comparison-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジを比較!機能、手数料、使い方で比べる【2020年】


スマレジとエアレジを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

売上を分析する機能や、2つ以上の店舗を管理する機能、電子マネーへの対応、サポート体制に違いがあります。さらに、料金体系が異なるため、間違った選択をすると余計な出費が発生します。

そこで、スマレジかエアレジを選ぶ前に知っておきたい点をまとめました。

本記事は、スマレジとエアレジを比較し、その違いをご紹介します。

 

1.  スマレジとエアレジを比較する11のポイント

difference-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジを比較したところ、次の11の違いがありました。

  1.  月額料金
  2.  周辺機器の料金
  3.  分析機能の充実度
  4.  複数店舗対応
  5.  電子マネーへの対応
  6.  QRコード決済への対応
  7.  他システムとの連携
  8.  サポートの充実度
  9.  手数料
  10.  サービスの稼働率
  11.  免税対応

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 月額料金

fee

【結論】

  •  スマレジ: 無料と4つの有料プラン(月額4,000円~12,000円)
  •  エアレジ: 無料

【比較内容】

スマレジは、無料プランと4つの有料プランがあります。レジ以外の予実管理、損益管理や複数店舗を管理したい場合には、有料プランにする必要があります。

プラン名 スタンダード プレミアム プレミアムプラス フードビジネス リテールビジネス
月額料金 0円 4,000円 7,000円 10,000円 12,000円
レジ
予実・損益管理  
複数店舗管理  
電話サポート    

スマレジの料金プランを確認する

一方、エアレジは全ての機能を無料で利用できます。

エアレジの料金プランを確認する 

 

1.2 周辺機器

reputation-of-skima

【結論】

  •  スマレジ: 機器は6万円前後。
  •  エアレジ: 機器は5~9万円前後。

【比較内容】

スマレジは、ドロワーやプリンター、カスタマーディスプレイなどをネットで購入できます。POSレジとレシートプリンターのセットの場合、値段は6万円前後です。

smareji-set

スマレジの周辺機器を見る

一方、エアレジも周辺機器をポンパレモールで購入できます。5万円~9万円前後で購入できます。

airregi-starter-pack-mpop

エアレジの周辺機器を見る (周辺機器をクリックします。)

 

1.3 分析機能の充実度

website-to-sell-unique-novelty-items

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)
  •  エアレジ: △ (日別、商品別の分析)

【比較内容】

スマレジは、売上の分析機能が充実しており、日別月別商品部門別店舗端末別に詳細な分析ができます。

◆ 日別の分析

smareji-analysis

◆ 月別の分析

smareji-analysis-monthly

◆ 商品別の分析

smareji-analysis-by-product

スマレジの分析機能を確認する 

一方、エアレジは日別月別の分析と商品別の売上分析ができます。

◆ 日別

airegi-analysis-by-date

◆ 商品別の分析

airegi-analysis-by-product

エアレジの分析機能を確認する (機能をクリックします)

◆ 分析機能の比較

カテゴリー 分析項目 スマレジ エアレジ
時間軸 日別
  月別 〇(※1)
  時間帯別
  曜日別 ×
商品軸 商品別
  部門別 ×
  ブランド・カラー別 ×
取引軸 販売員別 ×
  端末別 ×
  店舗別 ×
  客層別 ×
  取引タグ別 ×

エアレジの機能一覧を確認する (機能⇒機能一覧 を選びます)

※1:プレミアムプラン以上

 

1.4 電子マネーへの対応

electronic-money

【結論】

  •  スマレジ: △ (別途対応が必要)
  •  エアレジ: 〇 (Airペイと連携することで対応可能)

【比較内容】

エアレジは、エアペイ(Airペイ)と連携をすることで、電子マネーでの決済を行えます。

iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台を用意することで、PASMOSUICAなどの
交通系の電子マネーやiDQUICPayの決済に対応できます。

airpay-device

エアペイ(Airペイ)に対応している電子マネー

なお、エアペイは、エアペイとカードリーダーはともに無料です。

一方、スマレジは、電子マネーでの決済を行う場合には、別途サービス提供会社との契約が必要となります。エアレジのような連携がないため、電子マネーへの対応は、課題があります。

