how-to-make-a-website-for-beginners

ホームページを自分で作成する方法!無料で自作できるサービスと使い方

Pocket

ホームページを自分で作成するには、どのような方法があるのでしょうか。

無料のホームページ作成ツールを活用することで、文言や写真を入れ替えたりすることで、HTMLやデザインに関する知識がなくても、初心者でもホームページを作れます。

さらに、無料で利用できるので、特にリスクなく、ホームページを作るときのポイントを理解することができます。では、具体的にどのようなツールがあるのでしょうか。

本記事では、ホームページを自分で作成する方法とツールをご紹介します。

       

1. ホームページを自分で作成する方法(Jimdo、Wix、グーペ)

web-content

ホームページを自分で作成できるツールが便利です。HTMLなどの知識がなくても、ブログの感覚で初心者でも簡単に作れます。おすすめのホームページ作成サービスは3つあります。

  1.  Jimdo
  2.  Wix
  3.  グーペ

それぞれの使い方をご紹介します。

 

2.1 Jimdo

jimdo

Jimdoは、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが運営するホームページ作成サービスです。
日本国内で120万ちかいWebサイトがJimdoで作られています。(2017年1月現在)

文言や写真を入れ替えたりすることで、特別な知識がなくてもホームページを自分で作成できます。無料で作れますので、早速作ってみましょう。

Jimdo

(手順1) Jimdo にアクセスします。
(手順2) 「無料ウェブサイトを作成」をクリックします。

jimdo

(手順3) 好きなレイアウトを選びます。

jimdo2

(手順4) メールアドレス、パスワードを入力します。

jimdo3

(手順5) ご希望のドメイン名を入力してください。仮で作成する場合は、無料で大丈夫です。

jimdo4

(手順6) 管理メニューが表示されます。

jimdo5

(手順7) 修正したい文言にカーソルを当てると、下記のように修正することができます。

jimdo6

(手順8) 画像をクリックすると下の画面が表示されるので、お好きな画像をドラッグ&ドロップします。

jimdo7

具体的なコンテンツの作り方は、次の2章(ホームページのコンテンツ作りのコツ)でご紹介します。次に、Wixというツールをご紹介します。

 

1.2 Wix

wix1

世界190か国で、9,000万人以上が利用するホームページ作成サービスです。無料版と有料版があり、有料版は独自ドメインの設定や広告を非表示にすることができ、サポートが受けられます。

まずは無料版で作れますので、早速、自分で作成してみましょう。

Wix

(手順1) Wix にアクセスします。
(手順2) 「ホームページを作成する」をクリックします。

wix1

(手順3) メールアドレス、パスワードを入力します。

wix2

(手順4) ホームページの種類・用途を選びます。(例 飲食店&グルメ⇒レストラン を選びます)

wix4

(手順5) レストラン向けのテンプレートが選べますので、お好きなテンプレートを選びます。
     (例 ピザレストランを選びます)

wix5

(手順6) 管理画面を見ることができます。

wix6

(手順7) 直したい文言にカーソルを当て、「テキストを編集」をクリックすることで、文言を修正できます。

wix8

(手順8) 直したい画像をクリックし、「画像を変更」をクリックします。

 

(手順9) お好きな画像をアップロードしてください。

wix10

最後に、グーペをご紹介します。

 

2.3 グーペ

goope1
グーペは、GMOペパボ株式会社が運営しているホームページ作成サービスであり、カフェ、サロン、レストラン、保育園、マッサージなど様々な業種で50,000人以上の方が使っています。

Jimdo、Wixと異なり、無料版はなく、通常プランとDXプランの2種類が用意されています。料金は、通常プランの場合、月額費用1,000円、DXプランの場合、月額費用1,500円から使えます。

15日間のお試し期間があるので、ぜひお試しください。

グーペ

(手順1) グーペのホームページにアクセスします。
(手順2) 無料お申込みをクリックします。
goope1

(手順3) ログインID、パスワードを入力し、「利用規約に同意して申し込む」をクリックします。

goope2

(手順4) 「グーペへようこそ!」という画面が表示されますので、「初期設定へ進む」をクリックします。

goope3

(手順5) お名前や郵便番号などを登録します。

goope4

(手順6) ご希望のホームページのURLなどを入力します。

goope5

(手順7) 「ホームページが完成しました」と表示されますので、「管理画面へ進む」をクリックします。

goope6

(手順8) 管理画面のトップページが表示されます。右上にある「サイトを確認」をクリックします。

goope7

(手順9) 現時点でのホームページが表示されます。
goope8

いかがでしたか。ここまでで、代表的なホームページ作成ツールをご紹介しました。次に、ホームページを自分で作成するコツをご紹介します。

 

2. ホームページのコンテンツ作りのコツ

concept

自分でホームページを作るときのコツをご紹介します。ホームページを自作するときのコツは、お客様目線で作ることです。

次のような手順でお客様の気持ちを分析します。

  •  ホームページを通じてお客様にしてもらいたいことを考えます(ゴールを決めます)
  •  お客様の状況を分析します(お客様はどんな人で、何を知りたがっているのか分析します)
  •  どんな順番に、何を伝えるかを考えます。そのときにお客様の想定される反応を考えます。

