steps-to-be-taken-before-starting-variety-goods-shop

雑貨屋の開業方法と手順!オープンする前の14のステップ


雑貨屋を開業するには、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。

お店の名前を決める。物件を探す。開業費用を見積もる。内外装の工事をする。什器や備品を用意する。ラッピング資材、値札シールを用意する。開業届けを出す。チラシやショップカードを作るなど、様々な作業があります。

そこで、雑貨屋を開業するために必要な作業ステップをまとめました。

本記事は、雑貨屋を開業する方法と14の手順をご紹介します。

【参考文献】 小さな雑貨屋、はじめました 竹村 真奈  (著) 2009年

 

雑貨屋の開業までの14の手順

12-steps-to-be-taken-before-starting-variety-goods-shop

雑貨屋を開業するには、14の作業ステップが発生します。

  1.  店舗名を決める
  2.  物件を探す
  3.  開業費を見積もる
  4.  内外装工事をする
  5.  開業届けを提出する
  6.  商品を仕入れる
  7.  什器を選ぶ
  8.  貼り紙やチラシで情報発信をする
  9.  ホームページ、ブログを作成する
  10.  SNSやDM、ショップカードを活用する
  11.  銀行口座を開設する
  12.  電話回線、パソコン、Fax、レジを購入する
  13.  ラッピング資材、値札シ-ルを用意する
  14.  商品を陳列する

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. 店舗の名前

flow-of-starting-a-new-restaurant

お店の名前を決めます。長すぎず、読みやすい名前のほうが覚えやすく、集客につながりやすくなります。そこで、次の3つのポイントを押さえます。

  •  長すぎず、覚えやすい名前にする
  •  読まれやすい名前にする
  •  同業で使っていない名前にする

なお、同業で使っている店名を利用すると、後のちトラブルの元となります。そこで、特許庁の商標チェックツールを利用し、店名として使えるかを確認します。

shouhyou-2

特許庁ホームページ 商標の簡易検索ツール

 

2. 物件

easy

雑貨屋として、物件を探すときには、2つのエリアがおすすめです。

  •  雑貨屋が多いエリア
  •  見込み客の通行量の多いエリア

たとえ、人通りが多くても、歓楽街でオープンしても集客は難しくです。やはり、雑貨店やカフェ、花屋などが多い地域のほうが、雑貨好きのお客様が来店しやすくなります。

そして、候補となる場所が見つかったら、平日土日晴れの日、の日の通行量や歩行者の雰囲気をチェックしてみます。

 

3. 開業費用

how-to-write-cashbook-details

雑貨屋を始めるにあたり、開業費用を見積る必要があります。具体的には次の費用を見積ります。

  •  物件
  •  内装費用
  •  外装費用
  •  仕入れ
  •  什器
  •  備品
  •  広告宣伝

概算ですが、10坪~12坪のお店の場合、100~400万前後は掛かります。内訳や詳細については、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・雑貨屋の開業費用と相場!開業までに必要な費用リスト【2019年】

 

4. 内外装の工事

Carpentry-work

開業までに、内外装の工事を行います。飲食店と異なり、そこまで内外装に費用をかける必要はありません。業者に工事を依頼する場合には相見積をとって、初期投資を抑えるようにします。

なお、施工業者は地元の施工業者を選ぶほうが色々と便利です。オープンした後で、ちょっとした不具合があった場合にもすぐに修理にきてもらえます。

 

5. 開業届け

reputation-of-skima

雑貨屋が開業をするときには、次のような届け出をします。

  •  開業届け
  •  古物商許可申請
  •  食品営業許可申請書

お店を開業すると、納税をする必要があります。そのため税務署に開業の届け出を提出する必要があります。なお、開業届けの出し方については、中小企業庁のホームページに掲載されています。

kaigyoutodoke-list

中小企業庁のホームページ 創業時に必要な届けで書類

なお、開業届けの入手方法や提出先、期限は、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 個人事業主の開業届の入手方法、提出先、期限

また、アンティーク品などの中古品を販売する場合には、古物商許可申請をする必要があります。
所定の警察署の防犯係が窓口になりますので、必要書類を提出し、手数料を支払いします。

また、カフェなどを併設する場合には、食品営業許可申請書の提出も必要となります。詳細は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ カフェを開業する流れ!開業に向けた12のステップと基礎知識

 

6. 商品の仕入れ

purchasing

立地や客層をもとに、取り扱う商品を決めます。そして、商品の仕入れを行います。商品の仕入れは、現金問屋やインターネット、展示会、作家さんから直接仕入れる方法があります。

◆ エトワール海渡

etoire

アパレル、服飾雑貨、インテリア、生活雑貨を取り扱う総合卸商社です。オンラインストア(ETONET)もあり、インターネットからも手軽に購入できます。

エトワール海渡

◆ ファンビ寺内

fanbi

大阪に4店舗と九州に1店舗の会員制の卸売会社です。fanbi寺内のネットストアもあり、卸価格で商品を仕入れることができます。

ファンビ寺内

◆ スーパーデリバリー

superdelivery

アパレル・雑貨の仕入れサイトです。什器や店舗資材なども豊富に取り揃えています。

スーパーデリバリー

◆ ザッカネット

zakkanet

2,515社の業者から雑貨を仕入れることができるサイトです。アクセサリー、文具、ラッピング、容器、食器、テーブル雑貨、インテリア、家具、寝具など様々な商材を仕入れられます。

ザッカネット

 

