how-to-sell-graphic-design-min

グラフィックデザイナーの営業方法!仕事の取り方、売り込み、営業ツール


グラフィックデザイナーが営業するには、どのような方法があるのでしょうか。

会社に売り込みをしたり、マッチングサイトを利用したり、WebサイトやSNSで情報を発信する方法があります。さらに、ポートフォリオや名刺などの営業ツールも準備したいところです。

そこで、グラフィックデザイナーが営業をする前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、グラフィックデザイナーの仕事の取り方や、営業する方法をご紹介します。

 

グラフィックデザイナーの営業方法

how-to-sell-graphic-design

グラフィックデザイナーが営業をするには、4つの方法があります。

  1.  売り込みをする
  2.  クラウドソーシングを利用する
  3.  営業ツールを駆使する
  4.  エージェントを利用する

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. 売り込み

sales-meeting-as-graphic-designer

自分が仕事をしてみたい会社のホームページなどを見て、電話メールで売り込みをします。とくに、求人をしている会社は人手不足の可能性が高いので、積極的にアプローチしてみます。

メールをするときには、次のような内容でアプローチをしてみます。

株式会社〇〇 ご担当者様

突然のメールを失礼します。個人事業主として〇〇をしております〇〇と申します。
貴社のホームページを拝見し、ぜひお取引をさせて頂きたくご連絡しました。

私は主に〇〇や〇〇などの活動をしており、
(自己アピールを書きます。)

これまでの実績としては

実績 〇〇
    実績の詳細がわかるURL
実績 〇〇
    実績の詳細がわかるURL
実績 〇〇
    実績の詳細がわかるURL

ご興味がございましたら、当メールにご返信頂ければ幸いです。
何卒ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。

〇〇

なお、営業をした結果、仕事を依頼される場合には、次の3点は確認します。

  •  納期
  •  料金
  •  知的財産権

なお、デザインの料金を決めるのは難しいですが、日本グラフィックデザイナー協会の相場などを参考に決めていきます。

fee-for-graphic-designer-min

【出典】 JAGDA

 

2. クラウドソーシング

crowd-sourcing

いきなり大きな仕事を取りに行くのではなく、単価は安くても、自由度が高く、アピールしやすい
仕事を取りに行くのも一つです。

クラウドソーシングは、インターネット上でやり取りができるため、手軽に始められます。パンフレットチラシDMポスターや看板、POPなど様々な仕事が掲載されています。

さらに、紙媒体の仕事だけでなく、Illustratorによるデザイン制作などの仕事もあります。

グラフィックデザイナー向けの案件が多いクラウドソーシングは2つあります。

それぞれの相場としては、次のような価格となっています。

◆ ランサーズの場合(例 チラシ作成 62,500円~106,500円)

lancers-design-fee-min

ランサーズの相場を見る

◆ ココナラの場合 (例 チラシ作成 8,000円~30,000円)

coconala-design-fee-min

ココナラの相場を見る

【参考記事】 ・ クラウドワークスとランサーズを比較!どっちがおすすめか【2020年】
       ・ ココナラの使い勝手を評価!手数料や使い方、評判【2020年】

 

3. 営業ツール

sales-tool-for-graphic-design

グラフィックデザイナーとして活動をするにあたって、色々な方法で、営業をしてお客様に覚えてもらいたいところです。そこで、様々な営業ツールを準備します。

  1.  ポートフォリオ
  2.  名刺
  3.  ウェブサイト
  4.  ポストカード

それぞれを詳細にご紹介します。

 

3.1 ポートフォリオ

ポートフォリオは、自分の作品をまとめたファイルです。色々なジャンルの作品を用意しておき、相手の興味にあわせて入れ替えます。

ポイントは3点あります。

  •  名前や生年月日、学歴、職歴などのプロフィールを明記します。
  •  クライアントに渡せるように、紙の資料や作品ファイルを用意します。
  •  自分の得意分野が分かるようにします。

 

3.2 名刺

名前住所、メールアドレス、電話番号、簡単なプロフィールや業務内容などを記載しておきます。

ネット上でも様々な名刺があるので、参考にしてみます。

zazzle-namecard-min

【出典】 Zazzle (グラフィック デザイナー名刺で検索をします)

 

3.3 ウェブサイト

自分の作品や実績、どういう仕事をしているのかを伝えます。SNSで情報を発信すると効果的です。なお、ポートフォリオサイトを作るときには、次のようなツールが便利です。

◆ portfoliobox

portofoliobox-min

100万人以上の方が利用しているポートフォリオ作成ツールです。ギャラリーに自分の作品を掲載したり、履歴書に自分の実績を掲載できます。

portfoliobox

◆ Strikingly

strikingly-min

簡単にポートフォリオを作れるツールです。無料でも無制限にページを作れます。

Strikingly

【参考記事】 ・ Strikinglyの使い勝手と評判!使い方やテンプレート、料金を徹底解説

◆ Jimdo(ジンドゥー)

jimdo-portofolio-min

簡単にポートフォリオサイトを作れます。自動SEOツールを使うことで、初心者でも上位表示しやすくなります。

Jimdo

【参考記事】 ・ Jimdoの11のメリットと4つのデメリット!使い方やホームページの作り方

◆ Wix

wix-min

世界中で1億人の利用者がいる人気のツールです。デザインの編集が柔軟にでき、個性のあるページを作れます。

Wix

【参考記事】・ Wixのメリットとデメリット!使い方、デザイン、料金、セキュリティの注意点

 

3.4 ポストカード

これまでに会ってきた方に、自作のイラストや写真などを使ったポストカードを送ります。ほかにも、年賀状や暑中見舞いを送る案もあります。

忘れらないようにコンタクトすることで、きっかけづくりとなり、仕事を発注してもらえる可能性がでてきます。なお、年賀状や暑中見舞いを作るときの文例は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 年賀状の文例 ~ビジネスで使える5つの文例~【2020年度版】

 

4. エージェント

freelance-agents-for-graphic-designer

グラフィックデザイナー向けのマッチングサイトエージェントを利用することで、新しいクライアントを開拓します。

正社員並みの福利厚生が得られるエージェントや、高収入を得やすいエージェント、週2日から始められる案件が多いエージェントや、リモートワークの案件が多いエージェントなどがあります。

エージェント 案件数 特徴
クラウドテック 105件 福利厚生が充実している。リモートワークが多い。
ITプロパートナーズ 371件 週2日から働ける案件が多い。
テックキャリアフリーランス 30件 手数料が10%と安く、案件の報酬が高い。
Midworks 47件 給与保障制度がある。

【参考記事】 ・ クラウドテックの使い勝手と評判!マージン、手数料、福利厚生【2020年】
       ・ ITプロパートナーズの評判や口コミ!メリット・デメリット・特徴
       ・ Midworksの使い勝手と評判!副業、未経験、リモート案件や支払サイトを紹介

 

まとめ

本記事は、グラフィックデザイナーの仕事の取り方や、営業する方法をご紹介しました。

なお、グラフィックデザイナーとして独立する方法や、起業前にチェックしたいポイントなどは別記事でまとめています。

【参考記事】・ グラフィックデザイナーで独立!フリーランスになる前に準備する12のポイント
      ・ 起業前のチェックリスト! 絶対に準備しておきたい15のこと

500mailsのFacebookやTwitterでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です