comparison-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジを比較!選ぶ前に知っておきたい6つの違い【2018年】

Pocket

スマレジとエアレジを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

売上を分析する機能や、2つ以上の店舗を管理する機能、電子マネーへの対応、サポート体制に違いがあります。さらに、料金体系が異なるため、間違った選択をすると余計な出費が発生します。

そこで、スマレジかエアレジを選ぶ前に知っておきたい点をまとめました。

本記事は、スマレジとエアレジを比較し、その違いをご紹介します。

 

1.  スマレジとエアレジを比較する6つのポイント

difference-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジを比較したところ、次の6つの違いがありました。

  1.  料金体系
  2.  分析機能の充実度
  3.  複数店舗対応
  4.  電子マネーへの対応
  5.  他システムとの連携
  6.  サポートの充実度

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 料金体系

fee

【結論】

  •  スマレジ: 無料と4つの有料プラン(月額4,000円~12,000円)
  •  エアレジ: 無料

【比較内容】

スマレジは、無料プランと4つの有料プランがあります。レジ以外の予実管理、損益管理や複数店舗を管理したい場合には、有料プランにする必要があります。

プラン名 スタンダード プレミアム プレミアムプラス フードビジネス リテールビジネス
月額料金 0円 4,000円 7,000円 10,000円 12,000円
レジ
予実・損益管理  
複数店舗管理  
電話サポート    

スマレジの料金プランを確認する

一方、エアレジは全ての機能を無料で利用できます。

 

1.2 分析機能の充実度

sales-analysis

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)
  •  エアレジ: △ (日別、商品別の分析)

【比較内容】

スマレジは、売上の分析機能が充実しており、日別月別商品部門別店舗端末別に詳細な分析ができます。

一方、エアレジは日別月別の分析と商品別の売上分析ができます。

カテゴリー 分析項目 スマレジ エアレジ
時間軸 日別
  月別 〇(※1)
  時間帯別
  曜日別 ×
商品軸 商品別
  部門別 ×
  ブランド・カラー別 ×
取引軸 販売員別 ×
  端末別 ×
  店舗別 ×
  客層別 ×
  取引タグ別 ×

エアレジの機能一覧を確認する

※1:プレミアムプラン以上

 

1.3 電子マネーへの対応

electronic-money

【結論】

  •  スマレジ: △ (別途対応が必要)
  •  エアレジ: 〇 (Airペイと連携することで対応可能)

【比較内容】

エアレジは、エアペイと連携をすることで、電子マネーでの決済を行えます。

iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台を用意することで、PASMOSUICAなどの
交通系の電子マネーやiDQUICPayの決済に対応できます。

airpay-device

エアペイ(AirPAY)を見る

なお、エアペイは、エアペイとカードリーダーはともに無料です。(2018年7月25日時点)

一方、スマレジは、電子マネーでの決済を行う場合には、別途サービス提供会社との契約が必要となります。エアレジのような連携がないため、電子マネーへの対応は、課題があります。

【参考記事】 ・ AirPAYとSquareを比較!選ぶ前に知りたい6つの違い【2018年度】
       ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2018年度】

 

1.4 複数店舗対応

multi-shop-management-function

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (複数店舗の情報を一元管理)
  •  エアレジ: △ (在庫管理や売上管理は店舗ごとに行う)

【比較内容】

スマレジは、複数店舗の売上合計や登録情報を簡単に確認できます。さらに、店舗間での在庫管理や、商品やスタッフの一元管理などが行えます。

一方、エアレジは在庫管理や売上管理は、店舗毎に行う必要があります。一元管理する機能は弱いため、各店舗の状況を確認するときは、ログアウトして再度別IDでログインする必要があります。

 

1.5 他システムとの連携

linkage-with-other-system

【結論】

  •  スマレジ: △ (外部システムとの連携はプレミアムプラン以上)
  •  エアレジ: 〇 (幅広く対応)

【比較内容】

スマレジ、エアレジは、次のシステムと連携しています。

【凡例】〇:対応 △:一部プランで対応 ×:未対応

分類 ツール名 スマレジ エアレジ
会計ソフト freee △(*1)
  弥生会計 △(*1)
  MFクラウド会計 △(*1)
  FXシリーズ △(*1)
勤怠管理システム スマレジ・タイムカード △(*1) ×
飲食店向け ぴかいちナビ △(*1) ×
  FOODIT21 △(*1) ×
  TORETA △(*1) ×
決済サービス Airペイ ×
  モバイル決済forエアレジ ×
  POICHI forエアレジ ×
  Square ×
予約・空席管理 レストランボード

*1:プレミアムプラン以上で対応

 

1.6 サポート体制

support-center

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (メール、電話に対応。但し、電話はプレミアムプラン以上)
  •  エアレジ: 〇 (メール、チャット対応)

【比較内容】

スマレジは、メールあるいは電話によるサポートを受けられます。ただし、電話のサポートはプレミアムプラン以上です。

smareji-support

スマレジのサポート体制を確認する

一方、エアレジのサポートは、メールチャットとなります。なお、エアレジの導入時のみ、電話によるサポートを受けられます。

aireji-support

エアレジのサポート体制を確認する

◆ スマレジとエアレジのサポート状況

  スマレジ エアレジ
メール
チャット ×
電話 △ ※プレミアムプラス以上 △ (エアレジの導入時のみ)

 

2. スマレジとエアレジの比較表

comparison-table-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジの違いを比較表にまとめました。

【凡例】〇:充実している △:機能はあるが、充実していない ×:機能がない

  スマレジ エアレジ
料金体系 無料、月額4,000円~12,000円 無料
分析機能の充実度
(日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)

(日別、商品別の分析)
複数店舗対応
(複数店舗の情報を一元管理)

(在庫・売上管理は店舗ごと)
電子マネーへの対応
(別途対応が必要)

(Airペイとの連携で対応可)
他システムとの連携
(会計ソフトとの連携は有料プラン)

(幅広く対応)
サポートの充実度
(メール、電話に対応。電話はプレミアムプラン)

(メール、チャット対応)

 

まとめ

本記事は、スマレジとエアレジを比べ、その違いをご紹介しました。なお、レジアプリに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ スマレジの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ エアレジとスクエアを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い【2018年度】
       ・ エアレジとユビレジを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です