websites-to-sell-live2d-models-min

Live2Dモデルを販売・購入できるサイト5選(モデル配布・無料)


Live2Dモデルを販売するには、どのような方法があるのでしょうか。

イラストLive2Dモデルの販売に特化したサイトもあれば、クラウドソーシングで販売する方法もあります。さらに、手数料を抑える方法として、自前のネットショップで売る方法もあります。

そこで、Live2Dモデルを販売する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、Live2Dモデルを売れる方法と、おすすめの販売サイト5選をご紹介します。

 

Live2Dモデルを販売できるサイト!おすすめ5選

websites-to-sell-live2d-models

Live2Dモデルの販売サイトを選ぶにあたって、次の5つのポイントを検討します。

  •  どのような方法で売るか。(イラスト特化サイトクラウドソーシング、ネットショップ)
  •  プレビュー表示させたいか。
  •  見積りをする機能はあるか。
  •  どのくらいの人が出品しているか。
  •  手数料はどれくらいかかるか。

そこで、Live2Dモデルを販売するのに、おすすめのサイトをリストアップしました。

  1.  niziwa
  2.  Skima
  3.  Booth
  4.  coconala
  5.  BASE

それぞれの特徴をご紹介します。

 

1 niziwa

nizima-min

イラストLive2Dデータを販売・購入したり、オーダーメイドの制作を依頼ができるサイトです。

1,502件の作品が掲載されており、オーダーメイドのモデルや、Facering対応のモデルなど、Vtuber活動に使えるLive2Dモデルが販売されています。

nizima-search-min

また、作品の紹介ページでは、プレビュー画面で、動作しぐさなどを確認できます。さらに、表情やモーションパーツの表示・非表示、背景の変更などができます。

nizima-preview-min

また、コンテストが2ヵ月ごとに年6回開催されているので、コンテストで入賞することで、SNSで情報発信されるので、たくさん人にアピールできます。

◆ 基本情報

niziwa

 

2. Skima

skima

個人のイラストレーターにイラストを依頼できるサイトです。Vtuber用のLive2Dモデルや、立ち絵の制作などを出品しており、821件の出品者がいます。

skima-search-live2d-min

気に入った出品者を選んだのちに、希望の条件予算などを伝えて、見積もりを依頼し、合意ができたのちに、制作を依頼します。そのため、「メッセージで相談」する機能を活用します。

skima-estimate-min

なお、お金のやり取りは、Skimaが仲介するので、お金のやり取りでのトラブルは回避できます。

◆ 基本情報

Skima

【参考記事】 ・ SKIMAの使い勝手と評判!使い方や手数料、支払い方法を紹介!

 

3. Booth

booth

ピクシブ株式会社が運営するサイトで、マンガイラスト、音声ファイルなどを販売できます。Live2Dモデルも販売でき、Facering対応したモデルや、パーツ分けしたテンプレートなど、650人の出品者が販売しています。

booth-search-live2d-min

0円で商品を販売することもでき、サンプル体験版を販売できます。

◆ 基本情報

Booth

【参考記事】 ・ Booth(ブース)の評判や口コミ!メリット・デメリット

 

4. coconala

coconala

みんなの得意やスキルを売り買いできるクラウドソーシングです。

2,093件の出品者がおり、Facering対応のVtuberモデルの作成や、animaze対応モデルの作成、パーツ分けイラストの制作などを出品しています。

coconala-live2d-min

プロフィール欄に、納品内容制作の流れを表記し、購入者はその内容を把握したうえで、見積もり依頼をすることができます。

◆ 基本情報

coconala

 

5. BASE

base-top-new-min

月額無料でネットショップを作れるツールです。ダウンロード販売する機能もあるため、Live2Dデータを販売できます。

◆ BASEデジタルコンテンツ登録画面

・ 商品登録ページ

base-degital-contents-start-min

・ デジタルコンテンツ登録画面

base-degital-contents-start4-min

なお、クーポンを発行したり、セールをしたり、メルマガを発行する機能もあり、顧客の囲い込みもできます。ただし、自分で集客をする必要があります。

◆ 基本情報

  •  月額利用料: 0円
  •  販売手数料: 6.6%+40円

BASE

【参考記事】 ・ BASEの使い方と評判!メリットとデメリット、手数料を解説!【2021年】

 

まとめ

本記事は、Live2Dモデルを売れる方法と、おすすめの販売サイト5選をご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめのサイトが変わります。

求める内容 おすすめのサイト
Live2Dモデルの販売に特化したサイトで売りたい niziwa
見積依頼を受けてから、Live2Dモデルを販売したい Skimacoconala
サンプルや体験版をダウンロードしてもらってから、販売したい Booth
自前のネットショップを持って、販売していきたい BASE

なお、データのダウンロード販売サイトや、匿名で個人間送金ができるツールについては、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ データ販売サイトおすすめ10選を比較!ダウンロード販売の方法を解説
       ・ 匿名で個人間送金ができるツール5選!SNS取引のお金のやりとりの手順
       ・ Vtuberアバターの作り方!おすすめのツール12選

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です