how-to-write-cashbook2

現金出納帳の書き方と記入方法(見本・テンプレート付き)

Pocket

現金出納帳とは、お金、とりわけ現金の流れをまとめるものです。

「いつ」「誰から」「いくら」「何のために」支払ったか、あるいは入金されたか、 残高はいくらあるかを記入していきます。

本記事は、現金出納帳の書き方記入方法をテンプレートを交えながらご紹介します。

【参考文献】 個人事業の経理と節税〈’14年版〉―フリーランス・自営業者
       青木 茂人 (著) 2014年

 

1. 現金の取り扱い方

reputation-of-ecnavi

現金は盗難や紛失などのトラブルが起こりがちです。そのため、最近では銀行振込などを利用し、できるだけ現金の取り扱いを減らすようにします。

しかし、まったく現金の扱いをなくすことも難しいのが現状です。 そこで、事務用品や切手などの日常で購入する費用や交通費などの少額の精算を行うために、現金を用意します。

そして現金を引き出すときには「何に現金を使ったのか」忘れる前に現金出納帳に記録をします。

 

2. 現金出納帳の役割

letter-example-of-transfer

現金出納帳は、日々の入金、出金を記録し、チェックする役割があります。 「いつ」「誰から」「誰に」「何のために」「いくら」入金されたか、あるいは支払ったかを記入します。そして、実際の現金の残高と現金出納帳の残高は一致しているかチェックをします。

なお、税理士に記帳を依頼するときにも、現金出納帳だけは自社での記入を求められることがあります。記入の仕方はいたってシンプルなので、早速、始めてみましょう。

 

3. 最初に用意したいもの

steps-to-be-taken-before-starting-variety-goods-shop

それでは、現金出納帳の記入を始めてみましょう。 そのまえに、まず「金庫」と「現金出納帳」を用意する必要があります。

 

2.1 金庫

safe2

当たり前のことですが、まず現金をしっかり管理する必要があります。 そこで、簡易的なもので結構ですので「金庫」を用意します。

そして、交通費や切手代など日々の細かい支払いを金庫から引き出します。さらに支払いの際に受け取った領収書、レシートなどは、整理するまで金庫のなかで保管しておきます。

そして、金庫のお金が少なくなってきたところで、その都度、銀行預金から必要な分だけ引き出すようにします。 

 

2.2 現金出納帳のテンプレート

現金出納帳は文房具店やスーパーなどでも購入することができます。なお、インターネットからテンプレートを無料でダウンロードすることもできます。

当記事では、マイクロソフト社が提供している現金出納帳のテンプレートをご紹介します。記入をすると、自動的に計算、集計してくれるので便利です。

cashbook2

現金出納帳テンプレート(マイクロソフト社)をダウンロードする

なお、現金出納帳をAmazonなどでも購入できますので、ご覧ください。

⇒ アピカ 簡易帳簿 現金出納帳 B5横型 アオ1 (Amazon 定価 974円)

また、現金出納帳を会計ソフトで作ることもできます。たとえば、freeeという会計ソフトでも、自動で作れます。

freee-gennkin

現金出納帳のテンプレートを見る (無料で試せます)

 

3. 現金出納帳の書き方

では早速、現金出納帳を記入してみましょう。 ポイントは「現金が動いたら、かならず記録する」ことです。

 

3.1 書き方

「年月日」「摘要」「借方金額」「貸方金額」「差引残高」を書きます。

gennkinnsuitoucho3

◆ 年月日

領収書などの日付をもとに、取引日を記入します。(記入日ではありません)

◆ 摘要

入出金のあった相手先や取引内容などを記入します。相手先のみの記入では 取引内容がわからなくなる可能性もあるため、勘定科目なども書きます。

◆ 借方金額

金庫に入金があった時は左側(借方金額)に書きます。

◆ 貸方金額

金庫から支払ったら、現金出納帳の右側(貸方金額)に記入します。金庫から現金を300円引き出したら、300円と記入します。

◆ 差引残高

記帳した入金あるいは出金の結果、手元に現金残高がいくらあるのかを記録します。 テンプレートの場合には、自動的に差引残高が計算される仕組みになっています。 金庫のなかに9,000円残っていたら、現金出納帳の残高欄も9,000円となる必要があります。 一致していない場合には、計算ミスや記入漏れをチェックします。

 

3.2 書く手順・例

テンプレートに記入する場合の手順は次の通りとなります。

◆ 記入例

gennkinnsuitoucho2

  1.  前月の繰越残高を、一番上(I列7行目)に記入します。8行目以降は日付順に記入します。
  2.  銀行預金から現金を引き出し、金庫に入金した場合には、G列に記入します。
  3.  切手代を金庫から支出した場合には、H列に記入します。
  4.  交通費を金庫から支出した場合には、H列に記入します。

記入例を参考に、記入してみてください。

 

4. 入出金のチェックの仕方

金庫の中の現金の段高をチェックするときには、金種表を作って確認することで、計算ミスが減ります。 金種表のテンプレートをご紹介しますので、ぜひダウンロードしてご利用ください。

Denomination-table2

金種表をダウンロードする

 

まとめ

本記事は、現金出納帳の書き方と記入方法をテンプレートを交えながらご紹介しました。
なお、会計ソフトを使えば、現金出納帳に記入するだけで、仕訳帳や元帳などに自動的に転記してくれます。 会計ソフトも安く購入できるようになりましたので、検討する価値があります。

別記事で、会計ソフトの機能比較経理業務の効率化の仕方などをまとめています。

【参考記事】 ・ 白色申告のソフトを比較!おすすめなソフトはどれか【2018年】
       ・ 会計ソフトで個人事業主におすすめなソフト!【2018年度】
       ・ 個人事業主の経理処理と作業をラクにする4つの方法【2018年度】
       ・ 経理業務を効率化する!知らないと損をする9つの方法
       ・ 領収書の書き方と見本をご紹介!知らないと恥ずかしい7つの知識
       ・ 経理の仕事の流れ!ToDOリストとスケジュールの例
       ・ freeeと弥生会計オンラインを比較!選ぶ前に知りたい3つの違い
       ・ freee、MFクラウドを比較!選ぶ前に知りたい3つの違い

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です