【参考記事】 ・ AirPAYとSquareを比較!選ぶ前に知りたい6つの違い【2019年】
       ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2019年】

 

1.5 QRコード決済への対応

airregi-setting-min

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (PayPay、LinePay、Origami Pay,メルカリPay,WeChat Pay、Alipay、Au PAY、ゆうちょPayに対応)
  •  エアレジ: △ (LinePay、d払い、WeChat Pay、Alipayに対応)

【比較内容】

スマレジは、マルチQRコード決済のStarPayと連携することで、PayPay、LinePay、Origami Pay,メルカリPay、WeChat Pay、Alipay、Au PAY、ゆうちょPayに対応できます。

starpay-min

【出典: スマレジ StarPayとの連携

一方、エアレジは、エアペイを利用することで、LinePay、d払い、WeChat Pay、Alipayに対応できます。

そのため、PayPayやOrigami Payユーザーに対応できない課題があります。

 

1.6 複数店舗対応

leaflet-min

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (複数店舗の情報を一元管理)
  •  エアレジ: △ (在庫管理や売上管理は店舗ごとに行う)

【比較内容】

スマレジは、複数店舗の売上合計や登録情報を簡単に確認できます。さらに、店舗間での在庫管理や、商品やスタッフの一元管理などが行えます。

一方、エアレジは在庫管理や売上管理は、店舗毎に行う必要があります。一元管理する機能は弱いため、各店舗の状況を確認するときは、ログアウトして再度別IDでログインする必要があります。

 

1.7 他システムとの連携

crowdsourcing-600px-min

【結論】

  •  スマレジ: △ (外部システムとの連携はプレミアムプラン以上)
  •  エアレジ: 〇 (幅広く対応)

【比較内容】

スマレジ、エアレジは、次のシステムと連携しています。

【凡例】〇:対応 △:一部プランで対応 ×:未対応

分類 ツール名 スマレジ エアレジ
会計ソフト freee △(*1)
  弥生会計 △(*1)
  MFクラウド会計 △(*1)
  FXシリーズ △(*1)
勤怠管理システム スマレジ・タイムカード △(*1) ×
飲食店向け ぴかいちナビ △(*1) ×
  FOODIT21 △(*1) ×
  TORETA △(*1) ×
決済サービス Airペイ ×
  モバイル決済forエアレジ ×
  POICHI forエアレジ ×
  Square ×
予約・空席管理 レストランボード

*1:プレミアムプラン以上で対応

スマレジの対応システム一覧を見る

エアレジの対応システムを確認する (機能⇒決済予約管理サービスとの連携を選びます)

 

1.8 サポート体制

support-center

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (メール、電話に対応。但し、電話はプレミアムプラン以上)
  •  エアレジ: 〇 (メール、チャット対応)

【比較内容】

スマレジは、メールあるいは電話によるサポートを受けられます。ただし、電話のサポートはプレミアムプラン以上です。

smareji-support

スマレジのサポート体制を確認する

一方、エアレジのサポートは、メールチャットとなります。なお、エアレジの導入時のみ、電話によるサポートを受けられます。

また、Airレジをその場で見て確かめられるサービスカウンターがあります。

aireji-support

エアレジのサービスカウンターの場所を確認する

◆ スマレジとエアレジのサポート状況

  スマレジ エアレジ
メール
チャット ×
電話 △ ※プレミアムプラス以上 △ (エアレジの導入時のみ)

エアレジのサポート体制を確認する (画面下に掲載されています)

 

1.9 手数料

support-600px-min

【結論】

  •  スマレジ: VISA、MasterCardは手数料3.24%だが、それ以外は月額2,000円が必要
  •  エアレジ: 月額費用は発生しない

【比較内容】

スマレジは、クレジットカード決済を行うときには、スマレジペイメント、楽天ペイ、ペイメントマイスター、Coiney、Squareに対応しています。

スマレジペイメントは、VISA、MasterCardとそれ以外で手数料が異なり、JCB、American Express、Diners Club、Discoverは月額2,000円が発生します。

