店向け(25種類)

goope-template-restaurant

◆ 美容向け(25種類)

goope-template-salon

◆ スクール向け(6種類)

goope-template-school

 

1.2 シンプル

simple

グーペは、シンプルな作りなため、かんたんにホームページを作れます。
6つのステップでホームページが出来上がります。

  1.  好きなデザインに変更する
  2.  スライドショー画像を変更する
  3.  ナビゲーション名を変更する
  4.  お知らせを登録する
  5.  メニューや商品を登録する
  6.  SEO対策をする

◆ グーペの管理画面

goope-steps-to-make-details

各ステップをクリックすると、デザイン、スライドショー、ナビゲーション、お知らせなどの変更ができます。

(1) デザインの変更画面

下のテンプレートから好みのテンプレートを選びます。

goope-template-smartphone

(2) スライドショーの変更画面

スライドショーに表示したい画像と、切り替わる速度を設定します。

goope-slideshow

(3) ナビゲーションの変更画面

トップ、インフォメーション、写真、メニュー、カレンダーなどのナビゲーションを変えます。

goope-navigation

(4) お知らせの登録画面

店舗からのお知らせを登録します。インスタグラムなどの写真も登録できます。

goope-information

(5) メニュー商品の登録画面

メニューや価格などを登録します。

goope-menu

(6) SEOの対策画面

metaタグを設定するページを決めて、TitleやDescriptionなどを登録できます。

goope-meta-tag

 

1.3 Web予約

web-reserve

グーペは、Web予約を受付ける機能を作れます。予約フォームを作成後、予約したお客様を一覧で表示することもできます。

◆ 予約フォーム作成画面

goope-reservation

 

2. グーペの4つのデメリット

disadvantage-of-goope

前章では、グーペのメリットについて説明しました。次に、グーペのデメリットを説明します。

  1.  レイアウトは自由に直せない
  2.  サブメニューを登録できない
  3.  無料版はない
  4.  電話によるサポートはビジネスプランのみ

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 カスタマイズ

difficult-to-customize-layout

グーペは、Web画面上で、レイアウトをほとんど変更できません。

◆ グーペ―のレイアウト変更画面

フォントやレイアウトを選べます。

goope-customization-font

しかし、文字や写真の位置を自由に変更できません。
文字や写真の細かい位置の修正は、CSS・HTML編集画面で変更する必要があります。

goope-customization-html-and-css

ホームページ作成ツールのなかには、ドラッグ&ドロップで文字や画像の位置を自由に変更できるツールもあります。デザインをこだわる場合には、他のツールも検討したいところです。

【参考記事】 ・ Wixのメリットとデメリット!Wixを使う前に知りたい5つの知識
       ・ Jimdoの6つのメリットと2つのデメリット!【2018年度】
       ・ Strikinglyの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説

 

2.2 サブメニュー

difficult-to-make-subpage

ホームページに沢山の情報を掲載する場合、メニュー、サブメニューと階層化をすると便利です。メニューの下に、ランチ、ディナーとサブメニューを作ることで、わかりやすくなります。

goope-subpage

しかし、グーペはサブメニューを登録できません。サブメニューを作りたい場合には、他のホームページ作成ツールを検討ください。

【参考記事】 ・ Wixのメリットとデメリット!Wixを使う前に知りたい5つの知識
       ・ Jimdoの6つのメリットと2つのデメリット!【2018年度】

 

2.3 料金プラン

fee-and-plan

グーペは3つの料金プランがあります。

プラン 通常 DX ビジネス
月額料金 1,000円 1,500円 3,500円
ディスク容量 1GB 5GB 50GB
PDFアップロード  
アクセス解析  
お問合せカスタマイズ  
予約制電話サポート    

グーペは、他のホームページ作成ツールと違い、無料版はありません。そのため、無料で利用したい場合には、他のホームページ作成ツールをご検討ください。

【参考記事】 ・ StrikinglyとWixを比較!選ぶ前に知りたい4つの違い
       ・ Strikinglyの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説
       ・ JimdoとWordPressを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い

 

2.4 電話サポート

contact-support-for-goope-user

グーペは、通常プランとDXプランではメールよるサポートは受けられますが、電話サポートを受けられません。電話サポートを受ける場合には、ビジネスプランにする必要があります。

 

まとめ

本記事は、グーペを利用するメリットとデメリットをご紹介しました。なお、他のホームページ作成ツールについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ Wixのメリットとデメリット!Wixを使う前に知りたい5つの知識
       ・ Strikinglyの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説
       ・ WixとBASEを比較!選ぶ前に知っておきたい4つの違い

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です