how-to-increase-regular-customers

固定客を増やす接客術 知らないと損をする5つのコツ

Pocket

固定客を増やすには、どのような方法があるのでしょうか。

手紙やメールを使って、お客様にアプローチをすることで、リピート率を高められます。
具体的にどのような手紙やメールを送ればいいのでしょうか。

本記事では、コストをかけずに固定客を増やす接客術をご紹介します。

【参考文献】 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
       ダン・ケネディ (著), 神田 昌典  (監修), 齋藤 慎子 (翻訳) 2007年

 

1. お客様が来なくなる理由

search

そもそもお客様がお店に来なくなる理由は、2つあります。

  •  お店に飽きてしまう
  •  お店のことを忘れてしまう

お店のサービスに飽きてしまう方がいることは仕方がないと思います。
問題は、お店のことを忘れてしまう場合です。

お店のサービスには満足しているのだけど、ちょっとしたきっかけでお店に来店しなくなり
そのうちお店のことを忘れてしまうのです。

そこで、お客様に忘れられないように工夫することが重要となります。

 

2. お店のことを思い出してもらう手紙・メール術

tool

お店のことを思い出してもらう方法として手紙、あるいはメールを送ります。ポイントは宣伝一辺倒の手紙メールではなく、お客様に喜んでもらえるような内容を送ります。

繁盛しているお店や長く続いているお店をよく観察してみてください。小さなお店でも、手紙やメールを定期的に送っていることが多いです。

ただし、押し売り型の手紙やメールでは上手くいきません。
そこで、効果的な手紙やメールを作るために、心に留めておきたいポイントを5つご紹介します。

  1.  基本「売り込まない」こと
  2.  続けること
  3.  商品を売る前に人を売ること
  4.  お客様の意識した話題
  5.  知識やノウハウを伝えること

 

2.1 基本「売り込まない」こと

8-rules-to-attract-customers-for-salons

いきなり宣伝一辺倒の手紙(ダイレクトメール)やメールが届くようになった経験はありませんか。お店から手紙やメールが届いても、お店の商品が羅列されたチラシのような手紙やメールであれば嫌われます。

お店から手紙やメールが送られたとしても、宣伝ばかりでは逆効果になります。そのため、手紙やメールは基本的には売り込まないことが重要です。

 

2.2 続けること

comparison-of-stepmail

手紙やメールを作って送るのはたいへんな手間がかかります。そのため、次第に億劫になり、面倒くさくなります。その原因の一つが、何を書いたらいいか思い当たらないことが挙げられます。

そこで、別記事でどんな内容を書けばいいのか、文例やコツなどをまとめました。
【参考記事】・ メルマガの書き方 ~かんたんに書ける!8つの例~
      ・ ダイレクトメールの効果をグッと高める!3つのタイミング

やはり手紙やメールは送り続けることで、徐々にお客様との関係が深まるものです。
そしてお店のことを忘れられずに済みます。ぜひ試してみてください。

 

2.3 商品を売る前に人を売ること

how-to-sell-on-mercari

メルマガでは、商品を売る前に「人」を売ります。店長やスタッフのことを知ってもらうことで、愛着をもってもらいます。

お客様はお店の料理のことは知っていても、店長やスタッフががどんな気持ちで料理を出しているか知りません。しかし、そのことをお客様に伝えることで、お客様がお店に親近感を持ってもらえます。

 

2.4 お客様のことを意識した話題にすること

affiliate-blog

ある美容室からメールが送られたときに、どちらのほうが信頼感があるでしょうか。

例1 商品のお得情報に関するメールが送られてくる
    ・ 無添加シャンプー 3000円
    ・ 20日以内の来店で20%引き

例2 あなたの髪の悩みに関するメールが送られてくる
    ・ 店で教えたスタイリングの方法は覚えていますか
    ・ ドライヤーは、後ろから流すようにかけてくださいね
    ・ パーマのかかりが悪くなっていませんか

お客様のことを意識した話題にすることで、信頼感が生まれやすくなります。

 

2.5 知識やノウハウを伝えること

data-input

お客様は、お店のサービスや商品だけでなく、プロの意見やノウハウにも興味を持ちます。そこで最新のトレンド情報や、ノウハウ、商品の使い方などを伝えることで、勉強できたと喜んでもらえます。

「私が行っているお店は最先端技術の習得を怠らない。日々努力し、進歩し続けている」とわかるからこそ、「だから通い続けたい」と思ってくれるお客様も多いはずです。

 まとめ

本記事では、固定客を増やす接客術として、お店のことを思い出してもらうために5つのポイントをご紹介しました。

なお、お店のことを思い出してもらためには、ダイレクトメールやメルマガを使うと便利です。
書き方や送るときのコツ、顧客管理のリスト(テンプレート)を別記事にまとめています。
ぜひご活用ください。

【参考記事】・ メルマガの始め方 スタートまでの全ステップを徹底解説!
      ・ 反響率を高める!ダイレクトメールの送り方 7つのコツ
      ・ 顧客リストの集め方と活用術! エクセルテンプレートを大公開

お店の固定客を増やす参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です