how-to-develop-homepage-to-attract-customers

集客できるホームページの作り方!デザインやレイアウト、構成やツールを紹介


集客できるホームページを作るには、どのようなデザインレイアウトにすればいいのでしょうか。また、どのようなホームページ作成ツールがおすすめでしょうか。

ホームページ作成ツールのなかには、集客できる機能を持ったテンプレートや、SEO対策がされているツール、SNSやブログと連携できるツールなど、集客に強みのあるツールがあります。

本記事では、集客できるホームページの作り方と、おすすめのツールを紹介します。

【参考文献】 大変です!! 社長! 御社のホームページが死にかけています! 
       望月 聡  (著) 2012年

 

1. 集客できるホームページのデザイン

advantage-of-crowdtech

集客できるホームページを作るには、お客様が知りたい情報にすぐにアクセスできるようにします。ポイントは3点あります。

  1.  お客様の視線の流れに沿ったレイアウトにする
  2.  知りたい情報をすぐに見つけられる構成にする
  3.  キャッチコピーを用意する

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 集客できるホームページのレイアウト

comparison-between-mobaoku-and-mercari

ホームページを読む人は、瞬時に情報を把握しようとするため、F字を描くように視線を動かす傾向にあります。

お客様はホームページにアクセス後、はじめは左上を見ます。その後、に視線を動かし、に目を通します。

そこで、キャッチコピーや写真を掲載するときは、お客様の視線の流れに逆らわないようにします。

 

2.2 売れるホームページの構成

iphone

売れるホームページを作るときには、お客様が知りたい情報をすぐに見つけられるような構成にします。

具体的には、ホームページの全体像がわかるようにメニューを用意します。自分の知りたい情報がどこにあるのか、迷わずにわかるようにするのです。

ただし、メニューはあまり細分化しないようにします。お客様の気持ちを先回りして考え、ホームページになにを求めているかを想像し、メニューを作ります。

 

2.3 キャッチコピー

advantage-of-crowd-accounting

ホームページに様々な情報をてんこ盛りすると、お客様は混乱してしまいます。そこで、訴求したい情報は絞りこみ、「一番伝えたいこと」を一番上に掲載するようにします。

お客様の心を掴むためのキャッチフレーズを用意して、文字通り、お客様の気持ちをキャッチすることを優先します。

キャッチコピーを作るときには、キャッチコピー集をさらっと目を通すだけでも、色々なアイデアがでてきます。別記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【参考記事】 ・ メルマガの件名を決める!キャッチコピー232選

 

2. 集客できるホームページの作り方

reputation-of-z-com-wp

集客できるホームページの作り方として、集客機能が豊富なホームページ作成ツールを利用する方法があります。特に、次の4つのツールがオススメです。

  1.  ペライチ
  2.  Jimdo
  3.  Wix
  4.  Strikingly

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 ペライチ

peraichi

ペライチは、スマホタブレットにも対応しているホームページ作成ツールです。63種類のテンプレートがあり、簡単にホームページを作れます。

さらに、集客サポートオプションがあり、SNSとの連携や、顧客情報の管理、顧客へのメルマガの送信など、豊富な集客ツールが用意されています。

ペライチ

◆ ペライチのテンプレート

すっきりしたデザインが多く、ユーザーが知りたい情報を見つけやすい工夫がされています。

peraichi-template

◆ ペライチの集客サポートオプション

SNSやメルマガ、顧客管理などの機能があります。

peraichi-function

◆ ペライチの料金

プラン スタート 通常 プレミアム
月額料金 0円 980円 1,980円

【参考記事】 ・ ペライチの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説【2018年】

 

2.2 Jimdo

jimdo

人気のホームページ作成ツールで、日本国内で120万近いWebサイトがJimdoで作られています。

プロが作ったテンプレートを選び、写真や文字を入れ替えることで、ホームページを作れます。レイアウトはドラッグ&ドロップ形式で変更でき、SEO対策も簡単です。

Jimdo

◆ Jimdoのテンプレート

16種類のテンプレートがあり、好みのデザインのホームページを作れます。

jimdo2

◆ JimdoのSEO設定画面

各ページに、タイトルやディスクリプション、キーワードを登録できます。

jimdo-seo2

◆ SNSと連携

FacebookやTwitter、Google+と連携するためのボタンも用意されています。

jimdo-add-on

◆ Jimdoの料金

プラン FREE PRO BUSINESS
月額料金 0円 945円 2,415円

Jimdoの特徴や使い方に関する詳細な情報は、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ Jimdoの6つのメリットと2つのデメリット!【2018年度】