  VISA、MasterCard JCB、American Express、Diners Club、Discover
初期費用 無料 未公開
月額費用 無料 月額2,000円
手数料率 3.24% 各社による

スマレジの手数料を確認する

エアレジは、クレジットカード会社6社に対応しており、月額費用が発生しません。

  VISA、MasterCard、American Express JCB、Diners Club、Discover
初期費用 無料 無料
月額費用 無料 無料
手数料率 3.24% 3.74%

エアレジの手数料を確認する

 

1.10 サーバーの稼働率

ssl-min

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (サーバーの稼働率が高い)
  •  エアレジ: ー (サーバーの稼働率について公表していない)

【比較内容】

レジアプリを利用しているときに、サービス提供側のシステムで障害があると、レジが利用できないなど問題が生じます。

スマレジは、サーバーの稼働率を公開しています。2019年の5月以降では、9月に10分未満の停止はあったものの、そのほかの期間では正常に動作しています。

server-availability-min

【出典: スマレジ サーバーの稼働率の報告

一方、エアレジはサーバーの稼働率に関する公表情報はありません。

 

1.11 免税対応

leaflet-min

【結論】

  •  スマレジ: 〇 (インバウンド対策として、免税に対応できている)
  •  エアレジ: × (免税対応の機能は見当たらない)

【比較内容】

外国人旅行者に対して商品を販売したときに、消費税を免除できる制度があります。国土交通省の観光庁のホームページによると導入店舗は、2012年から約10倍に増えています。

kannkoucho-suii-min

【出典: 国土交通省 観光庁ホームページ

スマレジは、外国人向けの免税に対応した機能が用意されています。そのため、スムーズに作業ができます。

tax-free-min

スマレジ 免税対応機能

一方、エアレジには当該機能は見当たりませんでした。

 

2. スマレジとエアレジの比較表

comparison-table-between-smaregi-and-airregi

スマレジとエアレジの違いを比較表にまとめました。

【凡例】〇:充実している △:機能はあるが、充実していない ×:機能がない

  スマレジ エアレジ
料金体系 無料、月額4,000円~12,000円 無料
周辺機器 STORE STOREで購入できる ポンパレモールで購入できる
分析機能の充実度
(日別、時間別、商品別、店舗別、担当別の分析)

(日別、商品別の分析)
複数店舗対応
(複数店舗の情報を一元管理)

(在庫・売上管理は店舗ごと)
電子マネーへの対応
(別途対応が必要)

(Airペイとの連携で対応可)
QRコード決済への対応
(8つのQRコード決済に対応)

(4つのQRコード決済に対応)
他システムとの連携
(会計ソフトとの連携は有料プラン)

(幅広く対応)
サポートの充実度
(メール、電話に対応。電話はプレミアムプラン)

(メール、チャット対応)
手数料
(JCB、American Express、Diners Club、Discoverは月額2,000円が発生します。)

(月額費用が無料)
稼働率
(サーバーの稼働率を公表)

(サーバーの稼働率を未公表)
免税対応 ×
ホームページ エアレジ スマレジ

なお、経済産業省のホームページでも、エアレジに関する分析資料が掲載されています。エアレジとスマレジの比較もありますので、興味がございましたらご覧ください。

【参考】 経済産業省のホームページ 平成29年度 ITを活用した商店街消費動向分析 (P8)

 

3. レジの選びに悩んだ方は

comparison-between-airpay-and-paypay

前章でスマレジとエアレジの違いをご紹介しました。なお、レジ選びに悩まれた場合は、コンシェルジュサービスを使ってみるのも一つです。

◆ レジチョイス

regi-choice

無料でレジ選びの相談にのってくれます。レジメーカー数十社と提携しているので、客観的なアドバイスをもらえます。

なお、相談に乗ってもらう場合には、ご相談内容を入力し、業種や総店舗数などを入力ください。

regi-choice-details

レジチョイス

 

まとめ

本記事は、スマレジとエアレジを比べ、その違いをご紹介しました。なお、レジアプリに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ スマレジの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ エアレジとスクエアを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い【2019年】
       ・ エアレジとユビレジを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です