cost-to-start-variety-store

雑貨屋の開業費用と相場!開業までに必要な費用リスト【2018年】

Pocket

雑貨屋として開業するにあたり、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

雑貨店はレストランと違って、大きな設備投資が必要ありません。ただし、物件を取得する費用内外装費用商品の代金什器・備品費用広告宣伝費などは必要です。

では、それぞれの費用の内訳と相場はどれくらいでしょうか。また、それぞれの費用を削減する方法はあるのでしょうか。

本記事は、雑貨屋の開業費用のリストをご紹介します。

 

雑貨屋の開業までに必要な費用リスト

cost-list-of-opening-variety-shop

雑貨屋として開業するにあたり、5種類の費用が必要となります。

  1.  物件を取得する費用
  2.  内外装費用
  3.  商品代金
  4.  什器・備品費用
  5.  広告宣伝費

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1 物件を取得する費用

cost-list-of-renting-shop-real-estate

お店を借りるために必要な費用です。出店するエリアによって価格は変わりますので、出店したいエリアの不動産屋に訪問し、相場を調べてみます。

内訳は次の通りとなります。

  •  保証金
  •  礼金
  •  敷金
  •  権利金
  •  不動産仲介手数料(家賃の1ヶ月分)
  •  前払い家賃
  •  火災保険

【参考記事】 ・ 店舗物件の探し方!物件を決めるときの21のチェックポイント

 

2 内外装費用

cost-of-carpentry-work

お店の内装や外装に関わる費用です。いくつかの業者の見積りを入手し比較します。次の項目について洗い出しをします。

  •  設計・デザイン費(設計士に依頼する場合、坪当たり数万円)
  •  空調工事費
  •  内装費(坪当たり20万円近くかかる)
  •  外装費
  •  電気工事費
  •  看板制作費
  •  照明関係

【参考記事】 ・ 起業の資金はいくら必要か?開業費用の相場と、費用を削減する7つの方法

 

3 仕入れ代金

cost-of-purchasing

最初はどの程度売れるかわからにため、最低限の在庫にします。海外などから仕入れる場合には、旅費交通費、滞在費などを見積もります。

  •  商品
  •  旅費交通費(商品の仕入れに必要な費用)

【参考記事】 ・ 仕入れサイトの比較! 国内を代表する10サイトをご紹介

 

4 什器、備品費用

cost-of-furniture

陳列用の什器や、パソコン、プリンターなどの備品を購入する費用となります。メーカーとのやり取りなどではFaxなどは必須となります。

  •  陳列用什器(1万円/坪)
  •  レジスター
  •  Fax付き電話
  •  パソコン
  •  事務用品費
  •  ラッピング用資材

【参考記事】 ・ 起業の資金はいくら必要か?開業費用の相場と、費用を削減する7つの方法

 

5 広告宣伝費

cost-of-advertisement

お店のことを知ってもらうために必要な販促費用となります。

  1.  ショップカード費
  2.  チラシ(作成費、印刷費、新聞折り込み費用)
  3.  ホームページ作成費用

【参考記事】 ・ ホームページの作成料金!相場と作成費用の内訳【2018年度】

 

まとめ

本記事は、雑貨屋の開業費用のリストをご紹介しました。なお、雑貨屋の開業の手順を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 雑貨屋の開業手順!オープンする前の12のステップ

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です