how-to-start-business-of-import

個人で輸入ビジネスを始める手順!起業や輸入販売の仕方を解説!


個人が輸入ビジネスを始める場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。

商品の発掘や配送方法の選択、商品の輸入や税関・通関手続き、商品の受け取りから販売など、様々な作業が発生します。また、起業をする場合には、開業届を出したり、保険も必要です。

そこで、個人で輸入販売を始める前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、個人で輸入ビジネスを始める手順や、起業の手続きをご紹介します。

 

個人で輸入ビジネスを始める手順

steps-to-start-import-business

個人で輸入ビジネスを始めるには、10のステップを踏む必要があります。

  1.  取り扱う商品を発掘する
  2.  商品の仕入れ先を探す
  3.  輸入してはいけない商品でないかチェックをする
  4.  商品を発注する
  5.  配送手段を決める
  6.  税関と通関手続きを行う
  7.  販売をする
  8.  開業届を用意する
  9.  銀行口座、クレジットカードを用意する
  10.  保険に加入しておく

それぞれ詳細をご紹介します。

 

1. 商品の発掘

find-products-to-import

個人で輸入ビジネスを始めるにあたり、売れやすい商品を発掘する必要があります。輸入ビジネスで利益を出せる商品を見つけるには、2つのポイントを押さえます。

  •  日本ではあまり売られていない商品を見つける
  •  ニーズが高い商品を見つける

2つの条件を押さえた商品をリサーチするには、次の2つの方法が有効です。

  1.  インターネットでリサーチする
  2.  展示会や見本市で探す

それぞれを詳細に説明します。

 

1.1 インターネットでリサーチする方法

online-research

インターネットで売れやすい商品を探すときには、ヤフオクオークファンが便利です。

yahoo-auction

ヤフオク

たとえば、ヤフオクで日本ではあまり売れていない商品を見つけるときには、ヤフオクの検索画面で次のようなキーワードで商品を探すと、効率よく商品を見つけられます。

  •  日本未入荷
  •  日本未発売
  •  海外限定品
  •  US限定

そして、ヤフオクの落札数落札価格から、相場やニーズを調べます。ほかにも、オークファンというツールで、メルカリなどの他サイトの落札価格も調べます。

aucfan

オークファン

 

1.2 展示会や見本市

exhibition

実際に商品を手に取って探したい場合は、展示会見本市は便利です。興味のあるジャンルを決めて行きます。

展示会や見本市を探すときには、ジェトロの見本市・展示会データベースが便利です。

j-messe

世界で1,615の見本市や展示会の情報が掲載されており、アジア、アメリカ、ヨーロッパといった地域別のカテゴリや、生活、医療・サービス、サービスなどのジャンル別で紹介されています。

世界の見本市・展示会情報(JETRO)

 

2. 商品の仕入れ先

suppliers-to-import

展示会や見本市で売りたい商品を見つけた場合には、その取引先と商談を進めます。ただ、海外の展示会に行くには、費用と手間がかかります。

一方、インターネットで商品を仕入れるのは、自宅にいながら始められます。そして、商材を探すときには、海外のWebサイトが便利です。特に、人気の仕入れ先は3つあります。

  1.  eBay
  2.  Amazon.com
  3.  タオバオ

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 eBay

ebay

eBayは世界最大のネットオークションサイトです。世界中で1.8億人が商品を購入しており、出品数は12億点と膨大な商材を取り扱っています。

なお、商品の説明などは英語ですが、Google翻訳などを使うことで比較的簡単に買えます。

eBay

 

2.2 Amazon.com

amazon

Amazon.comは、世界最大級のECサイトです。日本のamazonと違い、世界中の商品を取り扱っています。なお、アメリカのAmazonで商品を買うときには、日本とは別にアカウントを発行するほうが便利です。

Amazon.com

 

2.3 タオバオ

taobao

タオバオは、アリババが設立したECサイトです。中国国内におけるEC市場の取引総額の80%
超えています。サイトは中国語で表記されているので、翻訳ツールなどを使う必要があります。

タオバオ

 