7. 什器

furniture

売り場で商品の陳列用に使用する棚やハンガーなどを用意します。什器を揃えるには、3つの方法があります。

  •  什器メーカーで買う
  •  施工会社に制作をお願いする
  •  自分で用意する

什器メーカーで買う場合には、「店研創意」 ( http://www.tenken.co.jp/ )などが便利です。

teiken

インターネットから買い足すことができるので、店舗のレイアウトを変えるために什器を追加で発注したいときに便利です。

 

8. チラシ

crowdsourcing-600px

オープンをする前から、告知をします。オープン前から情報を発信することで、開店直後の集客を促します。販促の方法としては、貼り紙やチラシなどで情報を発信します。

貼り紙を作るときには、どのようなお店で、いつオープンするのかを書き、イラストや写真などで目にとまる内容にします。そして、貼り紙の下にお店の詳しい情報を載せたチラシを用意します。

また、チラシを作るときには、タイトル商品の写真店舗の地図などを載せます。B5あるいはA4
サイズで作るのが一般的です。

チラシを作るときは、テンプレートサイトが便利です。テンプレートサイトのサンプルや使い方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 反響のでるチラシを作る!テンプレートを上手に使うコツ
       ・ チラシのタイトルの作り方!グッと心を掴むキーワードと配置方法

 

9. ホームページやブログ

homepages

雑貨店を宣伝するうえで、ブログやホームページも欠かせません。オープンの1か月前から作り、お店への想い、工事の様子や商品の仕入れ、売り場作りの様子などを情報発信します。

ホームページは作って終わりということはなく、月々の更新をするほうが、活気がでます。そのため、かんたんに自分で記事を更新できるツールのほうが便利です。

・ 代表的なホームページ作成ツール

◆ Jimdo( http://jp.jimdo.com/

jimdo-top

◆ Wix ( https://ja.wix.com/

wix1

ホームページを作るときは、自分の店が検索されやすいようにタイトルや本文に、雑貨雑貨屋商品名ブランド名地域などをキーワードに入れるようにします。

ホームページ作成料金の相場や、無料でホームページを作る方法を別の記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ホームページの作成料金!相場・流れ・費用の抑え方などの基礎知識
       ・ ホームページを自分で作成する方法!無料で自作できるサービスと使い方
       ・ 無料ブログと有料ブログの選び方!11社のブログサービスを比較

 

10. SNS、DM、ショップカード

comparison-between-paypay-and-linepay

お店の販促を行うには、SNSやDM、ショップカードが欠かせません。

InstagramやFacebookなどのSNSを使って、商品や店舗の販促を行うのが効果的です。インスタ映えが、2017年度の流行語大賞に選ばれたように、Instagramを使った販促が効果的です。

商品の魅力を写真で伝えるとともに、店舗に誘導する仕組みを用意します。

◆ Instagram

instagram

Instagram

また、ダイレクトメールやショップカードを使うことも有効です。ダイレクトメールやショップカードの作り方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ダイレクトメール(DM)の書き方!お客様の心をつかむ5つの方法
       ・ ダイレクトメール(DM)のデザインのコツ、料金、見本、テンプレートを紹介
       ・ ハンドメイド作家必見!ショップカード・名刺の作り方(見本付き)

 

11. 銀行口座

best-bank-account-for-sole-proprietor

店舗を作る前に、お店用の銀行口座を用意します。お店の近くにある銀行や、将来的に融資をお願いしたい銀行で、口座を開設したいところです。

銀行の口座を選ぶときには、アクセスのしやすさ、資金調達のしやすさなどを考慮にいれたいところです。詳細な選び方は、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 個人事業主におすすめの銀行口座!口座を選ぶ前に知りたい4つの基礎知識

 

12. 電話回線やFax、パソコン、レジ

fax

開業をするときには、電話回線Faxパソコンレジは必要です。

メーカーとのやり取りをするためにはFaxは欠かせませんし、ブログやホームページの更新などでパソコンを必須です。

さらに、レジも必要です。最近は、タブレットやスマホで利用できる無料のレジアプリが便利です。各レジアプリの詳細は別記事でまとめています。

◆ エアレジ

airregi

リクルートが提供している無料で使えるPOSレジアプリです。iPhoneあるいはiPadが必要となります。

エアレジ

【参考記事】・ エアレジの使い勝手と評判!使い方や手数料など、メリットとデメリットを紹介

 

13. ラッピング資材、値札シ-ル

price-tag

リボンや包装紙、ギフトボックスなどのラッピング資材を用意します。また、商品には付いていないので値札シールなども用意します。ラッピングは有料のパターンと無料のパターンを用意しておきます。そして、売り場でラッピングの例を見せることも大切です。

 

14. 商品の陳列

goods-display

什器に商品を陳列していきます。什器の高さが120cm~150cmの一番売れる場所に、自信のある売れ筋の商品を陳列していきます。

さらに、主力商品の隣に、関連する商品を置くことでセット買いして頂けるようにします。また、商品を置くときには、商品のフェイスを正面に向けるようにして、お客様に見やすいように陳列していきます。

 

まとめ

本記事は、雑貨店を開業する方法とその手順をご紹介しました。

店名を決めて、物件を探すところから始まり、什器や商品の仕入れ、チラシやホームページ、SNSの開設など様々な作業が発生します。

なお、雑貨店の開業資金については別記事でまとめています

【参考記事】 ・ 雑貨屋の開業費用と相場!開業までに必要な費用リスト【2019年】
       ・ 開業の挨拶状 ~書き方と7つの文例~

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です