 

2.3 Wix

wix1

Wixは、世界190か国で、9,000万人以上が利用するホームページ作成ツールです。テンプレートは518種類あり、日本語のテンプレートも豊富です。(2018年4月16日時点)

写真や画像をドラッグ&ドロップ形式で変更でき、SEO対策できる画面も用意されています。

Wix

◆ Wixのテンプレート

飲食店や美容、旅行、ビジネス向けなど、様々な業種別のテンプレートがあります。

wix-template-business

◆ WixのSEO設定画面

各ページに、タイトル、ディスクリプション、キーワードを設定できます。

wix-seo-setting

◆ Wixの料金

プラン 無料 ドメイン接続 コンボ 無制限 eコマース VIP
月額料金 0円 415円 841円 1,266円 1,641円 2,533円

Wixに関する特徴や使い方を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ Wixのメリットとデメリット!Wixを使う前に知りたい5つの知識

 

2.4 Strikingly

strickngly-top

Strikinglyは、1ページで製品紹介や問合せ先などを掲載するホームページ作成ツールです。他のページに遷移することなく、コンパクトに情報を伝えられます。

Strikingly

◆ Strikinglyのテンプレート

1ページに全ての情報を載せる構成になっており、わかりやすいデザインが多いです。

strickngly-template

◆ StrikinglyのSEO設定画面

SEOの設定ができるばかりか、チェックリストも用意されています。

strikingly-seo

◆ Strikinglyの料金

プラン 無料 Limited PRO VIP
月額料金 0円 8$ 16$ 49$

【参考記事】 ・ Strikinglyの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説

 

3. 問合せの多いホームページのコツ

comparison-between-rakuten-pay-and-airpay (1)

問合せの多いホームページを作るには、ホームページから商売につなげる導線を意識します。ポイントは3つあります。

  1.  買いやすさに気を配ります
  2.  お客様の不安を解消します
  3.  要らない情報は削ります

 

3.1 買いやすさ

how-to-sell-on-mercari

ホームページを見てもらったあと、「資料請求」や「お申込み」といった商売につなげるための
購入までの流れを整理します。具体的には、注文ボタン、資料請求ボタン、問合せボタンといったお客様に押してもらいたいことは、ページのわかりやすい場所に置くようにします。

 

3.2 お客様の不安

sedori

お客様が商品を買う前に、不安に感じること、疑問に思うことを予想して、疑問や不安を解消できるような情報を盛り込むようにします。

例えば、よくある問合せや、他のお客様の声、商品に関する詳細情報、個人情報の取り扱いなどを掲載するようにします。また、「問合せページ」も重要です。その際には、メールアドレスやFAX番号、営業時間、返答に要する日数などを明記してください。

お客様の立場に立った場合には、できれば、電話番号や受付担当者の顔写真などを掲載することでより、より問合せをしやすくできます。

 

3.3 要らない情報

how-to-find-the-best-location-for-a-restaurant

ホームページに会社が見せたい情報をいろいろと盛り込みがちになります。しかし、どのページを見たお客様が注文をするのかを分析をし、注文につながらないコンテンツを削ることも大切です。

お客様がホームページにどの順番でコンテンツを見て、申込みに至るのか分析をしてみましょう。

 

まとめ

本記事では、集客できるホームページの制作の秘訣をご紹介しました。なお、ホームページの集客方法などを別記事でまとめています。興味がございましたらご覧ください。

【参考記事】 ・ ホームページの作成料金!相場・流れ・費用の抑え方などの基礎知識
       ・ ホームページの依頼時の注意点。4つの勘所を押さえる!
       ・ 飲食店のホームページの作り方!初心者でも無料で作れる方法

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です