3 輸入してはいけない商品

unable-products-to-import

取り扱いたい商品や仕入れ先をリストアップできたら、輸入してはいけない商品ではないかをチェックします。

たとえば、薬事法に絡むものは輸入の免許を持っていない人は輸入できません。また、医療関連の商材は許認可が必要なので、避けた方が無難です。

◆ 主な輸入禁止品目

  1.  麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2.  指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3.  けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4.  爆発物
  5.  火薬類
  6.  化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7.  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
  8.  貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9.  公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10.  児童ポルノ

【出典】 税関ホームページ 輸入が禁止されているもの

医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器等は、医薬品医療機器等法の規定により、厚生労働大臣の輸入販売業の許可を受けた者でなければ、輸入してはならないことになっています。

【出典】 医薬品・化粧品等の個人輸入について

ほかにも、食品全般は食品衛生法、家電製品は家電用品安全法などの法令があるため、事前に確認が必要です。

【出典】 一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会 小口輸入ビジネス入門 P3

 

4. 発注

order

取り扱ってみたい商品を見つけたら、商談を進めます。商談を進めるにあたり、以下の3点を確認します。

  1.  日本へ輸出の可否
  2.  最低の注文数
  3.  見積り(価格、送料、保険料、梱包費用、送金手数料など)

そのうえで、問題がなければ発注します。発注をするときには、以下の6点を記載します。

  •  注文者の氏名、連絡先
  •  発注先
  •  発注年月日
  •  商品番号、数量、単価、金額など
  •  輸送方法、納期、送料
  •  保険料、手数料、 決済方法

商談をメールでやり取りをするときには、ミプロ(一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会)が公開している例文集が便利です。

問合せやサンプルの送付、取引条件のすり合わせや発注、商品の到着、クレームなどのシーン別に例文があります。

example-for-business-mail

英文ビジネスEメール 例文集2019 

また、ショッピングサイトで商品を買うときには、日本のインターネットショッピングと同様の手続きで商品を買います。例えば、eBayの場合では、次のような手順になります。

  1.  商品を探す
  2.  説明文をチェックする
  3.  日本までの送料を確認する
  4.  入札する
  5.  落札されたら、落札の通知がメールで届く
  6.  PayPalで支払いをする
  7.  商品が届く

◆ eBayの商品購入画面

ebay-buy

 

5. 商品の発送

delivery-way

商品を日本国内に輸入する方法としては、代表的なサービスは5つあります。

種類 配送サービス 日数 料金 補償
国際郵便 EMS(日本郵便) 短い 安い あり
  USPS(アメリカの郵便公社) 長い 高い なし
国際宅配便 DHL 短い 高い あり
  FedEx 短い 高い あり
  UPS 短い 高い あり

どのサービスを選ぶときには、送料や到着までの日数補償の有無などを確認します。

delivery-date

EMSのホームページ(お届け日数)

なお、日本に直送してくれない場合には、転送業者を利用すると便利です。ショッピングサイトで買った商品を、転送業者の倉庫に送ります。

転送業者に荷物が届いたら通知が来るので、配送を指示します。アメリかや中国、タイなどの転送業者をご紹介します。

◆ 代表的な転送業者

  •  MyUS(アメリカ): 英語のみの対応となります
  •  Shipito(アメリカ): 日本語のホームページがあります
  •  イーウーパスポート (中国): タオバオからの転送業者
  •  バンコクパスポート (タイ): 日本語でサポートしてくれます

なお、商品の配送方法について詳細を確認したい場合には、ミプロ(一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会)の資料が参考になります。

best-delivery-way

最適な輸送手段の選び方(ミプロ)

 

6. 税関と通関手続

zeikan

海外から日本に商品を持ち込む場合、輸入とみなされます。そのため、商品を国内で引き取るためには、輸入申告の処理を行う必要があります。

【出典】 税関ホームページ 輸入通関手続きの概要

なお、国際郵便に場合には、貨物の到着から貨物の引き取りまでの流れは次の通りとなります。

zeikan-procedure

【出典】 ミプロ(一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会)小口輸入の手続き P6

課税価格の総額が20万円以下の荷物であれば、自分で申告することなく、郵便局や運送会社が手続きを代行してくれます。

そして、関税や通関手数料などが発生した場合でも、荷物の配達をしてくれた配達員あるいは銀行郵便局で支払います。

詳細は税関のホームページにも記載してあるので、ぜひご覧ください。

tuukantetuduki

ミプロ(一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会)小口輸入の手続き

 