次のような体裁でメモ書きをして、ホームページのコンテンツを作ってみましょう

◆ シナリオ (ラフ案)

  • ホームページのゴール(例):お客様は、〇〇を理解し、〇〇を購入したいと思っている
  • 今の読者の状態(例): お客様は、〇〇に興味があるが、〇〇に関する知識がない
No テーマ 伝える情報 お客様の想定される反応
1 自己紹介 お店のコンセプト 面白そうなお店だ。どんなことをしてくれるのか。
2 問題提起 よくある悩み こういう悩みを持っている。どうしたらいいか。
3 解決案の提示 解決案・商品 いい解決策だ。ところで、料金はいくらか。
・・・ ・・・ ・・・ ・・・

上のような表を、メモ書きでいいので書いてみて、それからホームページのコンテンツを作ってみてください。お客様にわかりやすいホームページを作成できます。

 

 

3. 作ったホームページを改善する方法

search

ホームページは一回作って出来上がりということはありません。お客様の視点にたって、次のような視点でチェックして、改善していきます。

ポイントは3点あります。

  1.  (ホームページに)アクセスするパターンを洗いだします
  2.  (ホームページに)掲載すべきコンテンツを洗い出します
  3.  (参考) 写真をブラッシュアップします

 

3.1 (ホームページに)アクセスするパターン

tool

ホームページを作成しても、お客様がアクセスしてくれないと意味がありません。次の2つの視点でアクセスの仕方を分析してみます。

  1.  どのような方法でホームページにアクセスしてくるでしょうか。(例 検索エンジン、チラシ、口コミサイト、SNS)
  2.  どのようなタイミングにホームページにアクセスするでしょうか。(例 通勤中、休日、家事の合間、食後、仕事の合間) 

そのうえで、ホームページにアクセスする前に、どのような仕掛けが必要かを考えます。例えば、Googleなどの検索エンジンの上位に表示されることが重要なのか、あるいはチラシ見てもらうことが有効なのか、SNSを使って宣伝をするほうがインパクトがあるのかを考えてみます。

 

3.2 ホームページに掲載すべき情報

comparison-of-mysteryshopping-website

つぎに、ホームページにアクセスする前に、お客様の気持ちになって「どんな情報が掲載されていたらいいか」を想像してみます。

そして、トップページにその情報が掲載されているかをチェックします。

例えば、ホームページを作る場合、制作者の気持ちがそのまま反映されて、会社情報や代表のメッセージなどをTOPページに載せがちです。しかし、お客様にとって不要と判断できれば、そういった情報は別のページに移動させます。

さらに、お客様は直感的にホームページを判断しますので、視覚的な要素も重視します。写真や画像、色味、書体の大きさ、フォントは妥当かなどをチェックします。

 

3.3 (参考) 写真のブラッシュアップの仕方

tips-to-sell-your-photos-at-the-stock-photography-sites-for-beginners

最近は、デジタルカメラの品質も向上し、素人でもそれなりの写真を撮ることができるようになりました。 そのため、写真は自分で撮る方も増えています。

しかし、写真に関しては、自分で撮影した写真ではなく、プロのカメラマンにお願いすることをおすすめします。写真の構図や色味などは素人が扱える内容ではなく、また画像はお客様の第一印象に大きな影響を与えます。

なお、抽象的なイメージ画像やモデルの画像などはストックフォトサービスを利用し、具体的な商品やお店の写真はプロに撮影を依頼します。

◆ ストックフォトサイト PIXTA

pixta

pixtaはピクスタ株式会社が運営する写真・イラストなどを販売する国内最大級のサイトです。
写真やイラスト、動画の素材を2017年1月現在、1,400万点以上販売しています。期間限定の無料素材もあるので、ご活用ください。

pixta

 

4.集客がうまくいかないとき

how-to-collect-customers

ホームページを作成しても集客がうまくいかない場合もあります。そのときの対策は3つあります。

  1.  コンテンツを増やす
    お客さまの声やよくある問合せ、セールやキャンペーン情報、イベント情報などを追加して賑わい感を演出してみます。
  2.  商品・サービスの売り方を変える
    商品やサービスのキャッチコピーや訴求の仕方を変えます。
  3.  メルマガを活用する
    ホームページは受動的なツールで、アクセスしてもらう必要があります。そこで、来店してくれたお客様に会員登録してもらいメルマガを送り、能動的に情報発信します。

【参考記事】 上記以外にも、ホームページのデザインを見直すことで集客力が向上します。
       別記事にまとめておりますので、ご覧ください。
       ⇒ 集客できるホームページの制作の秘訣

 

まとめ

本記事では、ホームページを自分で作成する方法をご紹介しました。 当ブログでは、ホームページの作成・集客に関する情報を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ホームページの作成料金!相場・流れ・費用の抑え方などの基礎知識
       ・ 集客できるホームページの制作の秘訣!デザインとメニューの配置方法
       ・ ホームページの集客のコツ!知名度のない会社が他社に抜き出る方法
       ・ 飲食店のホームページの作り方!初心者でも無料で作れる方法

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です