7. 販売

how-to-sell-products

輸入した商品を日本国内で販売するときには、3つの方法があります。

  •  実店舗で販売する
  •  ネットショップで販売する
  •  オークションサイトで販売する

実店舗で販売する場合には、店舗の賃貸料運営費など多額の費用が必要となります。そのため、個人で輸入販売を始めるときには、ネットショップやオークションサイトを利用するほうがリスクを抑えられます。

なお、ネットショップやオークションサイトで売る場合には、それぞれ客層が異なるので、どの売り方がいいか、サイトを見てチェックします。

◆おすすめのネットショップやオークションサイト

  •  楽天市場 : ページビュー数は約33億PVと圧倒的な集客力です
  •  Amazon : 月額4,900円で出店できます
  •  ヤフオク : 日本最大のオークションサイトです
  •  BASE : 無料でネットショップを作れます
  •  STORES.jp : 無料でネットショップを作れます
  •  カラーミーショップ : 月額900円で本格的なネットショップを作れます

それぞれの特徴は別記事でまとめています。

【参考記事】・ ネットショップの比較!比較表付き!集客力、機能、手数料で比べる【2019年】

 

8. 開業届

kojinnjigyounusitodoke

個人事業主として開業する場合には、開業届を税務署に提出する必要があります。

A4 1枚の書類で記載する項目もそれほど多くないので、お住まいの住所を管轄する税務署に行って、その場で提出できます。

なお、税務署で提出したときに、その場で提出日付の記載した受領印が押された控えをもらえます。この開業届の控えは、銀行で屋号入りの口座を作るときに使います。そのため、忘れずに保管しておきます。

なお、開業届は国税庁のホームページでダウンロードできるので、入手しておきます。

国税庁ホームページ(開業届の入手)

また、開業届の書き方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 個人事業主の開業届の入手方法、提出先、期限(いつまで)、費用

 

9. 支払い手段

payment-method

日本から海外への支払い方法としては、3つの方法があります。

  •  クレジットカード
  •  ゆうちょ銀行の国際送金
  •  銀行経由の電信送金

出典: 対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)決済支払手段

海外のWebサイトを利用した支払いのときには、クレジットカードが便利です。

なお、商品を仕入れるときには利用枠の上限を超えてしまう場合もあるため、複数のクレジットカードを用意しておきます。

クレジットカードのなかには、還元率の高いカードや、審査が比較的緩いカードなどがあります。そのため、いくつかのカード会社の情報を比較し、検討すると有効です。

◆ おすすめのクレジットカード

また、国際送金を行うために、銀行口座を準備しておきます。個人用ではなく、ビジネス用の口座を準備すると後々、確定申告をするときに困りません。

なお、ゆうちょ銀行の国際送金や銀行経由の電信送金の場合には、手数料が発生します。

 

10. 保険

insurance

商品を輸入するときには、PL保険(生産物賠償責任保険)に入っておくと安心できます。

PL保険は、製品に欠陥があれば製造業者等は賠償責任を問われるという内容ですが、輸入品の場合には輸入者が責任を問われます。

そのため、輸入した商品で何らかのトラブルが生じたばあいには、損害賠償をしなくてはなりません。そこで、万一に備えて、PL保険に加入しておいたほうが安心して事業を行えます。

日本国内では次のような会社で取り扱っています。

 

まとめ

本記事は、個人で輸入ビジネスを始める手順や、起業、輸入販売の仕方をご紹介しました。なお、起業に関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ 起業前のチェックリスト! 絶対に準備しておきたい14のこと
      ・ 自営業の経理!ゼロから始める確定申告までの10の作業と便利ソフト【2019年】

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です